朝日新聞が週刊現代について、「嫌中憎韓」記事を載せない方針に
転じたことを、おもいっきり喜んで記事にしたのは2月のこと。

その週刊現代が6月30日発売の7月12日号では
 ああ、かわいそうな中国
 世界中からこんなに嫌われて
 成り上がり者の無礼な振る舞いに、エリザベス女王も呆れ果てた
という見出しをつけた。

おやっ、朝日新聞が絶賛した方針を、週刊現代はもう再転換した
みたいだ。朝日新聞は、是非このことに触れた記事を書いて欲しい。
まあ、お得意の都合の悪いことにはダンマリだろうが(笑)。

朝日新聞は先日も、「嫌中憎韓」を疑問視する動きが出版業界で
出てきたと、喜々として記事を書いている。

前にも書いたけど、「嫌中憎韓」本というのは、決して「嫌中憎韓」を
煽っているものではなく、朝日新聞など一部マスコミが意図的に
報道しない内容を書いているだけなのである。

朝日新聞が「報道しない権利」「事実を事実として報道しない」という
ことをやっていいる限り、朝日新聞が言う「嫌中憎韓」本は売れ続ける。

関連
(「朝日新聞は「嫌中憎韓」本が売れるのがご不満らしい(笑)」)
(「朝日新聞の「嫌中憎韓」本批判 その2」)