Tigerdreamのまったりとスペシャル系

真面目なことから いい加減なことまで、適当に綴っているブログ

訪問ありがとうございます。クリックしてもらえるとうれしいです♫ ⇒ 
Tigerdreamの上州まったり紀行」もよろしく!


韓国旗
香港の財閥令嬢(と言われる)がインスタグラムに投稿した写真に、韓国人が
発⭕・火病っている。

韓国国旗・太極旗のパロディーというか侮辱というか。
国旗中央の太極文様はう⭕こに、四卦はハエに置き換えられている。
本人はインスタを乗っ取られたと釈明しているようだが(真偽不明)、韓国人は
猛反発。相変わらず感情的に総攻撃をしている。

中国は韓国へのTHAAD配備に反発し、ロッテへのいちゃもんに代表される
韓国攻撃を行っている。国家(共産党)主導での攻撃なので、一般国民は
共産党への忠誠を示さんがため、率先して行っている。

中国人の韓国旗毀損
サンドバッグに破れた太極旗が吊されている。みんなでパンチを繰り出した
んしたんだろう。

韓国人は自国の国旗が毀損されたことに大いに憤っているが、じゃあ自分
たちはどうなんだ?

韓国人の日の丸毀損 (1)
韓国人の日の丸毀損 (2)
各種デモなどで日の丸を燃やすことは当たり前。

韓国人の日の丸毀損 (3)
韓国人の日の丸毀損 (4)
入り口などの日の丸を敷き(描き)、入場者に踏みつけさせることも当たり前。

韓国人の日の丸毀損 (5)
幼児に日本を貶める絵を描かせ、空港に貼り出す始末。

自分たちは日の丸に対しこうのような扱いをしながら、自国国旗が毀損され
ると狂ったように騒ぎ出す。
自分がやられて嫌なことは、他人にもするなというのは基本的な道徳観だ。
韓国人に道徳観を持ち出してもムダかな・・・。

世界的にも他国の国旗を毀損することは、大変失礼なことである。
韓国人には「人の振り見て我が振り直せ」ということわざを贈ろう。中国人にも。

まあ、一部日本人も行き過ぎの嫌韓デモで韓国国旗の毀損が行われている例も
あり、改めた方がいいね。

ちなみに、日本でも韓国でも、他国国旗を燃やすなどの毀損行為を行うことは
刑法で禁止されている。もちろん刑事罰がつくから気をつけてね。。


東京新聞の佐藤圭と言えば、言わずと知れた新聞記者を名乗る左翼
活動家。こんなのがジャーナリストを気取っていること自体、日本の
報道の自由・言論の自由を示す好例だ。

そんな佐藤が、左翼にありがちな「お花畑」っぷりを披露してくれた。
4月28日のツイート。
「朝鮮半島有事だったっけ? 何にもないじゃん」
同じく
「ミサイル発射の『情報』だけで東京メトロが止まるとは」
4月29日。
「今後は各交通機関が横並びで、ミサイル発射報道のみでストップする
のだろうか。ラッシュ時にやられたら大混乱だ」

最初のツイートは、アメリカが北朝鮮を空爆するのでは? と懸念されて
いたが、空爆はなかった後のもの。

2つ目、3つ目は、北朝鮮のミサイル発射情報を受け、東京メトロが
運行を一時見合わせたことに対するもの。

いやはやお気楽なツイートだ。佐藤は危機管理の「き」の字も分かって
いない。万が一のことに備えて対応するのが危機管理だ。
何かあってからでは遅いのだ。

米軍の空爆の件は、何もなかったのならそれで良かったではないか。
東京メトロの対応も、乗客の安全を考えれば当然だ。ましてや、地下鉄の
駅構内はシェルターの役割を果たすため、多くの人が避難してくる恐れ
もあるから、安全や混乱の防止を考えれば問題ない対応だ。

ラッシュにやられたら迷惑だとか、なんて呑気なことを言ってるんだ!
だから左翼は「お花畑」などと揶揄される。

それに、東京メトロに文句を言うのはお門違い。緊張の元を作っている
(ミサイル発射を繰り返す)北朝鮮に言え! と言いたい。

最悪の事態に備えて対応する、そんな当たり前のことも分からない。
しかも、それを批判に結びつける。どうしようもないね。

こんなヤツが新聞記者を名乗っている。こんなヤツが記事を書いている
東京新聞も新聞と呼べるものではない。4月25日には
「不安を煽るだけ?」と大見出しで政府の北朝鮮のミサイル発射対応を
批判している。

どっかで見たなと思ったら、朝日新聞もほぼ同じことを言っていた。
(「朝日新聞が『危機を煽るな』とおっしゃっているぞ(笑)」参照)

さらには朝日新聞は韓国・総合ニュース、東亜日報の記事を引用する
形で、東京メトロの運行一時見合わせを「大げさに振る舞う」と伝えた。

「お花畑」友達の友情は厚いといったところか(笑)。


民進党の山尾志桜里は「テロ等準備罪」に関して、
「共謀の段階で自首すれば、自首した人間だけが刑が軽くなる。共謀の
段階で裏切って密告するのを推奨している。密告を推奨する法案は
問題だ」(要約)
だそうだ。

まるでテロリスト目線での話だな(苦笑)。
反対のための反対をしているうちに、訳が分からなくなっているようだ。

「密告社会」は問題だと言いたいのだろうが、論点がおかしい。
旧東欧諸国や、現在の中国、北朝鮮で行われている「密告」と同列に
扱うこと自体が異常だ。

テロ等を計画している犯罪者が、「密告」することでテロ(犯罪)が未然に
防止できることも問題なのか?

そりゃテロリスト側からみれば、仲間から裏切り者が出れば大問題だろう。
自首すれば刑が軽くなると聞いて、裏切りが多発しても困るだろう。
山尾が言っていることは、こういうこと。つまりテロリストの代弁をしている
ことと何ら変わりない。

一般的な「密告」という言葉のイメージで、印象操作をしようとしたんだろう
が、なぜかテロリスト目線になってしまい、逆に山尾って何? と思われる
結果になったってこと(爆)。


朝日新聞政治部次長・高橋純子が、また頭の構造を疑われる文章を書い
ていた。

4月24日の政治断簡「スットコドッコイと愛の行方」。
本人は「うまいこと書けた」と思っているのかもしれないが、読むに堪えない
駄文だ。もし金を払ってこんなものを読まされたら、即刻購読をやめるだろう。
朝日新聞の読者って、やさしいね。

この中で、高橋は作家の百田尚樹氏が指摘した
「(朝日新聞は)北朝鮮からミサイルが日本に落ちても、一発だけなら誤射
かもしれないと書いた」
との件に対して反論というか見解を書いている。

ちなみに、朝日新聞の記事は
Q ミサイルが飛んできたら?
A 武力攻撃事態ということになるだろうけど、1発だけなら、誤射かも
  しれない。
という武力攻撃をQ&Aで解説したもの。

高橋が言うには
「北朝鮮を含め具体的な国や地域名は出てこない。一般論として、武力
攻撃事態の線引きは難しいということをQ&Aで解説する記事だった」
とのことだが、次のQ&Aでは
Q 不審船は?
との質問に答えているので、北朝鮮を想定していることは明らかだ。

まあ、北朝鮮を想定したものでも一般論でもいいけど、これが朝日新聞の
本音である。ミサイルが飛んできても1発なら許容せよ、と言うこと。
国家主権が脅かされても我慢しろ。被害が出ても我慢しろ。うかつに反撃
するな、話し合いをしろ、と言うこと。

普通の国民には受け入れらない論理である。
高橋は疑問も持たずに「一般論」などと言えば事足りると考えているようだ。
おぉ~、こわ!

突然1発顔面を殴られて、歯が折れ鼻血が吹き出しても
「1発では誤打かもしれない」
と考える一般人がどれくらいいるだろうか? 普通の人なら
「なんだ! この野郎!!」となるだろう。
大げんかまで持って行くかは別にして、「誤打」と考え「何ですか??」
と聞く人は、まずいない。

こういう非常識な論調を平気でする朝日新聞。その中で訳の分からない
駄文を毎回載せる高橋。新聞記者って、お気楽なもんだ。


朝日新聞はつくづく教育勅語が嫌いらしい。
まあ、別に嫌いでもまったく構わないのだが、道徳観まで否定しちゃう
のは、その人間性のなせる技なのか?

朝日新聞論説委員・大野博人が「4拍子のワルツで踊る教育勅語」と
いうコラムで、独特の道徳観を示している。

大野は言う。
「親を大切に、兄弟姉妹も夫婦も仲良く、友情は大事に・・・。うんざり
するほどありふれた徳目」
「これ(教育勅語)を聞かされて『伴侶やきょうだい、友人とは仲良くしな
きゃいけないんだ』とあらためて目覚める人がいるのだろうか」

改めて目覚めるとかいうものではなく、日本人としてというか人として、
その心の奥底に常に備えていなければならないものだと思う。
オレが思うに、「無意識の自覚」というようなもの。

大野はさらに言う。
「こんな徳目を掲げたからといって外国の人たちが感心するとは考えにくい」
「(これらの)徳目で外国から尊敬を集めようなんて、虫がよすぎる」

道徳観は各国様々だろうが、大元にあることは変わらないと思う。
当たり前のことを当たり前に考える、ということでしかない。

教育勅語をなんとか否定しようとして、人間として持ち合わせてないといけ
ない素養の部分まで否定している。
大野の低俗な人間性を表していると言えばその通りか。

その割には、朝日新聞は「近隣諸国(=ご近所さん)と仲良く」的な論調を
盛んに行っていることに対して、大野はどう考えているんだろうか?

教育勅語は天皇制と絡めて、結局は天皇のために死ねと言っていると
批判されるが、その部分のみ強調して全体を否定するはいかがなものか。
徳目の部分だけなら否定する日本人は少ないだろう。
全肯定するのも全否定するのも良くないのでは? と思う。

ところで、大野の言う4拍子というのは「挑発」「釈明」「犠牲者の振り」
「勝利」だそうだ。
教育勅語は素晴らしいと「挑発」。批判を浴びると「釈明」。メディアが
戦前回帰などと印象操作していると「被害者振る」。教育勅語を授業で
使っても構わないと閣議決定し「勝利」だって(笑)。

どこかで見たロジックだと思ったら、朝日新聞自身のいつものロジック。
慰安婦を強制連行したと「挑発」。強制連行の証拠はないと言われると
広義の強制性はあったとか、女性の人権問題だと「釈明」。捏造批判
されると、不当な攻撃を受けているなどと「被害者振り」。開き直って
これからも報道し続けると「勝利」。
本多勝一もそう、植村隆もそう。朝日新聞関係者はみんなそう。

知らず知らずに自分たちが日頃使っているロジックになっている(笑)。
ということで、コラムの本題は「4拍子で踊る朝日新聞」だな。

大野は最後に無意識に自分たちの未来を予言している。
「4拍子の変なワルツに誘われて踊りだすのはやめよう。必ずずっこける
から」(爆)


4月27日の産経新聞に
「東北で良かった・・・東京の皆さんの本音ではありませんか?」
というコラムが載った。しかも1面。
書いたのは伊藤寿行という記者。東北特派員という肩書きがついている。

今村前復興相の「失言」に絡んでのものだが、非常に失礼な文章だ。

今村の発言を「被災地以外の国民の本音を映し出している」と言い、
今村=東京都民=東北以外の日本人
という図式を作り上げ、国民全体を蔑んでいる。

どこかで見たロジックだと思ったら、朝日新聞をはじめとした左翼マスコミ
が言う「沖縄差別論」。本土が沖縄を差別・蔑んでいるという論調と何が
違うのか?
ほとんどの国民は、今村と一緒にするな! と思うだろう。

災害が多いのに「お上の防災対策は不十分で、国民の危機意識も高ま
らない」と嘆くが、政府批判を交えるところが、どこの新聞の記者かと
思ってしまう。

未だに風評被害をまき散らしている団体・個人も多い。
メディア自身が、結果的にそれに荷担しているケースも見受けられる。
朝日新聞など一部メディアは、レアケースを持ち出して「今も福島は・・・」
的な論調をする。朝日新聞は自身が風評被害をまき散らしている自覚すら
ないだろう。
産経新聞がどうだこうだとは言わないが、メディア人としてどう考えて
いるんだ!

伊藤は「結局人ごと」とも言うが、では産経新聞は何をしてきたのか?
伊藤は何をしてきたのか?
記者という公的に発信できる立場にいるのに、失言を嘆くだけか?
しかも、被災地以外の日本人はみな「人ごとだと思っている」とは何だ!

あなたも「東北で良かった」と思ってませんか、だと?
思ってないわ!!!!!


今村前復興相は国会議員を辞めた方がいいね
舛添くん 辞めなさい
維新の党・松野は反省という言葉を知らないようだ
相変わらずの不明朗な政治資金の使い方 その2
相変わらずの不明朗な政治資金の使い方
朝日新聞が小渕優子の第三者委員会を批判する愚かさ
松野明美が熊本県議に当選!
小渕優子事務所の悪質さ
山本一太 vs 中曽根康隆
小渕優子のせいじゃないが、福田派も中曽根派も小渕が嫌い
小渕優子は「進むも地獄 退くも地獄」だ
小渕優子が首相候補???
蓮舫vs松島法相のうちわ論争は蓮舫の勝ちだが・・・
憲法問題の最高責任者は内閣法制局長官か??
小泉純一郎も現実が見えてきたようだね(笑)
スポットライト症候群・小泉純一郎の妄言
雑感 参議院選 その4
雑感 参議院選 その3
雑感 参議院選 その2
雑感 参議院選
あまりにもくだらない質問主意書
公明党 甘え過ぎだ!!
議会の品位って何だ??
自分が当選したいために国民新党を解党?
やっぱり議員定数削減なんてやる気がないのね
土建屋国家のクソ政治屋!
とんだ茶番だ!
さっそく分裂か? 日本未来の党
自民党 勝ち過ぎだろぉ~
橋下徹人気には驚いた!
立川明日香はトイレを流さない(笑)!
橋下新党に幻滅
何をのんきなこと言ってるんだか・・・
甘い甘い谷垣禎一・自民党総裁
立川明日香って誰?? その3
「鳩山由紀夫よ 恥を知れ!」 by 野中広務
立川明日香って誰?? その2
立川明日香って誰??
国会議員が自ら身を削るなんてできる訳がない
比例代表連用制なんてアホもいいとこ
早く国会議員定数を減らしてくれ
歴代首相(平成)の評価点
相変わらずの政治混迷
いろんな政治活動があるもんだ その3
いろんな政治活動があるもんだ その2
いろんな政治活動があるもんだ
ここまで腰ぬけだと笑っちまう!
国会議員歳費の日割り化 その2
国会議員歳費の日割り化


今村前復興相
今村雅弘復興相(当時)は自身が所属する二階派のパーティーで、
「(東日本大震災は)まだ東北で、あっちの方だったから良かった。
首都圏に近かったりすると莫大な額になった」
という趣旨の発言を行い、責任をとって辞任した。
辞任というより更迭と言った方がいいかも。

同じパーティーに出席していた安倍首相が、すぐさま
「東北の方々を傷つける極めて不適切な発言があった。総理大臣として、
まずもっておわびさせていただきたい」
と陳謝したことを考えると、更迭なんだろう。

しかし、どういう神経をしてるんだろう。復興相という立場を考えても
国会議員ということを考えても、あり得ない発言だ。

まあ、首都圏で災害が発生した場合、膨大な被害が発生することを
言いたかったのだろうが、そのためにどういう対策・対応を行うかを
考える立場の人間だからなおさらのアホ発言だ。

4月上旬にも記者会見で「激高」したとして話題になったが、その時は
絡んできた記者の悪意ある質問に乗せられた面もあると思っていたが、
今回はこいつの本質が露わになったということで、弁解の余地はない。

今村前復興相は九州比例区選出。比例区名簿31位だったが、自民党の
大勝で当選している。選挙区・佐賀2区が3区と合区になったからのよう
だが、それにしても現職で31位ということは、その程度の人物と自民党
本部からはみられていたということ。

ラッキー当選で、しかも在庫一掃処置で大臣になれたんたんだから、もう
思い残すこともないだろう。ただちに国会議員を辞職して佐賀に帰ることを
お勧めする。


朝鮮半島情勢がきな臭いが、朝日新聞は「冷静に」いつもの論調だ(笑)。
お得意の「危機を煽るな」と忙しい。

4月21日の社説余滴「『緊張高まる韓国』なのか」は朝日新聞の相変わ
らずの「お花畑」っぷりを表している。
書いたのは国際社説担当の箱田哲也という論説委員。

箱田が言うには
「一部の日本メディアが伝える『緊張が最高潮に達する韓国』というのは
どうか」
「緊張『させる』ためにかなり取材に苦労しているのではないかと推察する」
「日本側の興奮ぶりが異様に映る」
だそうだ。

つまり、一部日本のメディアが「緊張を煽っているだけ」と言っている。
確かに、明日にでも朝鮮半島で戦火が開かれ、日本にも大きな影響が出る
などと大騒ぎするのはよくない。
しかし最悪の事態に備えるのが危機管理の第一歩だ。

最悪を想定した対処を行い、何もなければ良かったで構わないのだ。
何かあってからでは遅いのだ。

箱田が「韓国は危機など感じていない」例として自分の「お友達」を挙げて
いるが、こいつの近くには似たような甘ちゃんしかいないだろう。
言い換えれば「親北朝鮮派」。

さらには、こういう記事中にも安倍批判を盛り込むのも朝日新聞らしい。
「ミサイル発射で大騒ぎするのは、安倍政権が『森友問題から国民の目を
そらさせたいからだろう』」
ここまでくると、何が目的の論評なのか分からなくなってくる(苦笑)。

つくづく呑気でいいなぁ。
繰り返すが、何かあってからでは遅いのだ。いろいろな事態を想定し
対処するのが危機管理だ。

「報道する側が冷静さを欠いたり、根拠の薄い予見で報ずるな」という
が、大甘な予見で「楽観論」を口にするのも慎むべきだろう。


朝日新聞・新ポリティカにっぽんとか言うコラムに、OBの早野透が
書いていたので読んでみた。
タイトルは「国有地は、国民みんなもの」。

森友問題を扱ったものだ(と思う)が、なぜか「教育勅語」の批判から
始まる。しかもコラム半ばを過ぎても、まだまだ批判が続く。
さらには教育勅語批判に、森友学園が運営する塚本幼稚園が混ざり
始めた。

国有地払下げがテーマではないの?
で、やっと払下げに言及したかと思えば、籠池氏の発言に基づき自らの
ストーリーを披露。しかも、これがありきたりの「忖度論」。

つまんねえコラムだなと思いつつ読み続けると、締めはまた「教育勅語」
批判。これに稲田防衛相批判を絡めてお終い。

なんだこれ??
長いわりに内容がなく、結局「教育勅語批判」「忖度」しか出て来ない。
しかも、その前提は籠池発言のみ、自ら何かを取材した風でもない。

まあ、朝日新聞が何を書こうがどうでもいいが、朝日新聞が国有地の
払下げを語るなら、まずは自らの「社屋」について語ってからにしろと
言いたい。

自らは約4分の1の値段で払い下げを受けているにもかかわらず、それ
には無視を決め込み、「国有地は、国民みんなもの」などというタイトル
で訳の分からないコラムを平気で書く。

朝日新聞お得意の「自分のことは棚に上げて」だが、説明を求める声が
大きくなったら言うんだろうな。
「読売新聞もそうだ。うちだけが批判される覚えはない!」

大笑いしそうだ。


民進党の小西洋之が
「私は共謀罪が成立すると本気で国外亡命を考えなければならなくなる
と覚悟している」
とツイートした。

はぁ~???
どうやら、自分が安倍内閣を追求しているので、迫害されるとでも思って
いるようだ(苦笑)。それとも捕まるようなことをやってるの?

相変わらずだな、こいつは。
自意識過剰というか、自分の器を分かってないというか・・・。
どっちにしろ、アホだな。

だいたい亡命って、相手国が受け入れてくれることが前提だぞ。
小西? あっ、日本を代表する勘違い野郎ね。帰れ!で終わり。

それに、どこの国に行こうとしても「国際組織犯罪防止条約」は世界の
182国が締結されており、イラン、南スーダン、ソマリア、コンゴ共和国、
ツバル、フィジー、ソロモン諸島、パラオ、パプアニューギニア、ブータン
以外は、テロリストが共謀段階で捕まるけどね。

まあ何でもいいけど、こいつのような議員(以前に人間としても)は日本
には不要なので、どこの国にでもさっさと行ってくれ。
その方が日本のためでもある。

小西の他国亡命をみんなで応援しよう!


KY事件
平成元年(1989年)4月20日の朝日新聞夕刊一面に
「サンゴ汚したKYってだれだ」
との捏造記事が載った。

そう4月20日は「朝日新聞KYの日」なのだ。
朝日新聞の数々の捏造記事のうちのひとつだが、朝日新聞の体質を
よく表している。

記事中で
「80年代日本人の記念碑になるに違いない。百年単位で育ってきた
ものを、瞬時に傷つけて恥じない、精神の貧しさの、すさんだ心の・・・」
と日本人を蔑む。

カメラマンの愚行もさることながら、ろくな調査もせず全否定。
否定しきれなくなると、元々あったKYをなぞっただけと言い訳。
そして最後は無傷のサンゴに傷をつけたと謝罪。
ここまで1ヶ月も要している。
(慰安婦捏造の30余年を考えると早いともいえるが・・・)

2000年代に入っても、朝日新聞の
「恥じない、精神の貧しさ、すさんだ心」
を見ているオレたちからすれば、朝日新聞はこの事件からまったく何も
学んでいないことを、よく知っている。
こういうバカなことをしておきながら、何の教訓にもしていない。

だから、日本人は朝日新聞の「サンゴ事件」を忘れてはならない。
朝日新聞が廃刊になるまで、決して忘れてはならない。


千葉県の小学生殺害事件で、近隣住民から取材を断られた共同通信の
20代の記者が、住民宅の壁を蹴り上げるという蛮行を犯していた。




住民宅の防犯カメラにバッチリ映っており、余りの非常識さに憤ったの
だろうが、住民は「地域全体の気が滅入っている中、良識的な取材を
切に願います」というコメントとともに動画をSNSにUPしていた。

ポケットに手を突っ込んで、態度も悪いが頭の悪さも明かだ。とても
記者とは思えない。その筋の人と言われても違和感はない。
まあ、紙一重なんだろうけど。

当該記者と幹部が住民へ直接謝罪を済ませたようだが、左翼記者の
傲慢さを表す良い例だ。左翼記者だけではないかもしれないが。

取材を受けるのは当然だ! 断るなんてふざけるな! という傲慢さ。
こういうヤツがいるから「マスゴミ」なんて言われる。

こんなクズ記者が偉そうな記事を書く。こんなクズ記者を飼っている
通信社が偉そうに世論を誘導する偏った記事を配信する。
世も末だ・・・。

共同通信は、総務局名で
「許されない行為であり、ご迷惑をお掛けした方に深くおわびします。
本人を厳しく指導するとともに記者教育を徹底します」
とのコメントは出しているが、自社HP、ニュース配信サイトでは知らん
プリをし報じていない。本当にクズ通信社だ!

ちなみに本件に関し、読売、毎日、産経、東京の各紙は報道しているが、
朝日新聞のみスルーしている(いづれもWeb版)。朝日もやっぱりクズ!

こんなヤツをどう教育・指導するのか見物だが、まあ無理だろう。
特権意識凝り固まった連中は、そう変われるものではない。

*住民は共同通信の謝罪を受け、動画をすでに削除している。
 「真摯に謝っておられましたし、社としての打撃もありますから私と
 しては寛容な処分を祈るのみです」とコメントしている。
 しかし現在もコピーされた動画が広く出回り、閲覧可能となっている。


民進党・野田佳彦幹事長は、ネット上で民進党への批判が厳しいことに
対して、「我々に非常に厳しく、自民党に非常に甘い状況が生まれている」
と話した。

自民党に甘いかはさておき、民進党に厳しいのは当然だ。
国会審議を見れば明らかなように、揚げ足取り、レッテル貼り、反対の
ための反対。さらには、自分たちの過去の言動をすっかり忘れ、見事な
までのブーメラン投法。そして自身に突き刺さる。
こんなので、どうすれば高評価が得られると思っているのか?

野田は「発信だけでなく、批判を受け止めることが大事だ」とか、殊勝な
ことを言っているが、現実はどうだ?

少しでも批判されると、ツイッターなどでブロックしまくる民進党議員。
なんと、代表の蓮舫、民進党公式アカまでもブロックをしているではないか。
その他、菅直人、細野豪志、有田芳生、小西洋之、辻元清美、金子洋一、
小西洋之、寺田学、宮崎岳、玉城雄一郎など数知れない。
(多分、もっとたくさんいるだろう)

昔のように左翼メディアのフィルターのかかった情報しか手に入らなかった
時代と違い、ネットの広がりで自ら情報を判断できるようになった。

つまり、民進党は左翼メディアのフィルターに保護された「井の中の蛙」
状態だっただけのこと。

野田は「みんなで声を傾ける運動をしていかなければいけない」とも言って
いるが、それなら議員に「ブロックを解除して国民の生の声を聞け」と指示
を出してみろ。

まあ、そんなことを言っても「発信力の弱い野田には批判も来ないからだ」
とか有田や小西に言われないようにしろよ(笑)。


民進党は4月6日に「『共謀罪』対策本部」を設置し、その本部長に枝野
幸男が就いたという。

悪い冗談、ギャグでしかない。
だって、枝野は革マル派が支配している(と言われる)JR東労組とズブ
ズブの関係だからだ。

JR東労組に関しては、旧民主党政権(鳩山)時でさえ
「革マル派活動家が相当浸透している」
と閣議決定するほどの組織である。
(「民主党が革マル派との密接関係を隠さなくなってきた」参照)

枝野は、そんなJR東労組と政策協定を結び、献金まで受けている。
当然、民進党にはJR東労組も加入するJR総連出身の議員がいる。

テロ行為を繰り返す極左暴力集団・革マル派と仲の良い枝野が本部長
ってことは、特定の意図があるのではないかと疑ってしまう。

「内心の自由を侵す平成の治安維持法」などとレッテル貼りに忙しい
民進党だが、実際は国民ではなく特定組織を見ているのでは?

まあ、上記は少し穿った見方かもしれないが、民進党が普通の国民から
見放されていることは明らかだ。
(「民進党は国民から見放されていることを自覚せよ!」参照)

革マル枝野
だから枝野が自身の選挙区・埼玉5区内の与野駅前で街頭演説を
しても、誰も立ち止まってさえくれないのである。

日本ためには、国民のためにはという、ある意味単純な発想が無い
政党が、国民政党として生き残れるはずもない。
当然、政権に復帰するなんて、夢のまた夢だ。

↑このページのトップヘ