朝日新聞が左翼仲間と思っていたNHKに「常識派」の籾井会長が
誕生したのが、心から不愉快らしい。
籾井会長の就任1年を機に、また批判を始めた。

朝日新聞が偏向しているのは誰もが疑う余地がない。同様にNHKも
偏向している。そんな中、1年前に籾井会長が就任し、NHKをなんとか
してくれるのでは? という淡い期待を持っていた。

しかし現状のNHKの偏向報道はまったくと言っていいほど変わってない。
代表例がニュースウオッチ9の大越だ。
「原発再稼働反対」を公言し、「在日1世は強制連行されてきた」などと
とんでもないデマを垂れ流して知らんぷり。
NHKも「アナウンサー(大越)個人の見解」などとすっとぼけている。

でも、朝日新聞から見ると籾井会長がいることで、将来的にNHKが
まともな放送局になるのが怖いらしい。

1月13日の「NHK 問われる公共感覚」がそれだ。
若手職員が言うには
「籾井体制で息苦しさを感じている」
「会長の考えを幹部が過剰に忖度している」
「安倍政権への配慮が多い」
などなど。

この「若手職員の意見」が、これがあたかもNHK内の総意のような書き
方をしている。この若手って在日の職員か?
(NHKに在日の職員が多いのは有名なこと)

朝日新聞が「失言」とした籾井会長の発言は、そのほとんどはまともな
発言である。朝日新聞が「失言」と言っているだけである。
「朝日新聞さん、だいぶ偏向してるんじゃないの」
すっげぇ、まっとうなこと言ってるじゃないの(笑)。

まあ、朝日新聞がNHKに求める「公共性」と言うのは、
「日本の国益を守る主張をするな」
「日本を批判する側の主張をきちんと伝えろ」
ということ。
つまり、朝日新聞と同じになれと言っているに等しい。

現在のNHKはまともな放送局ではない! これは断言できる。
ただ、3月で大越がクビになる(らしい)など、変わるのかな? という
期待も出てきた。

朝日新聞はよそ様のことを心配する暇があったら、自分たちの心配を
した方がいいんじゃないの?
廃刊へのカウントダウンは既に始まってるぞ!