沖縄返還時に日米の密約があったとして、その文書を公開するよう
求めていた裁判で、最高裁は国に開示を命じなかった二審判決を
維持した。

まあ妥当な判決であり、論調にも値しない。
それよりも、この裁判で開示を求めていた原告のひとりが、あの西山
太吉だということ。

判決後に記者会見し、「民主主義は崩壊する」だってさ。
こういう連中は自分の主張が認められないと、すぐに「民主主義が崩壊
する」とか言う。
(この「民主主義が崩壊する」は、最近は朝日新聞の枕詞でもある)

お前が言うな!!
こいつは毎日新聞記者時代に、この日米密約を「スクープ」したという
ことになってるが、御存知の通り女性の人権を踏みにじった取材の
結果である。

当然、法的にも道義的にも許されることではない。
しかも逮捕後に、情報の入手先(外務省の女性職員)をペラペラ
しゃべり、新聞記者としての資質もないことを晒している。

こんなヤツが、まだジャーナリストぶって「民主主義が崩壊する」だとさ。
あまりにもバカらしくて、笑わずにはいられない。それも軽蔑をこめた
嘲笑ってとこ。

特定秘密保護法のときもしゃしゃり出てきて、同じように「民主主義の
崩壊だ」って騒いでいたことを思い出した。
「民主主義、民主主義」って都合のいい時だけ使うな!

そう言えば、こういう女性の人権を踏みにじったようなヤツを、福島瑞穂が
支援していることが、まったく理解できない。
何かと言うと「女性がぁ~っ!!」「人権を護るぅ~っ!!」って言ってる
くせに。

まあ、反政府・自民的な輩ならだれでもいんだよね。こういうヤツらは。