池上彰氏の連載「新聞ななめ読み」で、またドタバタを演じた朝日新聞。
(「恥の上塗り 哀れな朝日新聞 その2」参照)

この件で、まったく信じられない低レベルを曝け出したヤツがいる。
朝日新聞朝刊編集長・沢村亙。
「多様な意見を載せる。その原則を守れと同僚たちが声をあげる。社が
受け入れる。結果的にそうできたことに誇りを感じる」
とツイートした。

どうやら池上氏の件で、社内から反発の声が挙がり方針が撤回された
ことを自画自賛しているようだ。

何が多様な意見を載せるだ。
朝日新聞が多様な意見など載せたことがないだろう。
賛否が分かれている案件でも、両論併記もせず自社の言い分を垂れ
流すだけではないか。

特に慰安婦問題では、捏造してまでも自社理論を振りかざしておいて。
靖国参拝問題しかり、歴史教科書問題しかりだ!

それに、こいつは朝刊の編集長。編集権を持っているヤツが、なにを
他人事のようなことを言ってるんだ!

バッカじゃないの。
社外からの批判の声に耐え切れなくなった、ということだろ。
相手が有名人(池上彰氏)だったから、掲載することになったが、
無名の物書きだったら、絶対に言論を封殺しただろう。

今回の件を、作家の百田尚樹氏が絶妙の例えをしていた。
「あはは。このツイートの主は朝日新聞の編集長らしい。店で万引き
した商品を、元の棚に戻すだけで、誇りを感じるようなもんか。誇りの
レベルが低すぎて^^」
さすが、ベストセラー作家!

ただ、ひとつ付け加えるなら、棚に戻したのは自分の意志ではなく、
周りから非難されて戻したんだけどね。