朝日新聞の特徴として、自分の言いたいことを大学教授や弁護士など
「識者」と称する者に言わせるという記事が多い。
記事に権威を持たせると同時に、こんな教養のある人も言ってるんだ
から、朝日新聞の主張は正しいんだよ、という見苦しい記事手法。

前回、オレのブログに華々しくデビューした朝日新聞朝刊編集長・沢村亙。
(「朝日新聞朝刊編集長の低レベルツイート」参照)
やっぱり編集長だけあって、ツイートも記事同様だ。

日本駐在の外交官が心配しているそうだ。
「慰安婦をめぐる検証より、この騒ぎに乗じて慰安婦がなかったかの
ように誘導していく一部の政治と排外主義をあおり、日本でしか通用
しない論理で、ひたすら『溜飲を下げる』欲求につけこもうとする一部の
メディア」

唖然・・・。
ツイートでもすり替えを行い、しかも自分の言いたいことを他国の外交官が
言ってるとごまかしている。

慰安婦がいなかったなんて、誰も言ってないぞ。
朝日新聞が言っていたような、強制連行されてきたのはいないって言って
るんだ。
さらに、朝日が最近言っている強制性があったとか言うのも、強制性の
元は日本政府でも旧日本軍でもないということだ。
それは、慰安婦の親だったり、朝鮮人手配師だったり、慰安所の経営者
だったりだ。

日本でしか通用しない論理??
朝日新聞が言ってるのは、日本でも通用しない論理じゃないか。
朝日新聞とそのお友達にしか通用しない論理。

こんなヤツが朝刊の編集長だってよ。
朝日新聞のレベルが低いのも当然だな。
沢田亙よ、もうツイッターは止めた方がいいぞ。醜態をさらしているだけだ!