1月24日の13時頃、(株)アライバルというNURO光 販売代理店を
名乗る男性が訪ねて来た。

彼が言うには
「この地域の光回線は満杯で、速度が遅かったりして迷惑をかけている
ので、So-net(ソニーグループ)がNTT東日本から光回線を無料で借り
受け工事を行う」

いかにも怪しい話。「NTT東日本の光回線を無料で借り受け」という
セールストークはネットでも「ウソ」の代名詞となっており(有名な話)、

「NTT東日本とSo-netに確認するがいいか?」
と問い詰めると

「どっどっ、どうぞ、構いません」
と後ずさりしながら言う。ちょっと目を離したら、その彼は既に消えていた。
逃げ足早っっ(笑)。

一応、念のためNTT東日本とSo-netの両方に確認の電話を入れると、
「回線の無料貸し借りなどしていないし工事の予定などない」
とのこと。

この代理店の言いたいことは、
「NTT東日本からSo-netが回線の無料借用(委託)を受けて、光回線の
速度向上のための工事を行います。ついては契約書にサインをしてください」
(実際には、工事を行いますの段階で、追い返しちゃったけど)
ってこと。

その中で、
NTT東日本の光回線をSo-netが代理で工事を行うと思わせる
NTT東日本とSo-netには何の関係もないことは言わない
NTT東日本がフレッツ光をNURO光に変更すると誤解させる
この地域一斉に行うと思わせる

で、サインをすると、NURO光と言うSo-netの光回線契約を結んだ
ことになり、プロバイダもSo-netになるということ。
(NURO光はSo-netがやってるサービスなので、必然的にプロバイダは
So-netになる)

悪質だなぁ~。いまだにこんな詐欺まがいの勧誘をしている代理店が
あるんだと呆れてしまった。
うちのご近所も周ってると思うので、契約しちゃった人もいるかも。
ちょっと心配。

ちなみに、So-netのNURO光は世界最速を謳い、下りが最大2Gbps
と、スペック上は確かに速い。料金など比較した訳ではないので、うかつ
なことは言えないが、NTT東日本とSo-netには何の関係もないと気づ
かないままの人もいるかもね。

まっ、騙されるってことは一般的には「損をする」ってことだけど、損を
するかは細かく確認できていないので、「詐欺」とは言わない。

しかし、こういう詐欺まがい(ウソを言って)で契約を取ろうという行為は、
決して許されるものではない。結果的にSo-netの契約は増えるかも
しれないが、So-netの信用は地に堕ちる。
さらには、光回線事業者全体のイメージ低下にもつながる。

So-netに電話したとき、
「こういう勧誘はSo-netの信用をも傷つけることになるので、適切な
対応をしてください」
って言っておいたけど・・・。

また、So-netに聞いた限りでは
「アライバルという代理店は確認できない」とのこと。
(念のため、NTT東日本にも聞いたが、同様の回答)

こういう悪質な業者をのさばらせておいてはいけない!