Tigerdreamのまったりとスペシャル系

真面目なことから いい加減なことまで、適当に綴っているブログ

訪問ありがとうございます。クリックしてもらえるとうれしいです♫ ⇒

Tigerdreamの上州まったり紀行」もよろしく!


中国大手検索サイト百度の掲示板に
「柔道男子66キロ級の試合で判定が覆ったのは審判委員長が日本出身
だったから?」
というスレッドが立てられた。

ロンドン五輪第3日に行われた柔道男子66キロ級の準々決勝で、3本の
青旗が上がり韓国選手の勝利となったが、協議後に判定が覆るという
異例の出来事について、中国人ネットユーザーも意見を述べている。

スレ主は、判定が覆ったのは、審判委員長が日本出身だったためだと
韓国側が主張していることを紹介。これに対して次のようなコメントが
寄せられている。

「韓国の必殺技は、負けたら審判のせいにすること」
「またかよ。韓国人は韓国人だな。井の中の蛙だ」
「人の判定を責めることだけはよく知っている韓国人」

スレタイを見て、中国人が便乗してやがるのか?と思ったが、意外にも
まともな書き込みが多い。

さらには、
「韓国人って本当にスゲェ」
「韓国はいつでも何か言い訳する、韓国人は本当に恥知らずだ」
「韓国の言っている意味は、審判員が韓国人だったら勝っていたということだろ」
「こういうのって本当に疲れるよね。優勝はみんな韓国人にしてしまえば
面倒じゃなくていいんじゃない」
「韓国人はスポーツの試合に参加するのに適さないから帰れ」
などなど、韓国を非難するコメントが多数。

おぉ~っ! 中国人もまともなのがいるじゃないの。
まあ、中国は世界一の国家スポーツ大国だから、高みの見物的な発言
かもね。金メダル数も1位だし。

これが日本に関するネタになったら、凄いことになるんだろうな。


柔道の判定が覆った問題で、なぜか韓国メディアが日本を非難している。

「今回の日本に対するえこひいきは、柔道の祖国・日本による想像しがたい
力が働いたということだろう」

なんだそりゃ。

今回の判定に関して、日本側が抗議する前に審判委員(ジュリー)が
自ら判定を正したんであって、日本が韓国から何かを言われることは
まったくない。

非難の矛先が違うでしょ。
非難されるべきは、曖昧な審判委員(ジュリー)制度と力量不足の審判
(主審・副審)でしょう。

映像を見ると分かるんだけど、副審のひとりは、主審が上げた旗を見て
それに追従しているのが明らか。最初も2回目も。
そんだけ、自分の判定に自信がないんだろうけど。

いつの間にか本質から逸れて、日本叩きのようになってきている。
いつもの韓国だねぇ~(笑)。


主力を休ませて控えの7選手を先発させた「なでしこジャパン」は、格下の
南アフリカと無得点ドロー。

F組の2位通過を狙って、佐々木監督が出した指示通りの結果だ。

8f7a8482.jpg
日本の順位を左右するF組別カード(スウェーデン―カナダ)の途中経過が
2―2になったと知った終盤は、得点や勝利を目指さないよう明確に求めた。

58分に投入した川澄への指示は、「カットインしての素晴らしいシュートは
やめてくれ」

「コンディションを保つため。(2位通過ならば)移動がなく、この会場で
準々決勝をやれる」
1位通過だと、準々決勝会場のグラスゴーまでバスと飛行機で約8時間も
移動が必要で、長旅で選手が疲れるのを避けるためということだが・・・。

まあ本当は、本大会前の親善試合で完敗した米国やフランスのいるG組
2位と準々決勝で当たる1位通過は、避けたかったということは明らか。

金メダルを期待される中、監督へのプレッシャーも大変なんだろうけど。
でも、こういう「とらタヌ」って、けっこう裏目るんだよね。

選手への今後の影響が心配と、記者会見で問われた佐々木監督は、
「勝手に心配してくれて結構」
とムキになって答えていたけど、大監督になったもんだなぁ~。


国際フェンシング連盟は、ロンドン五輪の女子フェンシング・エペ準決勝で、
延長の末に敗れた韓国選手が判定を不服として抗議した問題で、同選手に
特別メダルを授与することになったと発表した。

韓国選手は、試合終了残り1秒の時点で決勝点を奪われ敗退。
決勝点は終了時間を過ぎていたとして、抗議のため約1時間にわたって
ピスト(競技台)上に座り込んだ。

bcd686be.jpg
泣きながら抗議を続けたが、結局判定は覆らず、3位決定戦でも敗れ
メダルを逃した。

他の報道をいろいろ見ると、誤審だったのかもしれない。
韓国大手メディアは、タイムキーパーが15歳の未熟なボランティアだったと
責めている。

国際フェンシング連盟も、韓国選手の異様なまでの猛抗議があったから、
特別メダルを授与するって決めたんだろうね。

これが日本人だったら、両手を広げて「Why」のポーズをちょっととって、
素直に引っ込んじゃうのかな?

日本選手もこれくらい、勝利に執念を燃やして欲しいね。


ロンドン五輪柔道男子66キロ級の準々決勝で、一度出た判定が覆る
という前代未聞の事態が起きた。

71f596ed.jpg
延長に入り、一度は有効とされた海老沼選手の小内刈りが判定で取り
消された後、主審と副審計3人による判定に持ち込まれた。
その結果、海老沼選手は0-3で敗れ、会場は大ブーイングに。

614e9d1b.jpg
審判委員(ジュリー)からの指摘で判定がやり直しとなり、今度は
海老沼選手の優勢を示す白旗3本があがり、海老沼選手の勝利となった。

日本側から見れば当然の判定で、最初に相手側(韓国)選手に旗が上がる
こと自体がおかしい。

オレは柔道素人だけど、どう見ても海老沼選手が優勢だったと思う。
なんで、これで相手側に旗が上がるんだって。

これに不服な韓国メディアが爆走している(暴走とは言わないけど)。
「あきれるような判定で日本選手に勝利を奪われた」
「今日のことは、わが国民は必ず記憶するだろう」
と、お怒り状態。

「判定が変わったのは間違っている」「韓国選手の勝ちが正しい」
と海老沼選手が言ったという、とんでも捏造報道まで。

でも、真の判定結果に対して、1番良く分かっているのは、この韓国選手
だと思うよ。オリンピックに出るほどの選手なんだから。
それに、韓国選手には珍しく、素直に畳から降りて行ったじゃないの(笑)。

母国が大騒ぎだから、もう発言できないだろうけど、
「私が負けていた。判定は正しい」
と正直に言ったら、カッコいいんだけどね。


スイスサッカーチームの選手が、ツイッターで韓国(人)に対して暴言を
吐いたとして、ロンドン五輪選手団から追放となった。

問題の発言は、
「韓国人をボコボコにして燃やしてやる」

まあ、これだけを見れば酷い発言で、試合に負けた(スイスは韓国に
1-2で敗れている)腹いせにしか見えない。

しかし、この発言にいたるまでには、韓国側にも問題が・・・。

スイス-韓国戦の後半、この選手は韓国選手に足を踏まれ、倒れ込んだ。
これが原因で韓国選手にはイエローカードが出された。韓国側では

「軽く足を踏まれた際、大げさな動作でグラウンドに倒れ、イエローカードを
受けさせた」(中央日報)

と、なんとも身びいきな報道が。これを大新聞がやるんだから・・・。

韓国内では、スイス選手がオーバーアクションだったとして批判する声が
続出。その結果、スイス選手のツイッターやフェイスブックに、韓国語と
英語で批判コメントが殺到して炎上状態になった。

これに反発し、冒頭の問題発言を書き込んでしまった、ということ。

確かに、発言自体は非難されてしかるべきだが、もともとは韓国紙の
身びいき報道と、それに乗っかって一斉攻撃をする、一部ネット住民の
行為から始まっている。

この行為自体、非難されても文句は言えないはずだ。

まあ、それが韓国(人)だからと言えば、そうだけどね。


ロンドン五輪アーチェリー女子団体で、早川漣、蟹江美貴、川中香緒里の
3選手が、3位決定戦でロシアを209―207で下し、銅メダルに輝いた。
アーチェリー団体初のメダルだそうな。

4deb5eea.jpg
9f8dd209.jpg
3選手の中でいい意味で目立っていたのが、蟹江選手のキャラ。
ぽっちゃり型の体系にメガネ姿は、失礼(!)ながらオリンピック選手には
見えない(笑)。

中学時代は「運動をやりたいけど、走らなさそうでいい。」という理由で
アーチェリー部を選んだらしい。イラストが得意でアニメ好き。
おぉ~っ、ある意味想像通り・・・。

全身から漂う、この「ゆるキャラオーラ」は天性のものだね。

ちょっと調べてみたら、所属企業のプロフィールの体重は、JOCの公式より
3kg少なく書いてあった。ちょっとした乙女心?

個人戦も2回戦を突破したみたいなので、メダルを目指して頑張ってね。


新党「国民の生活が第一」は、党が掲げる三つの基本政策「地域主権」
「反消費増税」「脱原発」の具体的な各論について、一般からアイデアを
募る方針を決めた。

なんとまぁ~、自分たちに政策がないってことを、自ら公言したんだね。
ある意味、正直なことだ(笑)。

自分たちの政策の各論も、自分たちで決められない程度の人間の集まり
ってこと。
だいたいにして、親分に政策がまったくないんだから、しょーがないか。

3つの基本政策だって、現時点で国民受けの良さそうなのを選んだだけ
だし、それに各論を後付けしようとしたら、思いつかなかったってことか。

どうせだから、消費税は上げなくても財政再建ができて、社会保障制度、
特に年金も破綻せず、原発がなくても電力の安定供給でき、しかも料金は
安い。さらに権限の地方移管を行うことで、国家公務員を半減させる、
みたいな政策にしてくれないかなぁ(笑笑)。


7月29日に投開票が行われた山口県知事選で、元官僚の候補が当選した。
元官僚が当選したことを否定しようと言うわけでない。実は敗れた候補に
対して考えたいのである。

この候補は原発を激しく否定している、いわゆる「市民運動家」で、橋下
大阪市長のエネルギー政策ブレーンなどと紹介されていた。

この人の従来からの主張は、
・近日中に原発の発電は自然エネルギーでまかなえる
・電力は足りている
・原子力ムラの謀略だ
・ヨーロッパは理想の地
・埋蔵電力はたくさんある
などなど。

これ見て「その通りだ!!」って思う人も、最近は多いのかもしれない。
しかし、本当にそうなのか??
まあ、全部間違ってはいないけど、100%正しいとも思わない。

でも、原発論争をしようと思っているのではない。
いわゆる「市民運動家」がトップに立つことの怖さを言いたいのだ。

「市民運動家」と称する人に、だいたい共通する事項として、
・正義や民主主義を唱えながら、自分の主張を押し付ける
・行政批判を繰り返し理想を語るが、その実現可能性とコストを考えない
・まず相手を攻撃し、正悪という単純な二面でしか物を語らない

この手の人間をトップに戴くと、下々がどんな不幸になるかを、日本人は
去年経験している。
反原発運動家を大量生産させた、どうしようもない首相がいたことを、まだ
覚えているだろう。

そういう意味で、この「市民運動家」を選ばないという、正しい判断を山口
県民はしたと思う。


ロンドン五輪の柔道女子48キロ級で、福見友子は準決勝で北京五輪の
金メダリスト、アリナ・ドゥミトル(ルーマニア)に敗れると、3位決定戦でも
エバ・チェルノビチュキー(ハンガリー)に一本負けを喫してメダルを逃した。

福見
もうがっかりしちゃって・・・。
実は1番応援してたんだよね。

遠回りして(本人がそう思っているかは分からないが)、やっとの思いで
出場した夢舞台。だが、結果は非情だった。

「金メダルを取れなかったので、これが五輪だなと思います。一生悔いが
残る試合だったと思います」

かわいそう、なんて言うと失礼なんだけど、本当に切なくなった。
年齢的に微妙だけど(27歳)、次のリオまで頑張ってと言いたい。

ところで、オレの切ない気持ちをぶち壊した○゙カがいる!谷亮子。
「皆さんが望むなら、準備をしたい。またあの舞台に立ちたいと思います」
と、復帰の可能性をにおわす発言をした。

何を今さら言ってるんだ。お前の出る幕はない!!
小沢のフンを一生やってろ!!


62b6f4d3.jpg
信号待ち時に、ふとオドメータ見ると49999km。
あっ!50000kmになる!

次の信号待ち時に、ちょうど50000kmになったので記念写真。

2009年4月に購入したので、3年と3月で50000km。
月平均の走行距離が、約1300km!
都会の人から見ると、何でそんなに乗るの?? って感じかな。

オレの場合、会社まで片道約20km、往復で40km。
月に22日平均とすると、通勤で880km。
すると、通勤以外で420km(月)も乗ってる。

上毛かるた紀行や上州まったり紀行で、いろんな所に行ってるから、
走行距離も増えている。

後々売るときのことを考えると、走行距離が多いのは得ではないが、
今のところ売る気もないし、満足してるんでいいかな。

(関連 「Audi A5 S-ライン」参照)


鳩山くんは次の民主党代表選で、野田くんの対抗馬を擁立する考えを表明、
結果次第では離党も辞さない覚悟を示した。

「私がたった一人で動き始め、民主党を作った。私がいなければ民主党は
なかった。今の変節した民主党にも愛情はある。原点を取り戻すことが可能
かどうか追求したい」

「党に残るか、外で行動して野党的な立場から政権に正しい方向を求める
のか。その辺の決断をしなければならない時がこれから来る。
(一つのめどとして)代表選がある」

何を言ってるんだか・・・。
自分なら党内の反野田勢力を、結集できるとでも思っているの??

これから先、きみに寄ってくる人間がいるとすれば、それはきみの「子ども
手当て」が狙い。この前も、ママから42億円も貰っていたよね。

鳩山くん、いつまで民主党のオーナー気取りでいるんだ??
もう、きみの出番はまったくない!早く引っ込んだほうがいいぞ。


サマージャンボの季節がやってきた。

ca615799.jpg
今年サマージャンボは、1等賞金4億円でジャンボ宝くじ
史上最高。
1等の前後賞(各5000万)を合わせると5億円となる。

今年のグリーンジャンボで、1等賞金が初の3億円に
なったと思ったら、サマーではその上をいく4億円になった。

また、今年も極悪の2000万サマーも一緒に発売になって
いる。
何が極悪かって、2000万、前後賞(10万)、1万、300円、
これしかない。基本は300円以外当たらない。
回収不能の宝くじ、ということ。

6180e0e2.jpg
今回のおまけはうちわ。最近では1番使える。
ペットボトルケースや根付けをもらっても、使い道がないので。

毎回書くが、1等をどんどん上げるのもいいが、それよりも
還元率を上げてくれ!!

このエントリーをはてなブックマークに追加


新党結党以降、小沢一郎の言動が盛んに報道されているが、
言ってることは、
「選挙は近い、準備を!!」
ばっかり。

どこに、国民の生活を気遣っている面がある??
まったくない!

国民の生活が第一だとか、反増税とか反原発とか、きれいごとを
言っているが、気にしているのは選挙のことばかり。

自分たちの政策があるなら、どんどん主張すればいいじゃないか?
政策がないのを知ってて、言ってるけどね(笑)。

永田町では有名な小沢の言葉。
「公約は膏薬」

これは、公約なんて膏薬みたいなもんだから、何回も貼り直して
使えばいい、ということ。
なんてことはない、公約なんて守らなくたっていいし、社会情勢を
見て、いつでも使い回しすればいい、ということを言っている。

簡単に言えば、国民受けすることを、いつも言ってりゃいいんだ!

さすが、小沢一郎!!
選挙に勝つためのノウハウは持ってるわ。
でも、もうこういう時代じゃないことに、気づいていないところが、
小沢の小沢たる所以だね(笑)。

おぉ~い、小沢一郎。
ひとつだけいいこと教えてあげようか。
「国民の生活が第一」という政党名に、宇多田ヒカルが反応してたぞ。

「ついに政党の名前にもキラキラネームきたか・・・」
「こうなると『くまちゃんの肌触りは世界一』党の結成も夢ではないな」
だってさ。

よかったね(笑)。


小沢一郎が新党「国民の生活が第一」を旗揚げした。
反増税と反原発がスローガンみたいだけど、底の浅さ丸出し(笑)。

増税の前にやることがある、って盛んに言ってるんだから、何をどうやる
のか、もっと具体的に言ってくれよ。
まあ、言わないんじゃなく、言えないんだけどね。

それに、元々増税論者なんだから、方法論やタイミング論を言ってるだけ
で、増税そのものに反対じゃないって、しっかり言えよな。

そうじゃないと、国民福祉税騒動や、新進党時代の言動、民主党代表
時代に、自民党に「大連立をして増税しよう」って持ちかけた、過去が
問われるぞ。

原発問題も、最近になって、原発は「過渡的エネルギー」と言い出した
けど、じゃあその後どうするんだ?
何か具体的なエネルギー政策を持ってるのか?

国民受けが良さそうな話しだけ。何のポリシーもない。

だいたい、民主党のマニフェスト破りを、こいつが批判する資格なんて
まったくない!!

真っ先に小沢自ら反故にしたのが、ガソリンの暫定税率廃止。
「国民の声だ」とか言って、引っくり返したよな。

天下り禁止も反故にもしたよな。
日本郵政社長に、元大蔵省事務次官を引っ張ってきたのは誰だ??
退官後年月が経ってるからいい、とか言って。

権力の中枢にいるときは、自らマニフェスト破りを繰り返しときながら、
非主流派になったとたんに、マニフェストを守れ!守れ!って何??

「国民の生活が第一」というよりも、「自分の権力が第一」ってところね。

↑このページのトップヘ