朝日新聞が8月28日の朝刊に「慰安婦問題 核心は変わらず」という
意味不明の記事を載せた。

何が言いたいのかよく分からないのだが、勝手に推定するに(笑)
朝日新聞が取り消した吉田清治証言は、あまりたいした内容では
ないということらしい。
吉田証言は河野談話には反映されてないし、韓国でもたいした話題に
なってない、と言っている。

つまり朝日新聞は、慰安婦問題を世に広めたのは朝日新聞ではなく、
歴史的な事実だから広まった、と言いたいようだ。
はははっ、ここまで来るともうすり替えを通り越してこじつけだな(苦笑)。

8月5日、6日に朝日新聞載せた検証記事の内容が、いかにすり替え
言い訳、詭弁であったかは、様々なメディアが報じているので、再度
書かないけどね。

朝日新聞が自説を展開するときに必ず読者投書欄を使う。
特定秘密保護法時も集団的自衛権行使容認の時もそうだった。
朝日新聞の読者投稿欄(声)は社説の隣に陣取っていて、社説を補完
する役目を担っている。

朝日新聞の主張に沿った投稿のオンパレードだ。
朝日新聞と違う意見は絶対に載らない(笑)。

そんな声欄に、今回の検証記事に関する意見が8月5日以降まったく
載らない。賛否を別にして、相当の意見が届いているはずだ。
でも載らない。
どっかの芸人ではないけど「そんな訳ないやろ~」

これはお仲間からも相当な批判が寄せられているんだろうな、と勝手に
想像してしまう。
こういう声を掲載しないところが、朝日新聞の朝日新聞たる所以だ。

結局8月28日の記事は、取り消した吉田証言なんぞはたいした内容
はなく、「何の影響もないぞ!」という朝日新聞の「強がり」でしかない。
でも、こういうのを世間では「恥の上塗り」という。

朝日新聞よ、早く真摯に反省と謝罪した方がいいぞ。
まずは「植村隆の捏造記事」の取り消しと謝罪だ!