朝日新聞OBの井上久男氏が「Business Journal」に任天堂社長
インタビュー「捏造」の件について書いている。

井上氏は今回の件と2005年に発覚した田中康夫長野県知事(当時)の
取材メモを「捏造」した問題を比較している。

「田中知事 取材メモ捏造事件」とは、長野総局の記者が知事への取材
なしに、「取材メモ」を作成。このメモをもとに東京本社の政治部が記事を
書いたという事件。
ちなみに朝日新聞では、この件を「虚偽メモ問題」と呼んでいる。
(もうこのへんからして誤魔化しが入っている)

取材メモを「捏造」した記者は懲戒免職になり、指揮命令系統を遡って
政治部の中にまでも処分者が出た。
当時の東京本社編集局長が現社長の木村伊量であり、木村は更迭
されている。
(といっても欧州総局長になり、ほとぼりが冷めた頃には社長!)

井上氏は言う。
「筆者の感覚では、任天堂の件のほうが隠蔽した分だけ悪質さは高い
と思う。」

まったく同感である。
週刊文春の問い合わせがなかったら、今でも朝日新聞はこの件を
すっとぼけていたはずだからである。

当然、インタビューを「捏造」した高木真也を始め、当時の経済部の
デスク、部長は軒並みを重い処分を受けるのが相当と思われる。
高木にも言い分があるかもしれないが、長野総局の記者同様「懲戒
免職」は免れないところだ。

ところが前回「朝日新聞は「捏造記者」に記事を書かせている」で書いた
通り、高木は普通に取材に行き、普通に記事を書いているのである。
しかも署名記事!

なんという組織なんだ。どうやらオレの常識と朝日新聞の常識は相当
違うらしい。

井上氏はこうも言っている。
「朝日の場合、好き嫌い人事が横行し、適材適所ができない傾向にある
うえ、重大な犯罪でもしない限り、将来を嘱望されている人材は不祥事に
関わっても軽い処分(社会の批判をかわすための形式的な処分)で済ま
され、ほとぼりが冷めた頃に復活してくるからだ。
木村社長が東京編集局長時代に更迭された後、欧州総局長などを務め、
取締役に選任、社長にまで登りつめたことがその象徴的な人事といえる」

朝日新聞が高木らの処分を公表するか怪しいところではあるが、どんな
処分を下すか、注目していかないといけない。