東京都議会で塩村文夏都議への性差別とも取れるヤジがとび、世間を
賑わせている。自民党・鈴木章浩都議が女性都議とTVカメラの前で
謝罪を行った映像が流れていた。

更には、別の自民党都議もヤジを飛ばしていたのに、これで幕引きは
許されないと、犯人捜しを続けよとの報道も多い。

まあ、今回の一連のヤジは品のないもので、肯定するつもりはもちろん
ない。でも、ちょっと待てよ、という感じがする。つまり「違和感」がある。

この「違和感」の大元はマスコミ報道だ。
ほぼすべてのメディアが大きく取り上げている。
まあ、当の塩村都議や所属のみんなの党の思惑も絡んでいるんだろう
けど、それにマスコミが乗っかっているという感が拭えない。

特に朝日新聞はこの件を連日大きく報道し、6月26日にはついに社説で
まで取り上げている。曰く「反省なき議会 人権と少子化を学べ」。

オレの「違和感」は、今回のヤジと同様に品がなくゲスなヤジが過去にも
あったということ。ではその時、朝日新聞はどんな報道したのか?
それと、今回のヤジ主が自民党でなかったら、どう報道したんだろうと
いう疑問。

次回はこの疑問について考えてみる。

おまけだが、今回話題の中心になった塩村文夏都議について、過去から
現在進行形の話まで、出るわ出るわの大賑わい。

ヤジの件では被害者かもしれないけど、都議という政治家である以上は
出てきた話について、きちんと説明責任を果たさなければならないのは
当然のこと。塩村都議がもらっている政務調査費などは、れっきとした
税金なんだからな。