福島瑞穂が慰安婦問題の主犯のひとりであることは周知の事実だ。
それを示すネタはたくさんあるが、週刊新潮の7月3日号に掲載された
案件を紹介する。

フリージャーナリストの舘雅子氏の証言。
1992年8月にソウルのYMCA会館で開かれた「アジア連帯会議」
でのこと。

この「アジア連帯会議」を仕切っていたのは福島瑞穂と元朝日新聞
編集委員・松井耶依(やより:故人)。
そこで舘氏が目撃した仰天の光景。

「お揃いのチマチョゴリを着た女性が4、5人いて、日本人と韓国人の
スタッフが『ああ言いなさい!』と一生懸命振り付けをしているのです。
本番の会議でも彼女たちが登場し、言われた通りに悲劇的な体験と、
日本政府に対する怒りを切々と述べているではないですか」

ところが、
「台湾人の元慰安婦の番になると『日本の兵隊さんは私たちに優しく
してくれました』などと言い出し、ステージ下に控えていた福島氏や
松井氏が大慌て。
『それ止めて!止めて!』と遮り、それでも止めないとマイクや照明を
切ったりして発言を封じ込むのです。タイの女性も『日本の軍隊ばかり
叩くな!』『イギリス兵はもっと悪いことをした』と反発していましたが、
福島さんや松井さんが抑え込んでしまいました」

こういう証言に対して、福島瑞穂はダンマリを決め込んでいる。
福島瑞穂が朝日新聞と一緒になって、慰安婦捏造を行っていた大きな
証拠である。
まあ、朝日新聞は松井のことを「個人の問題」というかもしれないけど。

この松井耶依に関しては機会があれば書いてみたい。
旧日本軍は全員悪の塊、悪魔のような存在だと、いろんなところで
妄言を吐いていたヤツだ。
慰安婦問題を裁くと称した「女性国際戦犯法廷」の主催者のひとりでも
ある。

福島瑞穂は金学順をNHKに売り込んだ時も、盛んにセリフなどの
「振り付け」を行っていたことは、既にばれている。
こういうのを捏造といわず何と言うのか?

福島瑞穂はいつまでダンマリを続けるつもりか。
お前の背負った罪は重いぞ。ぼちぼちいい加減にしろよ!