朝日新聞特別編集委員・冨永格が、また非常識で傲慢なツイートを
した。こいつの非常識さは以前書いたが、本当にどうしようもないアホだ。
(「朝日新聞特別編集委員・冨永格の非常識」参照)

きっかけは読売新聞が報じた
「朝日の複数記者、外務省が退避要請のシリア入国」
というもの。

外務省は日本新聞協会などに対し、シリアへの渡航を見合わせるよう
強く求めていたが、朝日のイスタンブール支局長はツイッターで、同国
北部のアレッポに入り、現地で取材した様子を発信していた。

人質事件の真っ最中に危険地帯に入り、「自己満」の取材をすることに
何の意味があるのか。人質事件解決の有効なことでも入手できるのか?
国賊行為である。

事件現場の規制線を踏み込えて取材しているようなもんだ。気分がいい
のは自分だけで、周りにどんな迷惑をかけるか(かけているか)を理解
できない愚か者だ!

傲慢・高飛車の冨永格は、読売新聞報道に関して
「日本国の要請に逆らって危険地帯に立ち入るとはけしからん、ウチは
我慢してるのにというフラストレーションがありあり(笑)。政府広報じゃ
ないんだから、もっとジャーナリズムしませんか」

読売新聞をいわば「弱腰」と揶揄し、さらには無謀なことをするのが
「ジャーナリズム」とでも言わんばかり。
コイツの基本思想は「反政府」。政府非難するためならなんでもするのが
「ジャーナリズム」なのか?

まあ、朝日新聞の「捏造」の歴史を考えれば、朝日新聞の「ジャーナリズム」
という言葉は「反政府報道」とイコールなんだろうな。
しかし、コイツらはまったく捏造事件の反省をしてないね。

こんなアホなことを言うのは冨永だけかと思ったら、朝日新聞のいろんな
ヤツが言ってる。代表がシドニー支局長。
「危険地の現場で懸命に取材し記事を送る記者を、『政府の言うことを
聞かない』と他社の記者が批判する時代になったのか」

先にも書いたが、何か人質事件の解決につながるような「結果」を得られた
のか? 朝日新聞の「自己満」でしかない。

さらには、こんなツイートを編集委員クラスがリツイートしまくっている。
日本にはいらない新聞だ。