朝日新聞がクズ新聞だということは、論を待たない。

特定秘密保護法制定時に、
 「国民の知る権利が侵害される!」
 「民主主義の危機だ!」
とか、言いたい放題。

あげくには、
 「国民の『知る権利』の代理人として、私たち朝日新聞の監視の責務は
 さらに重い」
とか、質の悪いジョークとしか思えない発言も。

尖閣諸島で中国漁船が海保巡視船に体当たりしたビデオが流失した際、
 「仮に非公開の方針に批判的な捜査機関の何者かが流出させたのだと
 したら、政府や国会の意思に反することであり、許されない」
と言っていたことは、もうすっかりお忘れのようだ(笑)。

日頃から「報道しない権利」を露骨に出して、「国民の知る権利」を侵害
しまくっているくせに。

こんなクズ新聞が何を書いたどうだなんて、いちいち言っていたらきりが
ない。

だが、どうしても見過ごせない一言を4月4日の社説に書いていた。
「NHK経営委 監督責任を果たせ」と題する、籾井会長を批判するもの。
その中で、籾井会長の言動や行動が
「(NHKの)健全なジャーナリズム精神は守られるのか」
と書いている。

健全なジャーナリズム精神? お前が言うなよ、朝日新聞。
自分に健全なジャーナリズム精神があるのか?

捏造、誤報、恣意的な報道のオンパレード。その上、重要なことは自社の
都合で報道しない。

こんな朝日新聞が、他社(NHK)に向かって「健全なジャーナリズム精神」
とは、笑う以外にはない!