2月22日に陸上自衛隊沿岸監視部隊の配備の是非を問う与那国町の
住民投票が実施された。

この住民投票は、選挙権のない中学生や居住外国人にも投票権を
与えるというおかしなものであった。国防に関する事案に対して、住民
投票を行うことにも違和感があった。
まあ、それはさて置き。

結果は、賛成:632票、反対:445票で、投票率は85.74%だった。
結果はどうあれ、これが住民の意思、つまり「民意」である。

ところが、どうしてもこの結果が許せない反日左翼マスコミは、またまた
ご都合主義な論調を行う(笑)。

沖縄を代表する反日左翼新聞・琉球新報は、住民投票前に言っていた。
「住民投票結果に法的拘束力はないが、民主主義国家ならば示された
民意を尊重しなければならない」

ところが、今回の結果を受けて何を言ったかというと、
「結果をもって、計画が町民の全面的な信任を得たとまでは言えない
だろう」

えっえっっっっっ~~っ!!!!!!!!!
おいおい、琉球新報よ、
「民主主義国家ならば示された民意を尊重しなければならない」
って、言ってたじゃないかよ? ご都合主義もいい加減にしろよ!!

さらに、
「住民の分断を深めた政府の罪は重い」
だとさ・・・。

そう言えば、先の衆議院選で、
「投票率が低かったから、こんなの民意じゃない!!!」
とバカなことを書いた大左翼新聞もあったけど(爆笑)。

こういう反日左翼新聞は、自分たちに都合の悪いことは決して報道しない。
沖縄米軍基地前で、日常的に行われている暴力的な反対運動に対しては
どう考えてるんだ?

8560e86b.jpg
この婆さんの行動は何だ? 正しい行動なのか? 犯罪か?
車のナンバーを見れば分かると思うけど、米軍関係者の車である。
琉球新報と大左翼新聞よ、1回社説で論調してくれ。