10月7日の参議院予算委員会での民主党議員の最低最悪で品性
下劣なヤジを、何故か問題視しない朝日新聞。

ヤジは民主党・野田国義が発したものだ。
「宿泊先まで知ってるっていうのは、懇ろ(ねんごろ)だったっていうん
じゃなねえか」
国会議員の資質どころか、その人間性すら疑わざるを得ない最低な
ものだ。

野田は「親密さを懇ろと表現した。九州では良く使う」と釈明したうえで、
誤解を招いたことに対して謝罪した。

はあぁ~? 山谷国家公安委員長に対して謝罪しろよ。
最低最悪のヤジを発したうえ、見え見えの言い訳を言いやがった。
本当に最低のクズ人間だ。腐れ外道と言ってもいい。

こんな酷いヤジはない。ところが朝日新聞は野田及び民主党をたっまく
批判していない。
事実をたんたんと伝えるだけで、論調すらしていない。

東京都議会で自民党議員が発したヤジの対応と大違いだ。
あのときは社説まで使い批判キャンペーンを張ったではいか?

朝日新聞は、加害者・民主党、被害者・自民党なので、露骨に無視
もしくは矮小化しようとしている。

こういうことをやっているから、いつまでたっても朝日新聞はまったく
信頼されないのだ。
朝日新聞のプロパガンダがどうの、という問題はなく議員の人間性の
問題であり、資質の問題である。自民党も民主党も関係ないはずだ。

これが朝日新聞の言う「『政権の監視』『政権批判』の重要性」だと言う
のか。呆れて物も言えない。

過去にも、故小松元内閣法制局長官への「そのまま死んでしまえ」や
安倍首相への「また下痢するぞ」という酷いヤジを完全スルーした朝日
新聞。

共通点は野党が発したヤジだということ。
本当に腐れ外道とも言うべき品性下劣なヤジだ。
朝日新聞にも同じ言葉を与えよう、この腐れ外道新聞!!

関連
品のないヤジとマスコミの偏向報道 その1
品のないヤジとマスコミの偏向報道 その2