9月14日朝日新聞が任天堂と読者にお詫び記事を掲載した。
2012年6月8日付けの記事で、任天堂社長のインタビュー記事を
「捏造」していた。
そう、インタビューしてないのに、インタビュー形式の記事を載せて
いたのだ。

記事掲載後、任天堂からの抗議を受け、任天堂には謝罪していたが、
しらばっくれていたのだ。
今回、週刊文春がこのことを朝日新聞に突き付けたところ、「捏造」を
認め謝罪記事の掲載となった。

2年間も「捏造」をすっとぼけていたのだ。
これだって指摘されなければ、すっとぼけ続けていただろう。
「ばれなきゃ捏造もOK」 これが朝日新聞の体質。
朝日新聞の記事など、これっぽっちも信用できないということ。

こういうことをやっていながら、未だに朝日新聞記者がSNSを中心に
「被害者意識」丸出しの発言を続けている。
編集委員クラスから下っ端の記者まで。

特に見苦しいのは、ある編集委員のツイッター。
朝日新聞擁護のツイートや他社(読売や産経)を批判したツイートを
見つけると、見境なくリツイートしまくっている。
こんな朝日新聞が「再生」などと言うこと自体が信じられない。

朝日新聞は、吉田清治証言、吉田所長調書で「誤報」を訂正・取り消し
たが、これらは「誤報」ではなく「捏造」。
「誤報」とは間違いや勘違いによるもので「過失」である。
それに対し「捏造」は意図的、故意犯である。

意図的に悪意を持ってウソと知りながら吉田証言を報じ、意図的に
悪意のある曲解をした吉田調書問題。
一連の騒動で、朝日新聞が「誤報」と繰り返し言っているのは、自ら
「捏造」であることを知っているためである。

表に出ていない捏造記事もいっぱいあるはずだ。
他紙(誌)はどんどん暴いていって欲しい。