東京新聞について書いてきて、もう疲れた。
軍靴の音が近づいてくる? 東京新聞・久原穏よ 耳鼻科へ行け!
東京新聞・久原穏は浜矩子が大好きらしい
ありゃ? 東京新聞が普通のことを言ってるぞ

最後に、東京新聞の左翼教条主義者・佐藤圭について。
こいつに関してはツイッターしか見たことないけど、あまりにも酷い。
上から目線で傲慢で、常識がなく、まさに左翼! って感じ。
朝日新聞の冨永格みたいなヤツ。

ツイッターは情報を一方的に発信しようと考える人には、実に都合が
良いツールである。何でも言えるし、いろんな批判がきても無視すれば
いい。福島瑞穂を見ればよく分かる。

佐藤圭はこれを駆使して、日々左翼思想の発信に余念がない。
具体的書いて行くと、永久に終わらななさそうなので書かないけど。

佐藤が言うには
「私が所属する東京新聞特報部は『こちら特報部』という特集面を担当
している。日々の雑報は書かない」
ということなので、ツイッターで憂さを晴らしているようだ。

こういう傲慢なヤツのツイートの特徴は、考えの違う人を叩くことが
目的なので、論理も何もないこと。突拍子もないロジックで批判する。
しかも、相手をこばかにするような発言をしても何も感じない。
とにかく左翼思想の発信ができればいい。

新聞記者というのは、ある意味権力者と紙一重である。
ペンは剣よりも強しと言うが、そのペンは使い方次第で人を傷つける。
この佐藤圭は、そういうことがまったく分かっていない。
だから平気で人格攻撃もする。

明らかな間違い(ウソ)もあれば、「捏造じゃね」と思えるようなツイートも
ある。でも、佐藤は気にしない。
なぜなら、自分が言ってることは絶対に正しいし、世のためになってると
盲信しているから。

左翼の鑑(かがみ)のような新聞記者だ。
いや、新聞記者に名を借りた左翼活動家と言った方がいいかな。