朝日新聞記者が退避勧告の出ているシリアに入国したことで、様々な
批判が出ている中、フリージャーナリストの志葉玲というヤツが朝日新聞
大擁護論を展開している。それも「報道の自由」とからめて。
ちなみに、オレはこの志葉玲というヤツをまったく知らない。

志葉が言うには
読売新聞記事は「『報道の自由』を新聞自らが捨て去る愚行であり、恥を
知るべきである」
だそうだ。

「報道は政策の決定にも大きな影響を与える。基本的な情報がなければ
国会での審議も難しい」
などと、自分たちの活動を超過大評価の自画自賛。

で、コイツの本性がでたのは
「稀代の悪法であり、国民の『知る権利』を踏みにじる特定秘密保護法を
強行採決した安倍政権である。今後、ジャーナリストの取材活動にも口出し
してこない保証はない」
あっ、なんてことはない反日左翼なんだ。

まず、コイツが分かっていない最たるものは、今シリアはISILによる人質
事件の現場だということ。いろいろな交渉事が水面下で行われている
まさにその現場なのである。
ただの危険な紛争地域という訳ではない。朝日新聞記者の行為によって
万が一にでも人質事件に影響が出てはいけないのだ。

さらにはISILが稀にみる非人道的な極悪テロ集団だということ。
「ジャーナリスト精神」で突進して、結果的に日本政府・国民に迷惑を
かけることがあったら、お前ら責任とれるのか?

「報道の自由」は保証されなくてはならない。しかし、それには「責任」が
伴わなくてはならないのは言うまでもない。

朝日新聞記者もコイツも分かっていない。
責任の伴わない自由などない!!!