奈良県吉野にある吉水神社の宮司さんのブログが素晴らしい。

吉水神社は白鳳年間(650~54年)の創建で、約1300年の歴史を
誇り、旧南朝の元宮であったという。
後醍醐天皇、源義経、静御前、豊臣秀吉などそうそうたる人々ゆかり
の文化財も保有している。
 吉水神社HP

ブログをやっている宮司の名は佐藤一彦さん。御年73歳。
「70歳を超えてから命は惜しくないが、何も言わないまま死ぬのは嫌だ」
と、政治ネタや時事ネタを中心に書いている。

今年の韓国や中国への苦言。
「人を恨む民族は『心のブス』です。醜い整形ビフォーアフター広告は
見苦しい。慰安婦売春婦の像も見苦しい。恨みの国は世界から怨ま
れる」
「韓国からの修学旅行は入国拒否しろ。『盗んだ毒島』から来た修学
旅行生をなぜ受け入れるのか? ここまで日本を侮辱した話があるか。
戦前の日本であれば『国交を断絶』したであろう」
「日本人は韓国に旅行するものがいなくなった。韓国の朴大統領が
『告げ口』で日本を悪く言うので韓国に旅行する馬鹿はいなくなった。
在日韓国人に対して日本人の親近感は消えた」

「中国人観光客のマナーはどうにかならないのか、もう受け入れない
ほうがいい」
「中国から日本に観光に来て、鳥インフルエンザ菌をばら撒いて帰る。
中国人が触った所は必ず消毒」

いやぁ~、まさしく正論。
でも、中韓批判のブログではない。「悪い事は悪い!」という心の叫びを
綴っているだけである。

最近では、
「日本人による日本人のための憲法奪還」
「憲法9条をノーベル賞の授賞や世界遺産に登録させない全国民の
署名を集めましょう!」
「北朝鮮に裏切られて裏切られてもまた騙される日本外交」
など、世の中の事情に敏感である。
また非常に小気味よい口調(いや筆調か?)の文章になっている。

世の中の年配者の方の中には、昨今の日本を取り巻く環境に不満を
持っている方も多いと思う。
自分の想いを発信できる手段がないという方も多いだろう。
そういう方々の想いを代弁している素晴らしいブログだ!

佐藤宮司のブログ
 世界遺産の吉水神社から「ニコニコ顔で、命がけ!」