朝日新聞が思考停止に陥っている。
衆議院選で自公が3分の2を超える議席を獲得したことが、どうにも
悔しくてしょうがないらしい。

どうにかして政権の正統性を貶めようとしている。
でも、書けば書くほど論理矛盾に陥り、紙面はどんどん支離滅裂に
なっていく(笑)。

12月14日の投票日の朝日新聞の社説の一文。
「民意は数の多寡だけで はかられるべきものではない」
なぁ~んと、ついに朝日新聞は民主主義を否定してしまった。

投票日の段階では、既に自公が大勝する予測が出ており、予防線を
張ったつもりかもしれないが、それにしてももの凄い暴論である。

でも、朝日新聞は民主党が大勝した2009年の衆議院選後には、
「民主圧勝 政権交代―民意の雪崩受け止めよ」
おやっ?? 数が民意だと言ってる。

こういうご都合主義は朝日新聞の専売特許だけど、ここまで露骨に
書かれると、笑う以外にはないね。

また、盛んに低投票率だったことを指して、「民意ではない」的なことを
一生懸命書いている。
だけど、沖縄県では4選挙区すべてで自民党候補が敗れたことを示し
「これが沖縄の民意だ」と言う。

衆議院選の全国平均の投票率は52.66%。
沖縄県は52.36%。
まあ、ほぼ同じ。でも沖縄以外は民意ではなく、沖縄は民意。
もう支離滅裂。

それにしても、こんな論理矛盾を堂々と書いてしまうところが朝日新聞
なんだけどね。

朝日新聞は特定秘密保護法制定時、集団的自衛権行使容認の閣議
決定時も支離滅裂だった。
自分たちの思想に合わないことが起こると発◯する朝日新聞。

まともな新聞ではないことは誰の目にも明らかだ。