Tigerdreamのまったりとスペシャル系

真面目なことから いい加減なことまで、適当に綴っているブログ

訪問ありがとうございます。クリックしてもらえるとうれしいです♫ ⇒

Tigerdreamの上州まったり紀行」もよろしく!


毎日新聞が安倍首相夫人・昭恵さん付きだった経産省職員が在イタリア
日本大使館に異動したことを「不自然な人事」との印象操作を行った。

森友学園問題(問題でも何でもないが)の最中、朝日や毎日に猜疑の目を
向けられていた職員だ。

毎日新聞は、あの孫崎享や全経済産業労働組合の副委員長とかに
「海外に逃がした」とか「異動は論功行賞」などと語らせ、「不自然な
異動」「政権による公務員の私物化」との印象を与える記事になって
いる。

ところが、経産省内で既に1月(平成29年)に、この異動の内々示が
出ていた。平成29年1月6日の通達書あり。

森友問題は2月9日に朝日新聞が国有地の売却問題として報道したのが
発端。1月6日には森友問題の「も」の字も出ていない時期だ。
つまり、この異動は「通常」の異動であったということ。

悪質な印象操作である。
火のないところに煙を立たせた朝日新聞に乗っかり、一緒になって
「疑惑」として報じたあげく、未だにこんな憶測・妄想を書いている。

毎日新聞、及び記事に署名している佐藤丈一はどう釈明するのか?


朝日新聞は、もう未来永劫獣医師会を擁護し続けなければならない
立場になったようだ(苦笑)。

8月16日「狂犬病ワクチン、広がる格安 獣医師会『集団接種に
悪影響』」という記事。

狂犬病のワクチン接種は、獣医師会が自治体から委託され実施されて
いるが、獣医師会に所属しない獣医師が安い料金で接種していることを
問題視している。(獣医師会3000円前後、非獣医師会2000円前後)

獣医師会のワクチン接種料金は、獣医師会での狂犬病の講習会など
公益事業に使われているからとか言っているが、これこそ自治体委託に
胡座をかいて、愛犬家から高い料金を取っていることの証左でしかない。

つまり、ワクチン接種は獣医師会の「既得権益」である。
そこに格安接種で参入することに何の問題がある??

獣医師の資格のない者がやっているとか、ワクチンが認可を受けて
いない「まがい物」なら大問題だが、獣医師が正規品を使っているの
だから何の問題があるのか?

朝日新聞は「加計学園問題」で、安倍首相を攻撃したいがために、
獣医師会の既得権益(岩盤規制)を許容してしまった。
加戸前愛媛県知事の発言を一切報道しない暴挙までして、獣医師会の
問題には触れなかった。
(それに伴う民進党・玉木の行動・言動も報道しない自由を発動中!)

もう朝日新聞は、獣医師会の「既得権益」に触れることはできない。
廃刊になるまで獣医師会を擁護し続けなければならなくなった。
それだけではなく、今後各種業界団体の「既得権益」の問題にも触れ
られない。

まあ、新聞業界自体が大きな「既得権益」で守られている。
 日刊新聞紙法(株式の譲渡制限)
 再販規制(再販売時の価格指定を例外的に認める制度)
 販売店のエリア独占(他地域から新聞をとれない)
 国有地の格安での払い下げ(実態として)
 消費税の軽減税率(10%への増税時適用予定)

今後、朝日新聞が「既得権益」を批判しても何の説得力もない。業界
団体の「既得権益」のため、一般国民が不利益を被っていても朝日
新聞はだんまりを決め込むしかなくなった。自業自得。

逆に偉そうに批判したら、それこそ大ブーメランである!


東大寺の法華堂にハングルで書かれた「落書き」が見つかった。
法華堂は「三月堂」と呼ばれ、寺伝では東大寺創建以前にあった
金鍾寺(奈良時代の建立)の遺構とされ、国宝に指定されている。

東大寺三月堂 落書き
ハングルで書かれた文字は「イム・チェヒョン」と読める(朝鮮日報)。
ハングルでの落書きなので韓国人の犯行が疑われているが、現時点では
確かな証拠はなく、まだ犯人は捕まっていない。

そんな中、東京新聞が
「ハングル落書き『犯人は韓国人』 捜査中なのに偏見横行」
との見出しで、韓国人擁護論を展開した。

擁護するのはいいが、「ヘイトスピーチ」「偏見」「排外主義」だと
騒がしい記事だ。東京新聞的には、ネットを中心に韓国人犯行説が
流布されているのが我慢できなかったんだろうが、それにしても・・・。

まあ、犯人が特定されていない段階での記事なので、「疑わしきは
罰せず」でいいだろう。ヘイト的な見方で論じても、それは東京新聞の
ものの見方なのでいいだろう。

オレが楽しみにしているのは、犯人が捕まった後の東京新聞である。

東京新聞は、福島県内で仏像・石像を100体以上破壊した韓国人・
チョン・スンホのことを一切報道しなかった(2016年)。

犯人が未逮捕の段階では事件を報道していたが、チョンが逮捕された
とたん、まったく事件などなかったかのごとく一切報道しなかった。
(もちろん、1年近く経つ現在も報道していない)
これぞまさしく「報道しない権利」「報道しない自由」の発動!
(「東京新聞が露骨すぎる『報道しない権利』発動!」参照)

今回の東大寺落書きに関して、韓国人が犯人であることを望んでいる
わけではないが、東京新聞がどう報じるか非常に楽しみである。

日本人や他の外国人だったら、東京新聞は大々的に報じるだろう。
「ほら、韓国人じゃなかったでしょ」「日本人の排外主義はひどい」
「日本人の品性を疑う」みたいに。

逆に韓国人(在日韓国・朝鮮人含む)だったらどうだろう。
国民の代表みたいなことを言っている東京新聞(by 望月衣塑子)が、
国民の知る権利を侵害することは、もちろんないよな。


沖縄県名護市辺野古の工事車両用ゲート前で座り込み活動を行って
いた社民党全国自治体議員研修会のメンバー約70人が、道交法違反
容疑で強制排除された。

その中には副党首・福島瑞穂も含まれており、社民党が党本部ぐるみ
の犯罪者集団であることがはっきりした。

警告する機動隊
機動隊員による再三の警告も無視し続けた福島ら社民党のクズ連中。

犯罪者・福島瑞穂
当然のごとく、法律違反なのだから排除は当たり前。
福島は不満顔をしているが、一般国民には「ふてぶてしい犯罪者顔」に
映るだろう。

福島は一応弁護士だ。道交法違反にあたるのは承知しているだろう。
にも関わらず違法行為を行ったということは、もはや犯罪者である。

弁護士が法律違反であることを承知で違法行為を行う。逮捕されて
も文句は言えまい。いや、逮捕すべきである。

独善的な左翼連中の「自分のやっていることは正しい。正しいのだから
何をやっても許される」といった間違った考えを、率先して実践している
福島瑞穂と社民党。

こんな政党に交付金が数百億円つぎ込まれている。売国活動のための
資金になっている現状をおおいに憂慮する。
(「福島瑞穂にかかるコストの方がムダだ!」参照)

「強制排除には怒りが込み上げた。県民の民意を無視して進める工事は
適法なのか国会でも議論したい」
とか福島は言っているが、呆れ果てる。

同党研修会リーダーで、社民党香川県連合代表の髙田良德議員は
「沖縄県民の意志を各議員が持ち帰って全国に発信したい」
といっているが、どうぞどうぞって感じ。

左翼連中は、何かというと「自分たちは弾圧を受けている被害者です」
みたいな顔をするが、ただの犯罪者でしかない。
決して一般国民は、こういう犯罪者を擁護はしない。
数少ない「お仲間」と革命(家)ごっこでもしていてくださいな。

反対運動をすること自体は否定はしないが、法律を犯してまでの活動は
決して許されない! ここは法治国家・日本だ!


毎日新聞が地上配備型迎撃ミサイル「パトリオット」(PAC3)の配備に
対して、否定的な意見しか載せない。

「『どう対応すれば』地元から不安や疑問の声」と言う記事中で、島根県、
広島県、愛媛県、高知県の声を伝えている。
「政府には国民の心配をあおらず、冷静になれと言いたい。話し合え」
「迎撃ミサイルを撃てば破片が落ちてくるのではないか」
「ミサイルを防ぐためと言って戦争になるのはいやだ」
などなど。偏り過ぎだろう。

こういう声があるのは事実だろうから、まあいいだろう。
しかし、配備賛成派の意見はどうなっている? ないの?
そんなことはない。多くの人がPAC3配備に賛成している。

予想される問題に対して事前に対策を行うことは、一般なら当たり前の
ことだ。特に最悪の事態まで想定するのも当然のことだ。
国民の生命と財産を守る義務のある政府が、「危機管理」対応をする
のは当然だ。逆に何もしない方が大問題である。

「危機を煽るな!」は左翼の特徴的な言動だが、こんな無責任な
ことはない。万が一のことが起こってからでは遅いのだ。

一般人だって、近所で空き巣が多発したら戸締まりを強化するだろう。
でも、こういうことをすると、空き巣犯を刺激することになるから止めろ
なんて言ったら「バカか!」と言われるだけ。
こういうバカなことを平気で書くクズ新聞。

改めて思う。毎日新聞は誰を守ろうとしているのか?
金正恩ですか?

関連
 「東京新聞・佐藤圭は危機管理が分かってないようだ
 「朝日新聞が『危機を煽るな』とおっしゃっているぞ(笑)


自称新聞記者の東京新聞・望月衣塑子の勘違いが凄いことになって
いる。

菅官房長官の記者会見の顔を出し、自分の主観や妄想に基づいた
「質問」という名の「主張」を繰り返し、記者会見を荒している。
他紙の記者は、なぜこんなヤツを放っておくのかと疑問に思って
いたが、逆に朝日新聞が相乗りし始めた。反日新聞の連携か?

ところで、そんな望月が傲慢発言をかました。
「会見とは国民に成り代わって、記者が政府への疑問や疑念をぶつ
ける場」
「政府への疑問や疑念を、国民に成り代わって伝えるため」
とか言っている(一部要旨)。

はぁ~? 国民に成り代わって?
盛んに国民の代表のような顔をしているが、いつ誰が望月にそんな
代表を頼んだろう?
だいたい、自分で(一応)新聞社に入社し記者になっただけの人間が、
いつの間にか国民の代表に化ける。おこがましいことこの上ない!

それに、望月は新聞記者を名乗っているだけで、ただの左翼・反政府
活動家でしかない。望月は6月にとある左翼の集会に出席し、壇上に
上がり安倍批判の熱弁をふるっている。
取材に行くのなら構わないが、そこで壇上に上がった瞬間に、活動家
であると宣言したも同じである。集会の主催者と取材記者は一線を画さ
なければ、公平な記事にならないだろう。

望月は偉そうな発言を繰り返しているが、左翼の特徴である「自分ら
と違う意見は許さない」という言論弾圧主義者である。
自社の中で、違う意見を言っている論説委員に対して、「社から出て
いけ!」と平気で言う人間である。

他人(違う意見)の言論の自由は認めないが、自分らは国民の代表
だから何を言ってもいい。こんなバカなヤツである。

こんなヤツが新聞記者を名乗っている。
東京新聞は佐藤圭や久原穏など、左翼活動家の集まりである。
改めて、東京新聞は便所紙にも劣るるクズ紙である。

関連
 「東京新聞・望月衣塑子は新聞記者を名乗らない方がいいな


福島みずほは8月15日、千鳥ヶ淵墓苑で行われた「戦争犠牲者追悼
平和を誓う8.15集会」で、失礼極まりない言葉を述べた。

まず、「戦争犠牲者追悼 平和を誓う8.15集会」の主催者は「平和
フォーラム」という自称「市民団体」。
代表は自治労、日教組、原水禁。こういう団体。

千鳥ヶ淵戦没者墓苑は、先の大戦の戦没者のうち、遺族に引き渡す
ことができなかった遺骨を安置している。
靖国神社と違って、ある意味「無名戦士の墓」的な意味合いもある。
そのため、社民党(旧社会党)、共産党などは、こちらで戦没者慰霊を
過去から行っている。

靖国神社に祀られている英霊も千鳥ヶ淵に葬られている英霊も、何の
違いはないし、日本のため戦い尊い命を捧げてくださった方々である。

福島らの考えでは、靖国は政治色を帯びているが、千鳥ヶ淵はそうでは
ないということだろう。

そんな福島みずほが挨拶で、
「安倍首相の憲法9条改悪と闘わなければならない。9条を変えようと
する内閣は倒さなければならない」
まあ、ここまでは我慢しよう。

続いて
「『ロードオブザリング 指輪物語』の中で、死者の人たちが地中から
蘇り、力を合わせて共に戦う場面があります。わたくしは今、その場面
を想起しています。主権者であるわたしたちは、戦争犠牲者の全ての
みなさんと共に力を合わせて、9条改悪を止めたいのです」

「ロードオブリング」を引き合いに出しているが、これってゾンビじゃん。
どういう宗教観で言っているのか知らないけど・・・。

これはダメだろう。慰霊の言葉でも何でもない。
自分たちの政治闘争に、戦没者を利用する発言である。こんな失礼な
ことはない!
戦没者をゾンビに例えたうえ、さらに政治利用しようとしている。信じら
れない暴言である!

自分たちの「お仲間」主催の追悼集会だからといっても、それでも戦没者
追悼と銘をうっているからには、言っていいことと悪いことがあるだろう?
そんなことにも気がつかない愚かさ。福島の脳内はどうなってる?
行き着くところまで行ってしまったようだね(哀れ)。


朝日新聞8月10日の社説「慰安婦問題 救済の努力を着実に」は、
朝日新聞が慰安婦問題に対して何の反省もしていないことをよく
表している。

繰り返すまでもないが、平成27年(2015年)12月に「最終的かつ
不可逆的」に日韓両政府によって合意している。
本来は、昭和40年(1965年)の「日本国と大韓民国との間の基本
関係に関する条約」(日韓基本条約)により、解決済みの問題であるにも
かかわらずだ。

朝日新聞を中心とした反日勢力により捏造された「慰安婦問題」。
自ら火を付けて火事だと騒ぐ、放火魔・朝日新聞。
そんな朝日新聞が、日韓合意を履行していなばかりか、ひっくり返そう
としている韓国に対し通り一遍の論調しかせず、逆に日本側に問題が
あるかのごとく社説を書く愚かさ。

朝日新聞はインドネシアでの唯一の例を持ち出しているが、それは
韓国とは何の関係もない。日本側が日韓合意を履行していない項目
などないから、書くことがないにしても呆れる呆れる。

なぜ、韓国はすべての項目に関して完全履行せよとか書かない。
すべては韓国側の問題だ。

朝日新聞は戯言を言う暇があったら、きちんと自らの責任を果たせ。
吉田清治の詐話記事を取り消すだけでなく、それを事実とした前提で
書いたすべての与太記事を取り消せ!


韓国外務省は、慰安婦問題をめぐる日韓合意の成立経緯を検証する
ための外相直属の作業部会を発足させた。
左派紙・ハンギョレの論説委員室長を務めた人物が委員長に就任した。

委員長は過去に同紙のコラムで
「慰安婦合意は『屈辱的だ』」と厳しく批判した人物なので、結論は考える
までもなく見え見えだ。

これを文在寅に報告としてあげ、文は報告書の通り慰安婦合意を「破棄」
もしくは「再交渉要求」するという、出来レース。

既に女性家族相は、日韓合意を再協議する意向を表明しており、合意
破りは韓国政府の基本方針だろう。
(「韓国はやっぱり韓国だ!」参照)

その後も「慰安婦記念館を作る」とか「慰安婦記念日」を制定するとか、
言いたい放題、やりたい放題。
とてもまっとうな国とは思えない。

「最終的かつ不可逆的」な解決をみている慰安婦問題。
もともと強制連行などなく、性奴隷などと言われる実態もない。
日本側もお詫びと10億円の拠出という妥協をしている。

結局、韓国はまともな国ではないと、世界に公言するだけのことだ。
それでも文は突き進むだろう。自ら国内を抑えることができない程度の
大統領だ。反日を言えば、自分への不満は抑えられる。

文を選んだのは韓国国民。合意破りを要求したのも、実質韓国国民。
世界中から笑われていることに気づいた方がいいと思うけど・・・。


韓国に誕生した親北左派・文在寅政権。

文が大統領になれたのは、韓国の左傾化と保守勢力の高齢化。
保守勢力の衰退により、今後も韓国は親北左派政権が続くだろう。
まあ、それは韓国国民の判断なのでいいだろう。
韓国がどんな国になろうが構わないが、日本に絡んでくるのだけは
やめてくれ。

ところで、文大統領が指名した首相を始めとした要人の経歴に脱税や
不動産疑惑、学歴疑惑など、様々な「傷」が見つかっている。

新政権は「ささいな不正だから見逃してほしい」だそうだ(苦笑)。
自分たちが野党だった時は、朴槿恵政権の不正を執拗に追求し
「自分たちだけが正しい」
という態度に終始していた連中だ。

いざ、自分たちが権力の側に回ると、「些細な不正だから見逃して」
って、「他人に厳しく自分に甘い」典型である。

「他人に厳しく自分に甘い」と言えば、民進党もまったく同じだ。
(「他人に厳しく自分に大甘な民進党って??」参照)
だから民進党は国民の支持を得られないんだけど・・・・

民進党だけでなく、左派といわれる人たちもそう。その主張は
「自分たちのやっていることは正しい。自分たちに正義はある」
だから、違法で暴力的な行動も「自己正当化」する。
一般国民から見れば「犯罪(まがい)」でしかないが。

韓国の日本に対する態度は左派も保守も変わらず、
「自分たちは被害者だ。加害者は被害書の言うことを聞け!」
で統一され、常に「ムービングゴール」でたかってくる。

文大統領も遠からず(と言うか、もう始まってるけど)反日攻勢に出る
だろうから、日本から見れば保守も左派も関係ないけど(苦笑)。


広島と長崎は原爆投下から72年を迎えた。8月6日と9日は日本
国民すべてが、心静かに原爆犠牲者への慰霊に務めねばならない。

ところが、非常識な左翼連中にそんな気はさらさら無い。
相変わらず原爆被害者、ご遺族などの心情を逆なでするような行為を
行っている。

広島原爆の日
長崎原爆の日
広島と長崎の慰霊式典の会場そばで、騒ぎ立てる左翼連中。
(上:広島、下:長崎)

ほんの一部の写真だが、中核派、左翼労組やNAZENの幟が見える。
「安倍を監獄へ」は中核派のスローガン。
NAZENは山本太郎が呼びかけ人となり設立された反原発団体。
運営は中核派が担っている。

こういう連中が何を叫んでいるかというと、
「安倍は辞めろ!」「安倍を倒せ!」
「辺野古基地反対!」
「原発反対!」
「憲法9条を守れ!」「改憲阻止!」
原爆被害者への慰霊とは関係のない、自分たちの思想・信条。

被爆者、ご遺族の感情など一切関係なく、自分たちの政治スローガンを
叫べればいいのだ。ただの自己満でしかない。
こんな非常識な連中が跋扈している慰霊式典。

こんな連中が幅広い支持を得られるわけがない。
今回は写真に映っている連中について書いたが、同じような非常識
左翼は山ほどいる。

自分たちの身内の葬儀や法要の会場外で、バカ騒ぎをされたらどう
思う? そんな想像力すら働かない偏狭な思想に凝り固まった連中。

こういう連中の支持を受けている社民・共産・民進の一部(革マル枝野
など)も同罪だ。


朝日新聞8月4日の社説「内閣改造 強権と隠蔽の体質正せ」は
安倍内閣の改造を受けてのものだが、いい加減ウソを書くなと言い
たい。

朝日新聞が安倍内閣を批判するのは、言論の自由があるので構わ
ないが、その中にすこしずつウソを散りばめるのは、もう止めろ。

身内に甘いとか隠蔽体質だとか、自分たちのことを言っているのかと
思ってしまうが、まあいいだろう。
しかし、東京都議選最終日の「こんな人たち」を一般人扱いするのは
明らかなウソである。

特定の左翼団体、極左暴力集団も含まれる人たちを「一般人」はない
だろう(苦笑)。

何でも反対(朝日新聞的に言うと権力監視)論調の中に、「一般人」が
多数声を上げているとか紛れ込ませる。
山城博治を始めとした沖縄極左は、「普通の」反対派地元住民。
SEALDsのメンバーは、「普通の」学生。
憲法9条にノーベル平和賞をの鷹巣直美は、「普通の」主婦。
中核派の西郷南海子は、「普通の」ママ。

笑ってしまうしかないが、朝日新聞が上記の人たちの素性を知らない
訳がない。知っていて「普通の」と書いているからたちが悪い。
扇動記事であり、ウソ記事である。お得意の捏造とも言える。

改めて言うまでもないが、朝日新聞は左翼のプロパガンダ紙なので
ある。当然、新聞などと呼べる代物ではない。

こんなものにカネを払っている人は、左翼活動家に活動資金を与えて
いるのに等しいことを自覚すべきである。


朝日新聞7月30日の社説「朝鮮学校判決 国は速やかに支給を」は
大阪地裁で朝鮮学校への就学支援金を支給するよう命じる判決が出た
ことを受けてのもの。

判決内容は裁判官の個人的思想を表しているとしか思えないが、今回
はその話ではなく、朝日新聞のいい加減さについて。

朝日新聞はこの判決を喜びいっぱいに報じている。しかし朝日新聞は
大きなことを忘れているようだ。

朝日新聞は3月1日に「森友学園 公教育を逸脱している」という社説
を載せている。内容は、森友学園が運営する塚本幼稚園の運動会で
「日本を悪者として扱っている中国、韓国が心改め、歴史でウソを教え
ないようお願いいたします」
「安倍首相がんばれ」
「安保法制国会通過、よかったです」
と選手宣誓をさせていたことを、「子どもの教育法として望ましい姿とは
とても思えない」と書いていた。

朝鮮学校
じゃあ、朝鮮学校の
「敬愛する金日成主席様」
「敬愛する金正日将軍様」
と書いてある教科書。
課外授業と称して「少年団」「朝鮮青年同盟(朝青)」への強制加入。
などなど。

これは「子ども教育法として望ましい姿」なのか?
「安倍首相がんばれ」はダメだけど、「敬愛する金日成主席様」は
「望ましい教育法」だと言うのか。まったく分からない。

朝日新聞は、
「教育の自主性を尊重するのか。問われているのは、社会のあり方だ」
とまで書く。つまり、
「敬愛する金日成主席様」は自主性なので尊重しなければいけないが、
「安倍首相がんばれ」は「子どもの教育法として望ましい姿とはとても
思えない」。
もう、支離滅裂だ!

朝日新聞のご都合主義は今に始まったことではないが、自分たちが
過去何を書いてきたかくらいは忘れるなよ。
そこまでして北朝鮮や朝鮮学校を擁護する姿は、滑稽さを通り越して
もはや哀れにさえ感じる・・・(涙)。


自宅の庭で白いアマガエルを見つけた。

白いアマガエル (1)
白いアマガエル (2)
白いアマガエル (3)
所々に黄緑色の部分も見受けられるが、色んな角度から見ても白い!

アマガエル
アマガエルと言えば、上記の写真のように黄緑色が普通。


これは突然変異(色素欠如)の貴種か!?
ちょっと調べてみたら、アマガエルってけっこう色が変わるらしい。
保護色ってほどではないが、周りの環境によって黄緑色、黄土色の他、
白っぽくもなるという。
本当の変異体なら、目が赤くなるらしい。

白い物干し台でたたずんでいる内に、白くなったということ。


朝日新聞・鮫島浩が、頭の悪さ全開ツイート。

安倍首相が内閣改造で、当初伊吹文明元衆院議長に文科相就任を
打診したと報じられていることに対して、
「三権分立に対する無神経さを物語るエピソードである」
とツイートした。

「三権分立に対する無神経さ」というなら、菅直人は法相に元参院
議長・江田五月を起用し、江田も受けている。
これはなんなの? 菅直人の「三権分立に対する無神経さ」は問題で
はないの? 鮫島は菅直人と相当親しいらしいので、「忖度」ですか。

つまり鮫島のツイートは、批判のための批判でしかないということ。

鮫島の他のツイートを見ても、新聞記者とは思えないほどの事実無視、
思い込みに終始する内容。なかなか一般人には理解しがたい思考
回路を持っているようだ(苦笑)。
ある意味、正直に自分の考えをツイートしているとも言える。

これだけ思い込みの激しい人間が、記事を書いたりチェックしたり
すると何が起こるかと言うと、
「福島第一(原発)の所員、命令違反し撤退、吉田調書で判明」
という曲解・ウソ記事に行き着くわけである。

鮫島は当時、特別報道部次長という立場で、このウソ記事に大きく
関わっている。

さすがに、これは朝日新聞も放っておけずに、記事を取り消している。
慰安婦「誤報」と一緒だったので、影に隠れちゃったけど。

さらには、原発事故にからむ除染に対して「手抜きが行われている」
とスクープしたのも、こいつのチームだ。
しかし、これも「週刊新潮」に「やらせ」と暴露されてしまった。
告発者に対して、手取り足取り朝日の女性記者が演出していたことが
ばれている。

こんなヤツが自分の偏狭な思想に基づいて、記事を書いたり書かせ
たりしている。そんな朝日新聞に真実など書かれていないことは明ら
かである。

関連
 「朝日新聞・鮫島浩の低レベルツイート

↑このページのトップヘ