いま、ツイッターで連日炎上している国会議員がいる。
民主党参議院議員・小西洋之。

おれはコイツのことをほとんど知らなかったんだけど、いろいろなツイを
見ると、典型的な「ガキ」。

国会で安倍首相に憲法に関してクイズのような質問を連発して、
「こどもクイズ王」と揶揄されていた議員がいたことは知っていたが、それが
コイツだと分かって、なぁ~るほどって感じ。

なんで連日ツイッターが炎上しているかというと・・・。

ツイッター上で、胆管癌を患っている小松内閣法制局長官に「そのまま
死んでしまえ」と発言したものがいる、という別人のツイを受け、
「これは小西議員の発言ですか?」的な「質問」をしただけで、
「名誉棄損だ!削除しろ!削除しない場合は法的措置をとる!」
って、いきなりの恫喝。しかも
「ネット上での名誉棄損はだいたい裁判で認められる」
と恫喝の追加。

質問者がツイを削除したにも関わらず、
「削除しても既に拡散されてるから、法的責任は免れないぞ!」
って、さらなる追い討ち恫喝。

質問者は、国会議員から「訴えるからな!」と恫喝された恐怖により
ツイッターのアカウントまで削除してしまった。

この事態に、小西への非難が殺到。
国会議員による国民への言論侵害・弾圧、恫喝だと炎上中。

発言内容は一言一句正確には書いてないが、主旨は曲げていない。
これを見た大多数の人は、小西が突然「訴えるからな」に違和感を覚えると
思う。

誹謗中傷を浴びせられたのならまだ分かるが、ただの質問を受けただけ。
なにをとち狂ってるのか? コイツは・・・。

小西の国会でのくだらない質問パフォーマンス、酷い野次はそれなりに
有名みたいで、安倍首相からも何度もたしなめられている。
(動画を観たら、確かに酷い)

質問者も小西ならこういう発言をしかねないヤツ、という認識があったから
質問したんだと思うが、「私ではありません。」の一言で終了だけどね、
普通は。

それを「訴えるぞ!」だもんね。ちょっと呆れるわ。

小西のツイッターは批判により炎上中だが、コイツはその元が自分の
対応だという認識がないようで、
「民主党の顧問弁護士と相談し、すぐに対処できる法的措置の実行の他、
名誉毀損事案専門の弁護士等からなる対処チームで対応することになった」
なんて言い出す始末。

ところが、民主党・海江田代表が定例会見で記者からこのことを質問されると
「小西さんから相談されたことはない。民主党として対応することはない」
と全否定。

おやおや、親分からも見放されちまってる。
というか、コイツは国民を脅かすために「ウソ」を言ったことになる。

海江田代表の発言を受け、小西のツイッターには「どういうことだ?」という
質問(?)が殺到してるが、小西は完黙状態。
これでまた、「嘘までついて国民を恫喝するのか!!!」
ってなってる。

まあ、民主党議員にありがちな、「優等生だけど世間知らずのガキ」って
ところかな(笑)。