9月10日の報道ステーションが原子力規制委員会が川内原発に対して
合格証を発行した件で、悪意を持って意図的に「捏造編集」をしていた
ことがバレた。

報道ステーションでは、竜巻の審査ガイドの修正を「火山ガイドの修正」
と意図的に間違えて報道。
「審査基準を修正するのならそのまま合格とせず、修正した正しい基準で
再審査すべき」と主張した。

また、田中委員長の記者会見の様子では、火山の質問に答えている
にもかかわらず、別の質問に対する「答える必要がない」という回答を
繋げる編集をしていた。

オレはこの10日の放送を観ていて、田中委員長の「答える必要はない」
という回答は、再稼働反対派にいちゃもんを付ける口実を与えてしまった
なとの感想を持った。

これは悪意を持った「捏造編集」だったわけだが、原発再稼働容認派の
オレでさえ、「この回答はよくないな」と思ったくらい。
つまり、報道ステーションはこれを狙っていたということ。

報道ステーションが、朝日新聞と一緒になって原発再稼働反対の
ネガティブキャンペーンを張っていることはよく知っている。
自社の言い分のためには捏造をも許容するという体質は、しっかり
テレビ朝日にも浸透しているということ。

当然ながら、原子力規制委員会はテレビ朝日に厳重抗議。
また、ネット中心に非難が殺到した。
これを受け報道ステーションは9月12日に訂正・謝罪を行ったらしい
(オレは観てない)。

古館は番組で「一切の言い訳などできない誤りです。田中委員長を
始め心からおわび申し上げます」と話したらしいが、まさかこれで終わ
りじゃないだろうな。

竜巻ガイドと火山ガイドを間違えた件は過失だと言い張れる余地が
あるが、田中委員長の会見の編集は言い訳できないぞ!
テレビ朝日も社長が出てきて謝罪する必要がある。
また、報道ステーションで検証内容を報道する義務がある。

バラエティー番組でも「やらせ」がばれれば、番組自体が淘汰される
時代だ。今回の報道ステーションの「捏造編集」は、それ以上の「悪事」
である。看板番組のこの「悪事」に対しては、テレビ朝日の放送免許を
取り消しでもいいくらいだ。

もう朝日新聞もテレビ朝日も、自分たちが世論を誘導していくみたいな
傲慢な態度を改めないといけない。
「事実を事実として報道する」、報道機関に求められているのはこれ
しかない。それに対してどう考えるかは、読者・視聴者が自ら判断する
から、余計な心配をする必要は一切ない。

あっ、朝日新聞もテレビ朝日も報道機関じゃなかったね。
朝日新聞は極左団体の機関紙、テレビ朝日は朝日新聞の補完組織。
失礼した(笑)。