東京新聞の酷さを書いてきたけど、まともな記事も見つけた。
久原穏が知性のかけらもないことを示した「私説・論説室から」。

3月9日の「私説・論説室から」のタイトルは「時代はテロと戦争に」。

テロと戦争の原理は違う。「お前は敵か味方か」と相手を峻別するのだ。
共存共栄の理屈は通じない。テロリストはもちろん、実はクリミアに侵攻
したロシアや南シナ海で無法を繰り返す中国もそうではないか。

あれっ? まとも・・・。

本来なら、中ロ両国は国連安全保障理事会の常任理事国として世界の
平和に貢献しなければならない立場である。ところが彼らは拒否権を
行使できるから、国連は無法に対して実質的な機能マヒに陥った。

あれっ? 至極まっとう・・・。

そんな時代に日本はどうやって平和と安定を守るのか。仲間をつくって
責任を引き受けるべきだ。面倒の始末を他国に任せ、自分は安全地帯に
逃げ込む「ひきこもり平和論」であってはならない。

あれっ? 普通のことを言ってる・・・。

誰が書いたか見たら長谷川幸洋だった。
長谷川はよくテレ朝の「朝まで生テレビ」などの出演し、東京新聞の
記者とは思えない発言をしている。

超左翼新聞では異色の存在。
朝日新聞では、朝日思想と違う論説は絶対に載らないが、東京新聞は
違う意見も載せるという、多少風通しが良いということか?

但し、長谷川の論調が東京新聞の論調になることは、絶対にない!!

東京新聞関連
軍靴の音が近づいてくる? 東京新聞・久原穏よ 耳鼻科へ行け!
東京新聞・久原穏は浜矩子が大好きらしい