朝日新聞4月12日社会面、少年法の改正についての記事が典型的な
朝日構成だったので、思わず吹き出してしまった。

記事の内容は、少年に科す不定期刑の上限を10年から15年に引き上げる
改正少年法が成立したのを受け、被害者家族らの喜びの声を一応伝える
一方で、「厳罰化 懸念の声も」というもの。

まあ朝日新聞は被害者より加害者の「人権」を優先するような売国左翼
新聞なので、特に「厳罰化 懸念の声も」と言う見出し後の内容に、みる
べきものは全くない。

ただ、この記事の構成が朝日新聞の典型だったので、ちょっと紹介。

まずは、少年の刑法犯は減り続けていることを示すデータに関して。
人口10万人当りの人数をもってきて、1981年が1921人、2012年は
848人。ねっ、減ってるうえに、すっごく少ないでしょ、って言いたいらしい。

でも、なぜ実数を持ってこない?
オレが調べた限りでは2012年に刑法犯で検挙された少年は約7万7000人。
848人と7万7000人って、相当イメージが違って見えない?
これは完全な印象操作!
少年犯罪が減っている事実は否定しないが、数字の出し方を作為的にする
ことで、少年犯罪はこんなに少ないのに厳罰化するなんて、っていう手法。

次に、法改正に反対する弁護士にコメントさせる手法。
自分で「反対っ!」て直接言わないで、必ず「識者」と称する大学教授や
弁護士などにコメントさせ、一般読者が「こういうお偉いさんが言ってるなら」
と思い込ませる手法。

最後に、関係先への「ご注進」である「可能性がある」。
大学教授のコメントを使って「国際的に厳しく受け止められる可能性がある」
って言っている。記事の文脈から、この「国際的に」は国連のこと。
朝日新聞の「可能性がある」というのは、名指しした国や機関は非難してくれ
という朝日新聞のお願い。

よく使われる例として
「靖国神社参拝は近隣諸国の懸念を呼ぶ可能性がある」
というのがある。これは
「さあ、中国さん、韓国さん、思いっきり批判してね」
というメッセージ。

今回の少年法の改正記事には
 データの出し方を操作し、自分に都合よく印象操作をする
 自分で直接言わないで、「識者」を使い権威を持たせる
 関係先へ「ご注進」を行い、あとあと問題にしてくれとメッセージを送る
という朝日新聞の典型的な記事構成だ。

冒頭に書いた通り思いっきり吹き出してしまったんだけど、記事に署名して
いる「北沢拓也」という記者は、朝日新聞の王道を歩いている記者なんだ
ろうな(爆笑)。