Tigerdreamのまったりとスペシャル系

真面目なことから いい加減なことまで、適当に綴っているブログ

訪問ありがとうございます。クリックしてもらえるとうれしいです♫ ⇒

Tigerdreamの上州まったり紀行」もよろしく!


群馬県立公園「群馬の森」の朝鮮人追悼碑をめぐる訴訟について2回ほど書いたが、朝日新聞が社説で取り上げていたので、それについて。
 「群馬の森の朝鮮人追悼碑問題
 「上毛新聞記者の余りのレベルの低さに唖然

2月18日の社説「追悼碑判決 安易な規制への警鐘だ」がそれ。判決の中身は以前書いた通りなので省き、朝日新聞の変な言い分について。朝日新聞は、
「憲法や歴史認識など論議を呼ぶ問題にかかわるのは避け、なるべく封じ込めたいという、近年、自治体などに広がる空気の表れだろうか」
と嘆くが、まやかしだ。

政治的中立であるべき自治体が、特定思想の「善し悪し」を論じたら朝日新聞は何と書くだろうか? それが右側・保守側だったら、目くじら立ててがなり立てるだろう。「自治体は政治的に中立であるべきだ!」ってね。

また、朝日新聞は「表現の自由が揺らいでいる」と何の進歩もなく言う。今回の問題は表現の自由の問題ではなく、設置条件を守っていたか否かだけ。「碑を守る会」側が「政治的行事」をした言い訳に「表現の自由がぁ~!」と主張しただけの話。

本質をはき違えるな! と言いたい。

朝日新聞の思想に沿った意見は「表現の自由」だが、反対の意見は「ヘイトスピーチ」だ。朝日新聞の思想に沿った内容が規制されると「息苦しい社会」だ。このような見苦しい論調はもうやめたらどうだ。同じ内容でも言う団体・個人によって評価が180度変わる朝日新聞。だからダブスタだと言われる。

判決は確かに「更新不許可取り消し」だが、本質は約束を守っているか否かでしかない。守ってないと認定されたのに敗訴した群馬県側の裁判手法のまずさだけ。これを「表現の自由」だとか「息苦しい社会」などと話を広げ、印象操作するような社説はいつものこととは言え、朝日新聞らしいと思ってしまう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


群馬県立公園「群馬の森」の朝鮮人追悼碑をめぐる訴訟について感想を書いたが(「群馬の森の朝鮮人追悼碑問題」)、それを報じた地元紙・上毛新聞の記事があまりにも内容がなく、新聞としてのレベルの低さが見て取れる。

特にひどいのは、報道部・関口健太郎記者が書いた「解説」。解説でも何でもなく、判決内容をなぞっただけの代物。よく「解説」などと名付けたものだ。

判決内容以外の言及は自身の感想(約40文字)とありきたりの「県民の理解を得られるよう云々」の約40文字。判決(文)から何が読みとれるのかみたいなものは一切なし!

よく恥ずかしげもなく署名入りで書いたもんだ。まあ、日頃の紙面はほとんどが共同通信の配信記事で、群馬県ネタをほのぼの書くだけの新聞だから、記者のレベルが低いのもしょうがないんだけど(苦笑)。

地方紙にありがちな共同通信の左翼記事ばかり目にするから、記者連中が左側に流れるのは多少致し方ない面もあるが、今回のは記者の能力自体がないことを見事に証明した形だ。

最近、いろんな記事に「記者の視点」(だったかな?)みたいなのを付けだしているんだけど、これも呆れるほど内容がなく「小学生の感想文?」と思われるものばかり。しかも、それを顔写真付きで載せてるんだから、何を考えているんだか・・・。

こんな新聞に毎月3000円以上払っているのは、本当にバカらしいことなんだけど、お悔やみ欄だけは県内一なのでしょうがないんだよな。

このエントリーをはてなブックマークに追加


平昌五輪が閉幕した。北朝鮮の韓国懐柔のための五輪のようになってしまったのは、文大統領の情けないほどの浮かれまくりだ。特に金正恩の妹・与正に傅く姿は、かつての宗主国・中国皇帝さまを迎えた朝鮮王のようだった(苦笑)。

その与正が南北首脳会談を呼びかけると、文はうれしさの余り卒倒せんばかりの有様だ。北朝鮮の言う「南北対話」は「核ミサイル完成までの時間稼ぎ」でしかない。こんなことは「ド素人」でも分かる。

まあ、そんな話はさて置き、この問題を各紙がどう報道したかというと。
読売新聞社説。
「看過できないのは、(文大統領は)北朝鮮に直接核開発の放棄を求めなかったことだ。自ら非核化を迫らねばならないことを認識すべきだ」

産経新聞主張(社説相当)
「拙速に南北対話を進めることは、国連から制裁を科されている正恩に救いの手を差し伸べるに等しい」

毎日新聞社説
「南北首脳会談を必要としているのは北朝鮮である。そこを見誤ると核を温存したまま国際包囲網を突破しようとする北朝鮮に手を貸すことになってしまう」

読売、産経は当然のことだが、毎日まで普通のことを言っている。そりゃそうだ、「ド素人」でも分かる北朝鮮の意図だからだ。

ところが、朝日新聞社説。
「北朝鮮の狙いがどうあれ、南北の指導者による直接の話し合いはあるべき姿だ。同じ民族同士が少しでも和解を進め、対立の構図を変えていく努力が望ましい」

朝日新聞は相変わらず話し合いが重要だと言っている。でも、これこそが時間稼ぎがしたい北朝鮮の思惑通りなのに。

北朝鮮が話し合いのみで核開発を放棄することは、絶対にあり得ない。そんなことを本当に信用しているとしたら、朝日新聞は相当なお花畑。

しかし、朝日新聞が北朝鮮の思惑が分かってないとは思えない。分かっているのに言っている。つまりは、北朝鮮に核ミサイルを完成させたいというのが朝日新聞の本音なのでは。

この問題は日本の安全保障の問題でもある。にも関わらず、北朝鮮には核を作って欲しい、日本の自衛力は低下させたい。どこの国の新聞なんだ。

早く潰れろ!

このエントリーをはてなブックマークに追加


平昌五輪閉幕 日本は過去最多のメダルを獲得
韓国・キム・ボルムが銀メダルも土下座で謝罪?
エステル・レデツカ 本職スノボS大回転でも金メダル
スピードスケート・マススタートで高木菜那が金メダル!
カーリング女子 見事な銅メダル!
女子パシュート 五輪新で金メダル!
スマイルジャパン トータル2勝3敗で6位
スノーボーダーがアルペンスキーS大回転で金メダル
クロスカントリー出場のメキシコ選手はスキー歴1年
上半身裸のトンガ代表 「東京五輪にも挑戦する」
やったぁ~っ! 小平奈緒 金メダル!
羽生2連覇の金! 宇野も銀のワンツーフィニッシュ!
さすが羽生! SP首位 宇野も3位
W表彰台! 小平奈緒は銀メダル、高木美帆は銅メダル
複合個人ノーマルヒルで渡部暁斗が銀メダル
スノボHPで平野歩夢が2大会連続の銀メダル
金正恩似の兄ちゃん つまみ出される(笑)
ショートトラックで中韓がまたもめてる
スマイルジャパン 五輪で初勝利!
「おめでとう!」高梨沙羅が銅メダル
高木美帆 スピードスケート女子個人初の銀メダル
男子モーグル・原大智が銅メダル!
平昌五輪が開幕
韓国はオリンピックを政治利用するな!
韓国が帰化させた欧米人アスリートの結果はいかに
北朝鮮に振り回される韓国の情けなさ

このエントリーをはてなブックマークに追加


閉会式 (1)
平昌五輪が閉幕した。開幕前・直後あたりは、政治臭が漂い過ぎてどうなることかと思ったが、始まってしまえば選手が主役。いろんな不手際もあったけど、まあ何とかなった印象。

閉会式 (2)
小平奈緒が旗手を務めた日本選手団。

閉会式 (3)
閉会式 (4)
閉会式 (5)
閉会式 (6)
日本選手団は、過去最高の成績を残してくれた。
金メダル4個、銀メダル5個、銅メダル4個の計13個は、地元開催だった長野を大きく上回る史上最多のメダルを獲得。

それにしても金メダル4個はすごい成績だ。特にそのうち3個は女子スピードスケート。前回ソチはメダルゼロだったと思うので、すっごい躍進だ。もちろん、メダルの数がすべてではないし、出場選手全員が大いに頑張った結果だと思う。

個人的には、高梨沙羅がメダルを取れて本当に良かった。ソチの泣きじゃくる姿が今も思い浮かぶ。

ところで、あんまり認識がなかったけど次は北京。その間の2020年には東京五輪もある。東京五輪まであと2年かぁ。時が経つのは早いね。

このエントリーをはてなブックマークに追加


2月24日に藤岡ゴルフクラブに行っていた。今年の初打ち。

藤岡GC
2月の朝は寒い! 底冷えする寒さ。足や指先がかじかむ。日中は暖かくなる(15℃くらい)予報だったが、朝早いスタートだったので、その恩恵には・・・。

Kさん
Aさん
Yさん
いつも一緒にラウンドさせてもらっているKさん、Aさん、Yさん。
今年もよろしくお願いします。

オレ的には、寒かったことを言い訳の全面に出すが、10年ぶりくらいの3桁スコア。ちょっとショック! ショット自体はそんなに悪くなかったけど、スコアにまとまらない典型的なド素人ゴルフになった。トリプルボギーが5回もあると、スコアにならないのはしょうがないかな。

まあ、昨年末にアプローチ系のクラブを1本購入したので、それの練習みたいになった。まだ慣れてないので、なかなかうまくいかない。練習してから行けと言われるとそうなんだけどね。

ここ数年、少しづつゴルフに行く回数が増えてきたので(昨年は6回)、今年も楽しくやっていきたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加


団体パシュートで、遅れた選手に責任転嫁するような発言をし、韓国国内から批難され、記者会見で謝罪してもさらに批難されるという苦境にあったキム・ボルムが、マススタートで銀メダルを獲得した。

キム・ボルム
韓国旗・太極旗を持ってウイニングランの途中、土下座のような格好で客席に頭を下げた。
「メダルについての考えより、申し訳ないという感情しか今はない」
とコメントしているので、謝罪の意思だったのかなぁ。 

キムはその言動などから、大統領府に代表資格の剥奪を訴える声が60万件以上も寄せられるという事態になっており、相当辛い状況だったと思う。個人的には、あの状況下でよくメダル取ったなぁと思うので、韓国国民もその頑張りは認めてくれるのでは?

ところで、朝日新聞はキムの動作を「ひざまづいた」と表現し、土下座前の姿の写真を掲載している。つまらない韓国への配慮に見えて、気にいらない。相変わらずの印象操作を五輪記事でもやっている。どしようもない新聞だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


アルペンスキーのスーパー大回転で金メダルを獲得し世間を驚かせたエステル・レデツカが、本職のスノーボード・スーパー大回転でも金メダルを獲得した。前人未踏の「二刀流」を達成した。

エステル・レデツカ (1)
エステル・レデツカ (2)
2歳からスキー、5歳からスノボを始めたレデツカは、「どっちもやるのは無理だ。高いレベルにいきたければ、どちらかに絞るべきだ」と言い続けられたという。

どっかで聞いたことがある言い回しかと思ったら、一部野球評論家が大谷に行ってることと同じだ。まあ、これはこれで尤もなところもあるけど。

レデツカの話に戻すが、どちらも諦めずに両競技でW杯に出場するほどの選手に成長。今大会も、アルペンスキーとスノーボードでの出場を果たし、しかも両競技で金メダルを獲得するという離れ業を達成してしまった。すごいの一言しか思い浮かばない。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スピードスケートの女子マススタートで高木菜那が金メダルを獲得。団体パシュートに続き、今大会2個目の金メダル。

高木菜那 (1)
高木菜那 (2)
高木菜那 (3)
スピードスケートの最終種目となったマススタートでも、日本女子の勢いは衰えず、高木菜那が2個目の金メダル。同一大会で2個の金メダルは、夏季・冬季通じて女子初の快挙!

妹の美帆は五輪前から期待も大きかったが、姉も大活躍だった。姉妹で金3個、銀1個、銅1個を獲得、ご家族の喜びはいかに。

マススタート
今大会から実施されたマススタート。多人数が一斉にスタートし16周滑るもの。持久力、駆け引き、スパート力が必要とされると言うが、競輪を思い出してしまった。でも、これって面白いか?

このエントリーをはてなブックマークに追加


カーリング女子は3位決定戦でイギリスを破り銅メダルを獲得した。日本カーリング史上初のメダルである。

カーリング (1)
カーリング (2)
カーリング (3)
予選4位で決勝トーナメントに進出した日本は、準決勝では惜しくも韓国に敗れたが、3位決定戦で勝利した。

北海道なまりの「そだねー」がかわいいなどと人気になっていたが、その実力も証明した。また、YouTubeやインスタなどに子ども達がカーリングのまねをする動画も多数投稿されており、ちょっとした「ブーム」にも。

でも、確か長野五輪の時もそんなことがあったような気もするので、今後も継続して人気競技になっていけるかってところかな。

カーリングの奥深さなどまるで分からないオレは、試合時間が長いこともあり、ほとんど観ていない。

ところで、代表は「LS北見」の単独チームだが、なぜカーリングは選抜の日本代表チームを作らないのだろうか? 男子も単独チーム。それだけチームワーク優先ってことなのかなぁ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


群馬の森 朝鮮人の碑
群馬県立公園「群馬の森」の朝鮮人追悼碑の設置更新を巡る訴訟で、前橋地裁は群馬県の更新不許可処分を「取り消し」た。

群馬県は設置許可時の条件「政治目的で使用しない」を破ったから不許可というものだが、判決は「裁量権の逸脱」との判断。

やれやれ。
判決では、「追悼碑を守る会」が「政治的行事を行った」と認定。行事への参加者の発言が「政治的発言」と認められたものだ。また、「守る会」側が不許可が「表現の自由の侵害」とか言っていたことも否定した。

つまりは、設置の際の条件である「政治的行事を行わない」を破ったと認めたのに、判決は「不許可取り消し」。

何で?
県が設置条件の違反を確認したのに、迅速な対応を取らなかったことを理由に、県が主張した県民の憩いの場としての「公園効用が失われる」とは、県は考えていなかったとされてしまった。

つまり、請願が出て県議会で採択されたから、県は不許可にした。裁判で「公園効用が失われる」との主張は後付けだと判断された。

なんてことはない、群馬県の問題意識の低さが招いた「敗訴」だということ。普通に考えれば、設置時の約束を破った「守る会」側に非があるのに、県が負けるというバカさ加減。

県には控訴した上で、もう少しましな法廷対策を行って裁判に臨めと言いたい。撤去に向け、県はしっかり対応して欲しい。

県民の税金で運営される公園内に、特定の思想に基づく特定の碑を建てること自体が、個人的には納得できない。それは右でも左でもだ。「政治的行事」が行われたか否かではなく、碑があること自体が県立公園としてふさわしくないと言う考え。

角田義一の私有地に移せば、何の問題もなくなるんだけどね。国会議員時代に説明できない裏金もらってたようだし、それを使えよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


毎日新聞が朝日新聞の「誤報」を批判した安倍首相を批判している。「『首相』止まらぬ朝日『口撃』 間違い、哀れ 持論展開」がそれ。

朝日新聞が森友学園関連で報じた「安倍晋三記念小学校」が、真っ赤なウソだったことを安倍首相は批判しているが、毎日新聞はいつものことではあるが、識者と称する人たちに首相を批判させている。

自分は直接批判しないで他人に批判させ、「ほぉ~ら、こんなに批判がありますよ」という、非常に汚い記事! 署名は青島顕と川名壮志。

毎日新聞にいいように使われている自称・識者は、橋場義之(元上智大教授)、森田実(政治評論家)、吉岡忍(ライター)のみなさん。

特にひどいのが森田。「このままでは民主主義が崩れかねない」。まったく理屈が分からない。特定の報道機関を批判してはいけないようなことも言っているが、間違ったことを書いたうえ謝罪も訂正もしない「特定の報道機関」の方がおかしいとは思わないのか?

「捏造」「ウソ記事」「印象操作記事」を連発する「特定の報道機関」を放っておく方が、よっぽど「民主主義を崩壊」させると思うぞ。

こんな恥ずかしいコメントを、安倍首相批判・朝日新聞擁護のために掲載する毎日新聞。「誤報」しておいて開き直っているクズ新聞を擁護することが、メディアとして正しい姿なのかよく考えた方がいい。

普通に考えれば、これは新聞メディアの自殺行為ではないのか。おかしな記事があれば、それを検証し合ってより良い紙面にしていくというのが、あるべき姿ではないのか?

結局は、左翼新聞がお互いを擁護し合う恥ずかし「互助会」ということのようだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝日新聞が、その本性をモロ出しした社説の件を書いたが、またまた朝日新聞は本性を出してきた。(「朝日新聞の本性 尖閣諸島は中国領」参照)

2月16日の社説「天皇即位儀式 憲法の理念に忠実に」は、左翼思想丸出しでドン引きだ。

朝日新聞が言うには、天皇家(皇室)の諸行事は神話に由来するようなものや、宗教的な意味合いのものも多く、国事行為とするのはおかしい!ということ。憲法との関わりから論じているような誤魔化しをつけているが、本音は天皇・皇室廃止が透けて見える。

神話や宗教性を持ち出してまで批判を始めたことは、ある意味世界を敵に回すぞ。キリスト教世界にしてもイスラム教世界にしても、もちろん仏教世界も神道も神話から成り立っている。各民族の多くも神話を持っている。すべてが合理主義で片付けられるなら、宗教色など世界からなくなるはずだけど。朝日新聞は分かってる?

同じように、天皇・皇室が国民から広く敬愛を受けるのは理屈ではない。陛下個人の国民を思う人間性に引かれる人もいるだろ。皇室の歴史と伝統に日本の歴史を重ねる人もいるだろう。つまりは、合理主義などの理屈では語ることができない世界なのだ。

国民それぞれが、それぞれの考えで天皇・皇室を敬愛しているのだ。多くの国民は「無意識」かもしれないので、言うなれば「無意識の敬愛」。それが日本古来からの伝統であり歴史だと思う。(もちろん、真っ向から否定する人がいても構わないけど)

まあ朝日新聞が天皇・皇室に対して、どんな考えを持っていてもまったく構わない。広く国民から敬愛を受けている天皇・皇室を否定することは、イコール多くの国民から支持を得られないということだけ。

先の大戦の終戦直後、昭和天皇が各地を巡幸された際に、敗戦に打ちひしがれた多くの国民が大勢集まったのはなぜか? GHQは昭和天皇が石を投げられると考えていたのに。余りの人での多さに、GHQがあわてて一時期巡幸を中止させたほどだ。

時代は変わり、当然国民の考え方も合理主義的な面が重視されるようになってきている。朝日新聞などの左翼関係者は、特にその考えが顕著だ。辻元清美のようの「同じ空気を吸いたくない」というヤツがいたっていい。

でも、それが普通の国民の多数の意見かというと、間違いなく違うと断言できる。

すでに普通の国民の支持を失っている朝日新聞が、左翼陣営と自らのシンパ以外は無視すると決めたのなら、それもまったく構わない。朝日新聞は「天皇・皇室廃止!」みたいなの幟を立て行進している人たちと仲良く廃刊までを過ごせばいいさ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


アイススケート・女子団体追い抜きで、日本チームはオランダを破り金メダルを獲得した。

チームパシュート (1)
チームパシュート (2)
チームパシュート (3)
高木美帆、高木菜那、佐藤綾乃で臨んだ日本は、五輪新記録で優勝。準決勝のカナダ戦に出場した菊池彩花も含め、チーム力での勝利だ。

チームパシュート (4)
今季のW杯で3戦全勝。滑るたびに世界新を連発し、金メダルを期待された中での勝利。所属チームの枠を超え、年間300日といわれる合宿生活で培われたチーム力。「一週間練習すれば日本に勝てる」とか言っていたオランダを粉砕した。

個人的には準決勝に出場した菊池彩花が金メダルをとれて良かった。一時はパシュートの中核を担っていたが、2016年に脚の腱を切り1シーズンを棒に振リながらの復活。本当に良かった。

ところで、これで高木美帆は「金」「銀」「銅」の3色のメダルを獲得した。これは夏季・冬季通じて女子初の快挙!(男子は8人もいる) 女子アイススケート界の躍進を象徴する出来事だ。次回は男子も頑張れ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝日新聞は捏造・ウソ・印象操作を駆使してまで反日に精を出すが、各方面からの包囲網によりかなり追い詰められているようだ。遂に開き直ったのか? とんでもない社説を繰り出してきた。

2月15日「高校指導要領 木に竹を接ぐおかしさ」は、高校の学習指導要領の改定に反対する社説だが、もう中国の新聞としか思えない内容だ。

改訂学習指導要領では、領土問題に関して「例えば尖閣諸島は我が国の固有の領土であり、領土問題は存在しないことも扱うこと」などとなっている。何の問題もない。尖閣諸島は日本固有の領土であることに疑いの余地などないから。

ところが朝日新聞は
「これを正解として教え込めという趣旨なら賛成できない」
「相手の主張やその根拠を知らなければ、対話も論争も成り立たない」
だそうだ。呆れる・・・。

では、どういう「正解」があるのだろうか? 尖閣は中国領ですか? 相手の主張がどうであろうと、領土問題では譲れないものは譲れない。ただ、それだけ。明確な自国領だから、領土問題は存在しないにしかならないのは当たり前だ。

オレが朝日新聞本社敷地の一部は「オレの土地だ」と言い張ったら、こっちの言い分をよく聞いて話し合いに応じてくれるのか? 「バカなことを言うな!」で終わりだろう。

また朝日新聞は、韓国が「竹島」を不法に占拠したあげく、あれだけ頑なに自国領だと主張し、国民に徹底していることは、どう考えているのだ? 他国が主張し教育することは「是」だが、日本が自国領土に関して教育しようとすると「否」なのか。

「人の内面に関わる問題を紛れ込ませるべきではない」とも書くが、領土問題が「人の内面に関わること」と考えること自体がまったく理解できない。

また、「もっと生徒と教師を信じ、その自主性に任せていいはずだ」とも。教師はダメだろう。特に、日教組・全教所属教師こそが「人の内面に関わる問題」を紛れ込ませている張本人ではないか? 朝日新聞は大好きな連中なんだろうけど、教育現場における「癌」でしかない。

それからもうひとつ、この社説内にはとんでもない論調が書かれている。「在日外国人の存在そのものを『反日』と決めつける風潮がはびこる」とあるが、印象操作以外の何物でもない。

これは明らかに言い過ぎだ。実際にそういう活動している在日、誤解されてもしようがない在日がいるからだ。また、在日外国人すべてを対象に物を言っている人たちは、ほんのごく一部でしかない。

おかしな行動をしている一部在日のことには触れず、逆に一部過激な団体の言動を全体の話として「盛り」、自分の言い分を通そうとする汚い姿勢には反吐が出る!

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ