日本一の勘違い野郎・古賀茂明が報ステで自爆テロを引き起こして
から10日ほど経った。
(「日本一の勘違い野郎・古賀茂明」参照)

一部では「官邸からの圧力と戦っている古賀」なんて、とんでもない
ことを言うバカもいる。青木理がその代表。

さて、そんな古賀の報ステ最後の出演に際してのツイート。
「3月27日(金)報道ステーションに出演します(多分)これが最後です。
恵村さんに続き、番組チーフプロデューサーM氏も明日で更迭。これ
での素晴らしい映像をよく見てください。全部M氏が官邸や幹部の圧力
と闘って作った作品」

官邸と幹部の圧力と闘ってですか・・・。
こういう妄想をツイするようなヤツなんだ、古賀ってヤツは!

オレから言わせれば、古賀と一緒になって「捏造報道」を行ってきた
ってなるけどね。このチーフプロデュ―サーMというのは松原文枝!!
こいつが極左なのは報ステを見ていればすぐ分かる。

ちなみに、こいつの旦那は朝日新聞政治部長。
あらら、夫婦そろって極左というご家庭のようだ(笑)。

報ステに古賀を引っ張ってきたのが松原。松原は古賀と左翼思想が
一致したようで、以降古賀を報ステのアドバイザー的に使っている。
1番ひどかったのが、川内原発関連の「捏造報道」。
(「報道ステーションの捏造報道」参照)

これにより松原は減給処分を受けている。また、この件が発端で松原
には昨年末に異動の内示が出ている。
これを知った古賀が、年明けから「暴走」を始めたのはご存知の通り。

松原の極左っぷりは、報ステのゲストコメンテーターを見ればよく分かる。
オレから見れば「このクソ左翼が!」と言われるような連中も、松原から
見ると「安倍首相に近い」となって呼ばれない。
例えば時事通信・田崎史郎。こんなクソもだ(笑)。
(田崎は「マスコミの「報道しない権利」ってなに?」参照)

ゲストに呼ばれても、少しでも安倍擁護的な発言をすると、以後は絶対
呼ばれない。あるコメンテーターが、昨年の衆議院解散に関して
「今ここで選挙を打つ。これはもう舌を巻く鮮やかさです」
とコメントして以降、二度と呼ばれていない。

さらには、その放送後の反省会で、松原は
「あんな政権擁護する人を確認せずに出してしまった私のミスです」
だって。でも、この発言にあるような考えで番組を作っていれば、明らかに
放送違反である。

放送法第3条には、
1.公安及び善良な風俗を害しないこと。
2.政治的に公平であること。
3.報道は事実をまげないですること。
4.意見が対立している問題については、多くの角度から論点を明らかに
  すること。

日ごろの報ステを見れば、毎日2、3、4項には違反しているな。

ところで、この極左・松原文枝は4月1日付でテレ朝の経済部長だそうだ。
今後、報ステの経済関連のニュース解説に松原が出てくるかもしれない。
「日本は明日にでも財政破たんする」みたいなことを言うんだろうな(笑)。