6月17日の朝日新聞第2社会面に、また「嫌中憎韓」本批判が載った。
署名はまた守真弓。

内容は、出版界で「嫌中憎韓」本ブームに対して疑問視、対抗しようという
動きが出てきた、ということを喜々として書いている。
とある出版社が「反ヘイト本フェア」を全国で行ったとか、関東大震災時の
「朝鮮人虐殺」本が売れてるとか・・・。

まっ、朝日新聞の反日ぶりをさらけ出しているだけなんだけど、どうも朝日
新聞は「嫌中憎韓」本の本質が分かってないようだ。

朝日新聞はこの手の本が「嫌中憎韓」を煽っていると考えているようだが、
それは全く違う。記事を書いた守真弓を始めとし、朝日新聞の連中は「嫌中
憎韓」と言われる書籍を読んでないと思われる。

なぜなら「嫌中憎韓」本と言われる書籍のほとんどが、本当のことを普通に
書いているだけだからだ。
煽ろうと誇張したりしていることなど、一切ないのだ。

では、なぜこういう書籍が売れているのか?
理由は簡単。朝日新聞を始めとした一部マスコミが、中韓の都合の悪い
ことを、意図的に報道しないからだ。
マスコミが隠している情報を、読者は知りたがっているだけのこと。

ある自称・評論家が言っていたように、見出しに「韓国籍」と書いて煽るな、
というマスコミ界の隠ぺい体質が、「嫌中憎韓」本が売れる理由なのだ。

韓国・朝鮮人の国籍を隠し、通名で報道することがマスコミにとって自ら
首を絞めていることを自覚すべきだ。

朝日新聞は「嫌中憎韓」本ブームを嘆くよりも、自分たちの報道姿勢をよく
見直すべきである。
読者に意図的に隠す、つまり意図的に報道しない姿勢を改めることだ。

朝日新聞などの反日マスコミが事実を事実として報道しない限り、「嫌中
憎韓」本ブームが下火になることはない。