朝日新聞が慰安婦に関する報道の検証を行ってから、1週間が経った。
まあ、検証じたいは開き直り、論点のすり替え、強弁・詭弁ばかりで、
朝日新聞が何の反省もしていないことが明らかになっただけ。
朝日新聞の慰安婦報道検証記事は茶番だ!
朝日新聞の慰安婦報道検証記事は茶番だ! その2

この1週間で、朝日新聞の検証に対して、意見が出そろったようなので
まとめてみたい。
だいたい次の3つに分けられる。
①朝日新聞糾弾派
②朝日新聞擁護派
③ダンマリ派

オレが思うに①が圧倒的に多い。オレもだけど。
強制性の問題が女性の人権問題にすり替えられている
植村隆の記事に捏造がないと開き直っている
反省や謝罪の言葉がまったくない。
なぜ32年間も放っておいたのか言及がない
など、朝日新聞が反省も謝罪もする気がないと論破している。

②の代表格は共産党・小池、社民党・吉田などの反日売国政党の
幹部と一部地方紙。確認できたのは神奈川新聞。
こいつらに共通しているのは、
「女性としての尊厳を踏みにじられたことが問題の本質なのです」
という論点のすり替え。

これが本質なら、日本だけが貶められることはまったくない。
戦時中の問題として各国にあった。もちろん韓国にもあった。
(最近、米軍向け慰安婦が韓国で補償を求め裁判を起こしている)

朝日新聞やその擁護派は、なぜこのことに触れない。
相変わらずのご都合主義だ。

③はもうひとりの捏造主犯格である福島瑞穂。
その他、辻元清美、糸数慶子、蓮舫などの女性議員。
(日頃の言動・行動などから考えるともっといっぱいいる)

それと反日マスコミのTBSとテレ朝。
毎週毎週反日報道を繰り返しているTBSのサンデーモーニング、
報道特集もダンマリ。
テレ朝の報ステ、報ステサンデーも、またダンマリ。
報ステサンデーなんか、注目ニュースで4位に挙げながら一切
言及なし。しかも朝日の星が出ていたにも関わらず。

②はバカバカしい言い分だが、まだ自分の意見を言ってるだけいい
のかもしれない。変なヤツらだけど。
しかし、③についてはいい加減にしろ!と言いたい。
盛んに日本を卑下しておいて、都合が悪くなるとダンマリを決め込む
という最低の態度。

特に、国会議員やマスコミ関係のように、その発言や報道がそれ
なりに影響力があるのだから、逃亡と言われてもしょうがない。
自分たちの過去の発言・報道に対して、一言あってしかるべき。

朝日新聞は②のように開き直って、その後の批判には③。
これはこれで、相変わらずのクズっぷり。

ついでに書いておくと、この件で自民・石破幹事長が国会の場でも
検証する必要があるとの発言。
当然、朝日新聞の社長や植村隆を念頭に、国会招致をするべきと
言っている。至極もっとも。

これに即座に反応したのが、落ちぶれ政党・民主党の海江田と大畠。
「報道の自由に関する観点から、慎重に対応すべきだ」的なことを
言っていた。

バカを言ってるんじゃない!
ウソ、捏造報道に「報道の自由」なんかない!