週刊現代12月6日号の大橋巨泉「今週の遺言」(コラム)を読んだ。
感想は、「左翼の言うことはみんな同じだ」 これしかない。

解散は大義がない
700億円のムダ遣い
アベノミクスは失敗
野党の選挙協力があれば自民党に一泡吹かせられる

朝日新聞もほぼ同じことを言っている。
他に言うことはないのかよ(笑)

主権者は国民である。その国民が公的に自らの意思を示す場は選挙
しかない。それを大義がない、国費のムダ遣いだと言うのなら、はっきり
言って民主主義の否定である。

野党側を支持している人なら、なおさら早く選挙をやらせるように活動し、
与党を打ち破りたいのではないのか?
それなのに選挙をしたくないというのであれば、現状を肯定してるという
ことでいいのね?

多数を占める与党内から反対が出るならまだわかるが、劣勢を挽回した
いはずの野党が反対してるんだから。理解できない・・・。

また、野党の準備が整ってない間に選挙をしてしまおうなんて姑息だ、
なんて意見も耳にするが、これは完全に言いがかりであり、笑ってしまう
レベルである。
前回の衆議院選から2年も経っているのに、与党を追い込めない自らの
力の無さを嘆くのが先ではないか?

政府与党の政策に対して、「反対!反対! とにかく反対!!」しか言わ
ない(言えない)どっかの泡沫政党はまだしも、民主党までもが対案も
出さず(出せず?)ムダに時間を過ごしていたのは何?

繰り返しになるが、なぜ野党(メディア、評論家含む)が反対するのか
まったく理解できない。自分たちの勢力を伸ばすチャンスではないか?
その選挙になぜ屁理屈をつけて反対する?

アベノミクスの件などは次回にするが、最後にちょっと言わせてもらう。
国会議員は国会内で政策立案や、他党と政策論争するのが仕事である
(と思う)。
それが、国会外でプロ市民と一緒になってわぁーわぁー騒いでいる国会
議員がいるのはどういうこと?

そういう国会議員連中は職務放棄ということで、歳費を返納すべし!