10月3日の朝日新聞・読者投稿欄「声(voice)」に
「噴火を見れば原発再稼働は無責任」
という読者投稿が載った。

御嶽山の噴火を見れば、川内原発の再稼働など無責任の極みだ!
という内容。

原発再稼働阻止、さらには全廃というのが、朝日新聞の持論である。
朝日新聞は今回の御嶽山の噴火を原発問題と絡め、「ほら危ない
でしょ!」と、言いたくて言いたくてしょうがないのである。

しかし朝日新聞は、まだ御嶽山噴火と原発問題を絡めた発言をして
いない。9月29日に御嶽山噴火から火山リスクの直視を、という
社説は載せだが、原発再稼働とは絡めなかった。

何でかと言うと、御嶽山噴火に関しては人的被害が甚大で、まだ安否
不明な方が大勢いるからだ。

そんな今、原発問題と絡めた話をすると、「まだ救助活動中なのに
不謹慎だ。人命が損なわれた災害を自社の理論に使うのか!」との
批判が出ることを恐れているからだ。

でも言いたくて言いたくて言いたくてしょうがない朝日新聞は、読者の
投稿に飛びついたのだ。

なんて姑息な朝日新聞。

朝日新聞が自社の言い分の補完として読者投稿を使っているのは
よく知られている。社説の隣に投稿欄が陣取っているからだ。
特定秘密保護法、集団的自衛権行使容認問題などの時は、社説で
批判して、読者投稿欄もすべて批判の投稿で埋まっていた。
ひどい時には、川柳欄まで使っていた(苦笑)。

朝日新聞よ、言いたいことがあるなら自分で言え。読者投稿など使う
なよ。みっともない。