「日経ビジネス」11月3日号で毎年恒例の各業界のアフターサービス
ランキングが発表された。

身近なところでは、「家電量販店」部門でヤマダ電機がまた最下位に
なった。これで8年連続である。
「家電量販部門」が設けられたのが8年前なので、ヤマダ電機はすべて
最下位で逆V8達成である。

当然の結果である。ヤマダ電機はアフターサービスのみならず、何ひとつ
良いところがない。

オレもヤマダ電機は大嫌いである。
以前はヤマダ電機を利用していたが、今はまったく相手にしていない。

アフターサービスに関して言えば、買ったTV(まだブラウン管の時代)が
最初から色映りが悪くクレームを言ったら
「見られますね」だって。
つまり映らないくらの不良品じゃないと対応しないってこと。

で、オレのヤマダ電機嫌いを決定づけたのがこれ。
5~6年前にデジカメを買いに行ったとき、店員に声をかけたら
「今、忙しいから!」との言葉。唖然としたね。
この店員、店内をプラプラしてただけなんだけどね。
この一言が決定打となり、ヤマダ電機とは永遠に縁を切った。

ヤマダ電機はアフターサービスが悪いことのみならず、店員が横柄なこと
でも有名(周知)である。会社知名度に胡坐をかいていると言われても
仕方がないのではないか?

つまり、オレの意見と言うか感想は、
「ヤマダ電機は価格は安いかもしれないが、店員の態度が悪く、しかも
売りっぱなしの、実質アフターサービスなし」

ヤマダ電機は、実は「日経ビジネス」のランキングを気にしているのだ。
2008年に最下位になると、出版元の日経BP社を相手に損害賠償裁判
までやってる。当然、ヤマダ電機が負けたけど。
こういうのを世間では「恥の上塗り」と言う。

ランキングが恣意的に作られてるとか、妥当性がないとか言う前に、
誰からもヤマダ電機が一番いいね、って言われるよう努力してから
物申せと言いたい。

今年、ヤマダ電機は「ブラック企業大賞2014」も受賞している。
逆V8達成と合わせて2冠だ。素晴らしいね(爆笑)。