年明け早々から、朝日新聞が「全開」だ(笑)。

元日から訳の分からない社説の連続。
日本語のようであって日本語ではないのだろう。だって何を言ってるのか
さっぱりわからない。まあ、政府・与党を批判しているんだろうな、っていう
想像だけはできる。

そんな朝日新聞が、相変わらず「自分のことは棚に上げて」の論調には
辟易している。

1月7日の3面「安倍談話 反省の表現焦点」は、自分の胸によく聞いて
から書け!! って感じ。
安倍首相が戦後70年の今年、談話を出す考えを示していることを受け
ての記事だ。

中でも笑ってしまったのが、集団的自衛権の行使容認に際し
「容認派の有識者ばかり集めて、結論ありきで提言を受けた」
今回の談話検討に際しても
「有識者会議メンバーの人選がポイントだ」
だって。

はぁ~??
第三者委員会と称して身内を集め、突っ込みのない報告書を出させて
「慰安婦問題」の幕引きを図ったのはどこの新聞社だっけ?
甘い甘い報告書を受けての記者会見で、具体的に何にも答えなかった
のは、どこの新聞社の社長だっけ?

この記事に署名している本田修一よ。
自分たちのことを棚に上げて、言いたいことを言ってるんじゃねえぞ!

しかし、朝日新聞の「ホンダ」ってのには、ロクなもんがいないね。