1月22日の朝日新聞社説「慰安婦記述 事実をなぜ削るのか」を読んで、
この新聞の相変わらずの傲慢さを感じずにはいられなかった。
さらには、相変わらずのクズっぷりも(笑)。

教科書を発行する数研出版が、高校公民科の教科書から「従軍慰安婦」
の記述を削除することを指しての社説だ。

数研出版は
「強制連行された人々や従軍慰安婦らによる訴訟が続いている」を
「国や企業に対して謝罪の要求や補償を求める訴訟が起こされた」
と直すことにした。

当然のことである。
ただ、改定後の内容に関しても、いわれなき要求をされている、と追記
して欲しいくらいだ。
まだまだ教科書には正さないといけないことが多いと感じる。

それはさておき。
で、朝日新聞が発◯してるのである。
「慰安婦問題の否定は、日本が人権を軽視しているという国際社会の
見方を生む」らしい。

朝日新聞が「強制連行」から「広義の強制性」になり、さらには「女性の
人権問題」と論点をどんどんすり替えたあげくの「人権問題」である。

では、なぜ朝日新聞は「日本人慰安婦」には目も向けないのか?
なぜ米軍相手の「韓国人慰安婦」のことは報道しないのか?
なぜ戦争中の他国の「慰安婦」に関しては触れもしないのか?

「慰安婦問題」が「女性の人権問題」だと言うなら、同じに報道しないと
おかしいではないか。
朝日新聞は「慰安婦問題は日本にとって負の歴史だ」と言う。
なぜ日本だけの問題にすり替えるのか?

自社の言い分に固執し、狭視眼的な物の見方を押し付け、自ら悦に
入っている。まあ、一生言ってろ! って感じだ。

朝日新聞は決して忘れてはいけない。
各方面からの日本批判や韓国の異常な反日を後押ししたのは、まぎれ
もなく朝日新聞だと言うことを!