朝日新聞の記者が任天堂・岩田社長のインタビュー記事を「捏造」して
いた件は既に書いた。
(「まだまだあるぞ! 朝日新聞の捏造記事 その2」参照)

2年前の捏造記事がばれそうになって、突然9月14日に「お詫び記事」を
載せたのだ。
その「捏造」記事を書いたのは高木真也。
その高木真也が、現在も普通に記事を書いているのだ。

9月19日の朝日新聞経済面の「東京ゲームショウ」に関する記事。
載っていた写真が9月18日撮影とあったので、高木は何のお咎めもなく
「東京ゲームショウ」を取材し、あろうことか署名記事まで書いている。

実は、「捏造」の件で週刊文春が問い合わせをしたのが9月12日。
そして9月13日に「お詫び」記事作成。9月14日の紙面に載せたという
経緯。普通の会社なら高木は9月12日の時点で「謹慎」の身。

ところが、朝日新聞は9月18日に高木を「東京ゲームショウ」の取材に
行かせ、記事を書かせ、9月19日の紙面に載せるということをやって
いる。しかも署名記事!

つまり、朝日新聞における記事の「捏造」、その「隠蔽」なんてのは、
これっぽっちも悪いことではないようだ。

「食材偽装をした料理人が、相変わらず料理を作っているレストラン」
「談合を仕切っていた人間が、再度入札に参加する建設会社」
みたいなもんか。

まさしく、これが朝日新聞の体質だ!
任天堂社長インタビュー「捏造」を報じた週刊文春に、高木真也の名前は
出て来ない。高木が「捏造犯」だとは、現時点では一般的には世間に
知られていない。

そう、朝日新聞は「ばれてないのでOK」と、高木に記事を書かせたと
しか思えない。

だいたい、記事を「捏造」したあげく2年間も「隠蔽」していた記者を
使わないといけないほど、朝日新聞に人材はいないのか?
それとも高木が、何人にも代えがたい程の優秀な記者なのか?

こんな朝日新聞が「再生」などと寝言を言ってみたところで、誰も聞く
耳を持たないだろう。