6月30日の朝日新聞社会面「白紙委任はしていない」という集団的
自衛権の行使容認反対の記事の中で、佐賀大学の畑山敏夫という
政治学の教授が信じられないことを言っていた。

「若い人にとって、安全保障は直接生活に関わることではないが、
それは憲法9条の恩恵を受けてきたからこそだ」

唖然、驚愕のコメント。

憲法9条があるからこそ、日本は平和で経済発展してこれた、なんて
考えている人間が少なからずいることは承知しているが、政治学が
専門の国立大学の教授がねぇ・・・。

日本が経済優先の政策を行い経済的に発展してこれたのは、日米
安保により安全保障を米国にゆだねてきたからではないか。
日本が変な意味で他国からちょっかいを出されなかったのは、米国と
いう後ろ盾があったからに他ならない。

憲法9条なんて、なんの役にもたっていない。
本当に日本が憲法9条のおかげで戦後の発展を果たしたのならば、
なぜ他国がその趣旨を導入しようとしない?

本当に憲法9条のおかけで今の日本があると言うなら、中国に行って
天安門広場で「憲法9条を導入せよ!」と連呼してきたらいかが?

佐賀大学の学生さん、大変だね。こんなのが「教授」という肩書で学内を
闊歩してんだから。