前回、ふと見つけた東京新聞のバカコラムのことを書いた。
(「軍靴の音が近づいてくる? 東京新聞・久原穏よ 耳鼻科へ行け!」参照)

書いたのは久原穏。
あまりに酷かったので、どういうヤツかちょっと調べてみたら、ロクな
記事を書いてなかった(笑)。

約1年前の久原穏のコラムがまた酷かった。
同志社大に浜矩子という、とてもエコノミストとは思えない教授がいる。
とにかく安倍首相が「嫌い」で、何でもかんでも否定する、というとても
大学教授とは思えないヤツ。

頭を紫に染めてる婆さん、と言えば分かる人もいる?
こいつを良く使ってる番組は、報道ステーションとサンデーモーニング。

そんな浜矩子の講演会に行ってきた、というのが久原のコラム。
とてもうれしそうに、浜が安倍首相をけなしていたと書く。
(もちろん、けなしてとは書いてないが、そういう構成)

久原は浜の発言や考えに対して、全面的に賛意を示しているが、
これはどうだ?

浜は2014年初頭、とある番組で2014年の株価予想を行った。

4cc9f2b6.jpg
出した数値は「10,000円割れ」。

2014年の実際の終値は17,450円。
本人の見解を聞きたいが、こういう連中は言い放し。言ったことの責任
なんてのは、都合よく忘れる連中(笑)。
表現の自由がある日本人で良かったね。

では、浜をコラムで大絶賛した久原はどう考えてるんだ?
当然しらばっくれてるんだけど、こういうことを「恥ずかしい」と思ない
んだよね。

久原穏よ、自分が絶賛した浜矩子のいい加減さをどう思う?
コラムにまで書いたんだから、きちっと見解を書け!
都合が悪いことにはダンマリか??
クソ左翼の特徴だな(嘲笑)