極左・山城博治らが米軍キャンプシュワブ内へ侵入したとして逮捕
(後に釈放)された件で、朝日新聞がとんでもない社説を載せた。

2月24日「辺野古の抗議 強硬政府が生んだ混乱」との見出しで、
理不尽な逮捕である
境界線をほんの1、2歩超えたかどうか
米軍側の強引な行為
極めて不当な行為
と、極左・山城博治ら反対派の暴力的な運動を大擁護している。

まあ、朝日新聞が極左を擁護しようがどうでもいいが、その中で見過ご
せないのは、「1、2歩入っただけ」的な物の言いよう。
これは、自分たちの目的達成のためには犯罪をも許容するという、信じ
られない暴論である。

一般生活でも、相手側の承諾なしに勝手に敷地内に入れば「住居不法
侵入」で訴えられても文句は言えない。
ましてや今回は米軍基地である。
それなのに、朝日新聞は「1、2歩じゃん、何か問題?」と言っている。

だいたい、朝日新聞は山城博治が平和活動家のように言うが、とんでも
ない! 典型的な極左暴力主義者だ。
極左活動のためなら何でもやっていいと慢心している傲慢野郎だ。

で、こんなヤツと繋がっているのが社民党。こいつは社民党公認で国政
選挙に立候補している(もちろん落選だけど)。
福島瑞穂はツイッターで
「辺野古の新基地建設反対に対する弾圧である」
と発◯していた。弾圧ねぇ~・・・。

話を戻して、朝日新聞は極左のやることなら不法行為をも擁護する。
こいつらが辺野古で何をやっているかは、まったく報道しない。
そして「理不尽な逮捕だ」と騒ぐ。山城を被害者に仕立てあげている。
まるで、慰安婦報道の加害者である自身を、いつの間には攻撃に
さらされている被害者のごとく言い出したのと同じ構図。
(植村隆も全く同じ)

朝日新聞は「報道しない自由」を行使し、極左に都合の悪いことは全く
報道しないが、たまには山城らが日ごろどういう「平和運動」をやってるか
読者に知らせてみたらいかが?