前回に引き続き、大橋巨泉のコラムを読んでの感想等々。

アベノミクスは失敗だと野党は言っているが、どうなれば成功で現状の
どこが失敗なのかよく分からない言い分だ。
恩恵を受けているのは大企業だけ、地方へは浸透していないと言われ
るが、オレもそうだと思うよ。

でも、円高とデフレスパイラルに陥っていた数年前に比べたら、経済は
大きく回復していると思うのはオレだけかな?
まあ、オレも大成功だとは思ってないが、まだ道半ばってところなんだ
から、もう少しこの先を見る必要もあるのでは?

ところで、経済状況に関して民主党には発言権がない。デフレに対して
まったく有効な政策を立案できず、日本経済をどん底に突き落とした
罪は非常に重い。

現在、回復基調から停滞気味なのは確かだが、民主党政権時代とは
比べようもなく回復している。
民主党は政権時代の総括なくして、経済について発言してはいけない。

アベノミクスを失敗だと言っている人は、民主党時代の経済状況を
忘れているのではないか? もしくは意図的になかったことにしてる?
とにかく、たった2年前のことであるので、よく思い出して欲しい(笑)。

次いで野党の選挙協力に関してだが、前回の野党候補の合計が自民
候補を上回っている選挙区が多いので、統一候補化ができればオセロ
ゲームのようにひっくり返ってもおかしくないという。

ははぁ~っ、そういうのを机上の空論と言う。
朝日新聞の前田直人は、一生懸命これをコラムで書いていた。こういう
選挙区がいくつあるからどうのって(笑)。
(相変わらず幼稚でレベルが低いヤツだ)
大新聞までもがこんな幼稚なことを書いているんだから、大橋巨泉を
笑っちゃ悪いかもしれない。

重要なのは、どの政党・候補者が言っている政策が良いかを、きちんと
判断して投票するということだろう。
それなくして何の選挙だ。

大新聞が率先して机上の足し算で、統一候補になれば勝てる、なんて
書いてるから、投票率がどんどん下がっていくんじゃないのか?
朝日新聞のレベルの低さを表しているだけ、ということかもね。

今回、タイトルを大橋巨泉にしたけど、巨泉に限らず左翼系のメディア、
評論家が、だいたい同じことを言っているのが非常に滑稽だ。
自らの政策で多数をとるためには選挙しかないのに、それに屁理屈を
つけて反対していることが、まったく理解できない。

この2年間、無為無策で過ごしてきたことを、自ら証明しているだけで
ある。恥ずかしい連中だ。
野党なら「待ってました、やっと選挙だ」ってならなきゃウソだ(笑)。