Tigerdream のまったりとスペシャル系

真面目なことから いい加減なことまで、適当に綴っているブログ

訪問ありがとうございます。クリックしてもらえるとうれしいです♫ ⇒

Tigerdreamの上州まったり紀行」もよろしく!


相変わらず「井の中の蛙」「お花畑」って感想しかない朝日新聞・国分髙史のコラム「多事奏論」。

5月8日に「『自衛隊合憲』25年 元首相秘書官、非戦の執念」のタイトルで、元社会党委員長で元首相の村山富市の秘書官(社会党職員)のことを書いていた。

村山が首相就任時に自衛隊を「合憲」と答弁、それを受けて社会党も党の方針としてそれを追認したことを悔やんでいるという内容。この秘書官は村山の「憲法の精神と理念の実現できる世界をめざし、国際協調体制の確立と軍縮の推進を図りつつ、国際社会で名誉ある地位を占めることができるように全力を傾ける」との言が忘れ去られていると言う。

国分もこれに大いに共感しているようで、「武力に依存しない国際関係を築く9条の理想や軍縮を正面から訴える政治勢力は、わずかになってしまった」と嘆く。

「憲法の理念」「9条の理念」って何? 「理念」で国際社会が動くのか? 現実世界を見れば明らかだ。「9条・9条」と唱えていれば平和になるのか? 別に「理念」を全否定する気はないが、「現実」の前には「理念」なんて吹き飛ぶ。

身近な生活面でもそうだ。近所で空き巣が発生すれば戸締まりを強化する。世の中に悪い人はいないという「理念」を持っていても、「現実」を見て戸締まりを強化する。当然のことだ。「現実」以上に「理念」を優先することは、ある意味愚かなことだ。

なぜ「9条の理念」をどこの国も採用しないのか? それどころか中国などは毎年軍事費を増やしている。北朝鮮はアメリカの気を引くためとは言え、またミサイルを打ち上げ始めた。この「現実」を見ずに、「理念」を唱えていれば飯が喰える朝日記者って楽でいいなあ。

「現実」社会の中で、「理念」で飯が喰えるのは新聞記者と国会議員(野党)、日教組・全教の教員くらいじゃないか。うらやましいぞ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


日本新聞協会はテロリスト擁護の団体だ その2
日本新聞協会はテロリスト擁護の団体だ
マスコミの「お詫びして訂正します」は魔法の言葉
国民の知る権利? 笑わせるな!
元日経新聞・磯山友幸の身勝手なジャーナリズム論
報ステが自爆!
テレ朝は玉川徹を公共の電波に出してはいけない!
NHKのやらせ? それとも演出?
テレ朝・富川悠太って底が浅すぎ
東京新聞の社是が「真実・公正・進歩的」だって(苦笑)
東京新聞は「反安倍」なら石破茂でもいいのか?
死刑執行を時期や人数で語ることはおかしい
日本新聞協会は加盟社のセクハラを隠蔽するのか?
災害をも政権批判使う報ステ・後藤謙次のクズっぷり
だから「オールドメディア」は信用されない
また「メンバー」ですか・・・
毎日新聞も印象操作に忙しい
テレ朝の明確な放送法違反!
ほとほと左翼紙には呆れると同時に笑ってしまう
毎日新聞で普通のことを書くと嫌われるようだ(苦笑)
毎日新聞が朝日新聞の「誤報」を大擁護!
毎日新聞は陸自ヘリ墜落事故をプロパガンダに使うな!
TBSは世の中について行けてないな
2月7日は「北方領土の日」なのにマスコミ連中は・・・
毎日新聞の加計学園への名誉毀損が酷すぎる
「米軍ヘリからの落下物」を検証しないのはなぜ?
毎日新聞がネット攻撃をした挙げ句・・・惨めに自爆!
東京新聞がまともとは思ってないが、ここまでくると・・・
毎日新聞が自ら証拠がないことをゲロってる(苦笑)
毎日新聞「若者は保守化」論の根本的な間違い
TBSが加計学園に対して明らかな名誉毀損
神奈川新聞って左翼活動家の集まりのようだ
報道ステーションの印象操作が必死すぎ(苦笑)
毎日新聞の「若者は無知だ」論は大間違い!
マスコミが選挙妨害を批判しないのはなぜ?
テレ朝・玉川徹のバカさ加減に呆れる
東京新聞の「報道する価値がない」世論調査結果
沖縄タイムスはついに活動家の機関紙になった!
毎日新聞のダブスタ発動!それも取締役!
国民の知る権利とマスコミの報道しない権利
東京新聞の露骨な「批判のための批判」
毎日新聞の悪質な印象操作記事
東京新聞は東大寺落書き犯が捕まった後も報道しろよな
毎日新聞は誰を守ろうとしているのか?
傲慢な毎日新聞記者 書類送検される
朝日新聞を始めとしたメディアの「報道しない権利」は酷すぎ
東京新聞の人物評は当てにならない
東京新聞の犯罪者目線が凄いことになってる
日刊スポーツの「K」って記者は実名で記事を書け!
産経新聞・伊藤寿行の「日本国民総人ごと論」は許せない!
やっぱり左翼マスコミ(共同通信)は傲慢だ!
東京新聞って自称・新聞でしかないクズ紙
毎日新聞 「蓮舫氏、提案型から対決型へ」って何??
共同通信は妄想記事を配信するな!
東京新聞が露骨すぎる「報道しない権利」発動!
中日・東京新聞が「捏造」記事!
蓮舫の二重国籍問題を「差別」にすり替える愚かさ
東京新聞は相変わらず違法行為を擁護するクズ新聞
毎日新聞よ、国民をなめるな!
なぜ反日マスコミは国民を信用しない??
自惚れるな! 東京新聞
TBSとテレ朝の必死の蓮舫推しも虚しく・・・
裏も取らずにデマを垂れ流す左翼メディアは消えろ!
マスコミ連中の特権意識には呆れるばかり その2
マスコミ連中の特権意識には呆れるばかり
TV局は普通に報道してくれればいいだけ
TBS記者・白畑将一を万引きで逮捕! それを隠蔽するTBS
岸井の降板は視聴者に受け入れられなかっただけ
毎日新聞・牧太郎の妄想
自称・ジャーナリスト連中の戯言
毎日新聞も聞は自らの過去記事を忘れているようだ
不自由な12年?? 知識も素養もない古舘の戯言
毎日新聞は言行不一致
毎日新聞は言い訳も支離滅裂
毎日新聞の支離滅裂ぶりには笑うしかない
報道ステーションの醜態
「プロ市民」「活動家」を「普通の市民」って装う報道はやめろ!
報道の自由の裏側
報道しない自由を謳歌しているクズマスコミ
報道の自由? テレ朝よ 義務を果たしてから言え!!
民放連会長の責任逃れ発言
テレ朝の悪意をもった靖国神社放送!
テレ朝が不祥事を隠蔽していたあげく虚偽発表を行っていた
TBSが報道しない権利を行使しまくっている現実
報ステ・前チーフプロデュ―サー松原文枝の極左っぷり
東京新聞は違法行為を擁護するクズ新聞!
東京新聞・佐藤圭は左翼の鑑(かがみ)?
ありゃ? 東京新聞が普通のことを言ってるぞ
東京新聞・久原穏は浜矩子が大好きらしい
軍靴の音が近づいてくる? 東京新聞・久原穏よ 耳鼻科へ行け!
都合の悪い民意は民意じゃない! by 左翼新聞
報道ステーションはテロ支援をやめろ!
テレ朝が不祥事を隠蔽していた
慰安婦捏造・植村隆を擁護! TBSも共犯になったな
左翼メディアの理想の国は中国か??
報道ステーションの捏造報道
報道ステーションの慰安婦検証が余りに酷過ぎて・・・
NHK・大越健介がデマを公共放送で垂れ流す
品のないヤジとマスコミの偏向報道 その2
品のないヤジとマスコミの偏向報道 その1
報道ステーションは「報道」の名に値しない!
マスコミの「報道しない権利」ってなに?
おいっ! いい加減にしろよNYタイムズ女性記者!!

このエントリーをはてなブックマークに追加


日本新聞協会が「ドローン規制改正案」に反対していることを書いたが、ちょっと追加(前回と少し被るけどご容赦を)。(「日本新聞協会はテロリスト擁護の団体だ」参照)

日本新聞協会は「取材を制限し、国民の知る権利を著しく侵害する」としているが、「身元が明確でテロ行為行わない報道機関のドローンを一般ドローンと区別せず、一律に規制するもの」とも言っている。

報道機関のドローンはテロ行為を行わない? 琉球タイムス元記者で、先の衆院補選で当選した屋良朝博は、「(米軍基地の向かって)ロケット花火を普天間基地に打ち込もう」「ランタンを飛ばそう」などと発言(ツイート)している。これって、れっきとしたテロ扇動行為(未遂)だ。こういう考えを持っている自称記者は多い。

また、直接テロ行為は働かないかもしれないが、「特定の人たち」「特定の国」に有用な情報を流しそうな連中も多い。朝日新聞の中国ご注進記事は多い。日本を貶めるためなら、平気で中国にへつらう。その中で機密の当たることを流す可能性だってある。だって中国にシンパシーを感じている信奉者が多いからだ。

現に尖閣諸島付近で違法操業していた中国漁船が、取締中の海上保安庁の巡視船に体当たりをし逃亡を企てた事件(平成22年:2010年)では、中国擁護を繰り広げた。ビデオが流出した際には「政府や国会の意思に反することであり、許されない」とか書いていた。中国擁護(と民主党政権擁護)のためには「国民の知る権利」など、どうでもいいと宣言したも同然のことだ。

そんな沖縄タイムスや朝日新聞が加盟する新聞協会が、無条件に信用できるなどと考えることの方が危険だ。特に左派系メディは信用されていない。自称記者の活動家ばかりだからだ。SNSを見れば、その記者の「素の思想」がよく分かる。

まあ、「国民の知る権利」と称して、捏造・ウソ記事を多発する朝日新聞はメディアはとは言えず、極左団体「朝日新聞社」の機関紙でしかないけどね。

このエントリーをはてなブックマークに追加


福島瑞穂がドローン規制改正案を「全くおかしい」と、テロリストまがいのツイートをしたこと書いた。(「福島瑞穂がドローン規制を『全くおかしい』だってさ」参照)

実は、この改正案には日本新聞協会も「取材を制限し、国民の知る権利を著しく侵害する」として、菅官房長官や与党に反対の意見書を提出している。

「国民の知る権利」って言えば何でも通るとでも思っているのだろうか。呆れるしかない。国家機密、米軍機密などが取材制限されるのは当然のことだ。だいたいドローンで上空から「盗撮」することは取材ではない。

自分らの権利ばかり主張するが、事実を報道するという義務すら果たさず、しかも報道しない自由を謳歌している新聞メディアが何を言ってるのか! と思ってしまう。

朝日新聞を例に出すと、朝日が事実を事実として報道しないことは周知だ。自らを「国民の知る権利の代理人」(by 曽我豪)などとほざいているが、やっていることはまったく逆のことだ。事実を報道しないばかりか、捏造・ウソを率先して書くのだからどうしようもないクズ新聞だ。

尖閣諸島付近で違法操業していた中国漁船が、取締中の海上保安庁の巡視船に体当たりをし逃亡を企て、それを撮影したビデオが民主党政権の隠蔽にもかかわらず流出した事件があった(平成22年:2010年)。

朝日新聞は「政府や国会の意思に反することであり、許されない」とか書いていた。民主党政権擁護と中国擁護のためには「国民の知る権利」など、どうでもいいと宣言したも同然のことだ。ついでに、福島瑞穂も「簡単に流出してしまうことは、日本の危機管理の問題としてきわめて大問題」と言っていた。

こんな「特定秘密」ですら何でもない(菅官房長官談)ものの隠蔽に加担しておきながら、米国や米軍の機密である基地内の「盗撮」を「国民の知る権利」とか言って正当化しようとする異常さ。こういうメディアの「国民知る権利」には、「特定の」という言葉が頭に付く。「特定の人たち」「特定の国」には非常に有用かもしれない。いったいどこの国のメディアなんだよ。

こういう連中が中心になって反対しているのだから、逆に有用な改正だということがよく分かるというもの。こんな連中と一緒になって反対している産経新聞も同類。マイナー紙には発言力もないんだろうから、こんな協会辞めちまえ。

斜陽の新聞メディアがどっちを向いているのかよく分かるというもの。

このエントリーをはてなブックマークに追加


福島瑞穂がドローン規制を「全くおかしい」だってさ
共産党は日の丸を掲げると「ヘイト行動」だってさ
共産党・田村智子の「正論」をちょっとだけ評価する
共産党の言う「この世の地獄」とは?
やっぱり共産党の動員だったか
社民党は党首選を「じゃんけん大会」にすればよかったのに
共産党・小池の例えがアホすぎる(呆)
知らないのにウーマン・村本を「大絶賛」した共産党・志位の恥ずかしさ
共産党・池内沙織が事実誤認を指摘され逆ギレ!
社民党はテロ支援政党!
選挙に負けても志位は安泰
福島瑞穂が小池百合子の「いじめ」を怒る(笑)
犯罪者集団社民党の頭目・福島瑞穂を逮捕せよ!
福島瑞穂は戦没者を政治利用するな!
福島瑞穂にかかるコストの方がムダだ!
福島瑞穂の「価値観」を疑う
共産党よ、国民を舐めるのもいい加減にしろよ!
福島瑞穂は何を恐れているのか?
共産・社民はデマを飛ばすな!
沖縄極左・山城博治の資金源は社民党!
変なデモには必ず顔を出す福島瑞穂
共産党員の本音
福島瑞穂の鳥越応援演説は逆効果
参院選は共産党終焉への分岐点
共産党の本性隠し
社民党はクズの集まり!
社民党党首・吉田忠智よ 潔く散れ!!
共産党は熊本地震に便乗するのはやめろ!!
さすが! と言うしかない福島瑞穂のノー天気ぶり
さすが社民党 セクハラ自覚もなし!
共産党・志位委員長赤っ恥!!
福島瑞穂 委員会室から「逃亡」!!
福島瑞穂はまず自分が謝らないといけないんじゃないの?
共産党・池内沙織は自分の党の歴史も知らない!
厚顔無恥な共産党は遵法精神のかけらもない!
ノー天気な福島瑞穂の非常識
共産党のバカ議員・池内沙織はシュン⤵としてなかった!
共産党のバカ議員・池内沙織 志位委員長に怒られシュン⤵
福島瑞穂の大罪
福島瑞穂は説明責任を果たせ!!
常識のカケラもない社民党 その2
常識のカケラもない社民党
福島瑞穂のアホ発言
共産党のご都合主義
早く消滅しろ! 社民党
弁護士のくせに法律も知らんのか? 福島瑞穂!!
相変わらずな福島瑞穂 その3
相変わらずな福島瑞穂 その2
相変わらずな福島瑞穂
福島瑞穂の浅はかさ
だから福島瑞穂はダメなんだ
「政治には金がかかる」だとぉ~っ!!
ぶざまな社民党
多少存在価値のある共産党、まったく価値のない社民党
福島瑞穂しかいないのか??
相変わらず、変な国会議員がいるなぁ~

このエントリーをはてなブックマークに追加


社民党の福島瑞穂は偏狭な極左活動家でしかない。沖縄・辺野古では強制排除されるなど、テロリスト予備軍でもある。そんな福島の5月6日のツイートを見ると、テロリスト予備軍ではなく、れっきとしたテロリストだなぁと実感。

福島瑞穂のバカツイート (2)
「参議院の内閣委員会で、ドローン規制改悪法案が議論をされる。ドローンは大変大きな役割を果たしてきた。米軍基地のフェンスを越えて、高江や辺野古がどうなっているのか映像が撮れたのである。これをできないようにしている。全くおかしい」だそうだ。

現在審議中の「ドローン規制法改正案」を批判したもので、内容は自衛隊や在日米軍施設上空の飛行禁止を盛り込んでいる。「改正案」ということから分かるように、既に「ドローン規制法」が存在する。2015年から施行されている。また、ドローン規制法以外にも「航空法」や「電波法」なでも規制がある。

ドローン規制
だいたい現在でも防衛省・警察庁・国交省・外務省から米軍施設の上空でドローンなどを飛行させる行為をやめるよう「お知らせとお願い」が出ている。

これを法律で規制しようとするもので、至極まっとうな改正案だと思う。機密に該当するものを覗き見しようとする行為を「正当」なものだと考えること自体が理解しがたい。「知る権利」だとでも思っているのだろうか。

自分の家を覗き見されたら、福島だって怒るだろう。窓からドローンを侵入させ、部屋の中を撮影されたらどうか? 「盗撮だ!」「住居不法侵入だ!」と大騒ぎするだろ。何が違うのか?

福島の生活なんて見たいとも思わないが、米軍基地情報となれば欲しがる国や人たちもいる。現実に世界を見れば、ドローンを使用した情報収集活動だけでなく、直接的なテロ活動も発生している。

ドローンを使えば、直接的・間接的にテロを行うことができることは、明確な事実である。にもかかわらず、国会議員がこういう非常識なことを言う。

沖縄で暴れているテロリスト・山城博治の大スポンサーは社民党だし、日本赤軍・岡本公三に間接支援しているのも社民党だ。こういういうことを考えれば、ドローン規制に反対するのは当たり前の活動と言えるかもしれない。
(「沖縄極左・山城博治の資金源は社民党」「社民党はテロ支援政党!」参照)

特定秘密保護法にも大反対した福島だから然もありなんだけど、こういう極左活動家が国会にいることには違和感しかない。先日の衆院の沖縄補選で、米軍基地の向かって「ロケット花火を打ち込もう」「ランタンを飛ばそう」などと発言(ツイート)していたテロリストが当選している。

こんな連中がいるのだから、ドローン規制が拡がるのは当然のことだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


池袋で高齢男性の乗用車が暴走し、女性と3歳のお子さんが亡くなった事故は余りにも痛ましいものだ。あらためて、お二人のご冥福をお祈りするとともに、ケガをされた方々にお見舞いを申し上げます。(「池袋暴走事故に思う警視庁の思惑とメディアの弱腰」参照)

今回の事故では容疑者が逮捕もされずにいることに各方面から批判が出ているが、高齢者の運転問題もこれまで以上にクローズアップされるだろう。

杖をつかないと歩けない高齢者がクルマを運転する怖さを、同じような状態の高齢者はどう感じるか。多分、ほとんどの高齢者が「他人事」「自分は違う」と思っているのだろう。だからこの手の事故がなくならない。

同様に「特殊詐欺」が減らないのも、「他人事」「自分は違う」と思っている高齢者が多いからなのではと思ってしまう。もちろん、年齢だけで一律に評することが良いことではないと理解しているが、一般論として「高齢者」にありがちな面は否めないと思う。

高齢ドライバー意識調査
80歳以上の高齢者ドライバーの72%が「運転に自信がある」と答えている(MS&AD基礎研究所調べ)。なんと、年齢が上がるにつれ「自信がある」が増える傾向にある。

このアンケート結果には、ちょっと驚いている。当然、年齢を重ねるほどに運転歴は長くなるので、様々な経験を積み重ねている。でも「自信」が「過信」になっていないか。身体・反射神経・動体視力の衰えを自覚していると思うのだが。

認知症などの認知機能の低下も大きな問題だ。群馬県でも昨年1月、女子高生2人が高齢者(86歳)の男性が運転するクルマにはねられ、1人が死亡する痛ましい事故が起っている。検察は判断能力ありとし起訴したが、弁護側は認知機能の低下により判断能力がないと無罪を主張し争っている。

この被告は家族が運転を止めていたが、それを無視(わざと早く家を出る)し事故を起こしている。なかなか難しい問題だ。

高齢者は一般的に運転に自信を持っており、認知機能が低下するなどしても同様だ。さらには、運転すること(出来ることを示す)ことで、自分が正常だと誇示しようとする意識が無意識に働く。

よく言われることだが、事故が起きれば(起こせば)、加害側・被害側の両者の家族まで含めて不幸になる。自動車の安全運転対策も相当進んできているが、まだ「安全補助」に過ぎない。あまり好きではないが、何がしかの強制的な「規制」を考える時が来ていると思う。

併せて、自身も毎日クルマに乗っている現状から、十分気をつけようと思う今日この頃。

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝日新聞4月29日の社説「原発被災地 住民本位の将来像を」には、怒りしか湧いてこなかった。

福島県大熊町の一部で批難指示が解除されたことを受けてのものだが、相変わらず「原発被災地の復興の道のりは多難」「廃炉作業や放射能への不安」などと、ネガティブな言葉を多用する。

もちろん楽観論を書けなどと言う気はまったくないが、復興の道のりを多難にしたのは朝日新聞だし、先頭になって不安を煽ってきたもの朝日新聞だ。

朝日は事実とは言えない内容(反原発派の妄想の類いまで)を垂れ流してきた。何々の「可能性がある」とか「指摘がある」などとの表現で、科学的証明のない内容や特定の人たち(組織)の言い分を一方的に垂れ流してきた。いや進行形で「垂れ流している」。

「原発事故による放射能の降り注ぐ下に生活をしていた事実」「首都圏の飲料水が汚染される(可能性も)」とかツイートしていた田井中雅人は、その最たるものだ(ツイッターは記者の個人的見解という建前だが)。

さらには「風評被害対策を一生懸命にやると、被害は風化する。被害を訴えにくくするという役割果たしている」とまで。風評被害対策・対応など不要だと言わんばかりの言い分だ。

朝日が記事や記者のSNSなどでデマも含めて煽る。読者や見聞きした人が不安になり風評被害が広がる。さらに朝日が煽る。風評被害が拡大する。この無限ループが現在も継続している。

こんな朝日が「住民本位での将来像を」などと言う厚かましさ。どうしようもないクズ新聞だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝日新聞4月29日の社説「一帯一路 支配の発想は控えよ」を読んだ感想がタイトルだ。朝日新聞は中国が主導する「一帯一路」構想に日本も参加しろと言っている。朝日がどういう考えを持っていてもいいのだが、論理がしっくりこない。

朝日は「インフラ投資で、途上国を債務の返済不能に陥れるようなケースがある」「この構想が中国の強引な対外拡張路線の動きと重なって見えることだ」「南アジアでの港湾建設をめぐっては、軍事的な進出の足がかりにしようとしているのではないかとの懸念も強い」「地域の安全保障のバランスを崩すような行為をすれば、中国を含めどの国にも利益とならない」と書く。

その通りであって、朝日に異論はない。社説のタイトル通り「支配の発想は控えよ」だ。中国がやってきたことは「ヤミ金」そのものだ。甘い言葉で融資を行い、債務超過に陥らせ担保をぶんどる。スリランカでやったことなどまさにこれ(南部ハンバントタ港を99年間譲渡)。

それなのに朝日は、習近平が「各国の持続可能な成長の後押しをめざす考えを強調した」だけで、「日本も中国との協働を通じて、主体的に影響力を発揮できないか。新たな可能性を模索するべきだ」と、事実上の参加を促す。

習近平は何ひとつ具体的な改善案を示していない。批判に対して見せかけの「意気込み」を示しただけだ。たったこれだけのことで、中国を信用するのは朝日新聞とそのお仲間くらいしかいまい。

日本が出資すれば「一帯一路」の信用度は格段に増すだろう。それは中国の「ヤミ金」色を薄めたい思惑と一致する。ただそれだけ。中国の思惑に日本は利用されるだけ。

それならば、様々な実績があるアジア開発銀行の活動をより活発化した方が、各国への協力には良いものになるのは明らかだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


朝日新聞のコラム(日曜に想う)「政治がルール無視をする時代」(4月28日)を読んでぶっ飛んでしまった。筆者は編集委員・大野博人。

「うその情報を操作して政治が一度つくった流れは、正しい情報によっても簡単には変わらない。日本で公開された映画『記者たち 衝撃と畏怖の真実』にあらためてそのことを思った」とコラムは書き出す。

映画は9・11(同時多発テロ)後のアメリカ政府が、アルカイダだけでなくイラク・フセイン大統領もテロ組織と繋がっているとしてイラク戦争の流れができた際に、開戦に批判的だった新聞社(記者)を扱ったものらしい。

イラクが大量破壊兵器を保有しているとか言われたが、実際には確認されないなど、確かにアメリカ政府の言い分に疑問符がつく戦争だった。政府情報に流されず、イラク戦争に批判的だった新聞社(記者)の奮闘をコラムに書くのはいいが、大野は書きながら何にも感じなかったのだろうか?

大野は「政治家が根拠のない情報をふりかざして」「基本的な規範をないがしろにし」とか書くが、主語を朝日新聞に変えてみるとよく分かる。

「朝日新聞が根拠のない吉田清治の詐話をふりかざし」「裏を取るという新聞社としての基本的な規範をないがしろにし」って、朝日新聞の慰安婦強制連行の捏造そのもではないか。

「あやしい情報に基づく政治的決定が招く危険。当然の指摘だったがそんなフランスを『フセイン支持者』と中傷する記事を米有力紙で読んだ」は、「あやしい情報に基づく慰安婦報道との指摘を、『歴史修正主義』『歴史を直視せよ』と中傷する記事を朝日新聞で読んだ」になる。

さらに「大義なき戦争を支持しながら、いまだにまともな総括さえしない日本は」は、「捏造がばれたにもかかわらず、いまだにまともな総括さえしない朝日新聞は」になる。

大野がこの映画から感じなければいけないのは、自らがアメリカ政府と同じ立場であり、それをしっかり反省し自戒とすることだろう。そんなことに思いも至らず、逆に日本政府まで批判するとは盗っ人猛々しいにもほどがある。

朝日新聞が自分のことをすっかり忘れ、他者を批判する神経の図太さ、ツラの皮の厚さに舌を巻く。

慰安婦強制連行が否定されると、自由がなかったという広義の強制性があったとか言い出した朝日新聞。これも否定されると、女性の人権問題だとか言いだした朝日新聞。お得意の論点のすり替えで30年以上ウソを垂れ流した朝日新聞。

「うその情報を操作して一度つくった流れは、正しい情報によっても簡単には変わらない」は、朝日新聞の編集方針そのものではないか。朝日の慰安婦報道で日本はどれほどの被害を被ったか。それなのに今でも「モリカケ報道」などで、これを実践中だ。

反省なき朝日新聞には廃刊してもらう以外に道はない!

大野博人のクズコラム関連
 「朝日新聞・大野博人は自ら「おもてなし」を実践したら?
 「朝日新聞・大野博人よ、屁理屈をこねても結果は変わらないぞ
 「朝日新聞・大野博人『民主主義が壊される』(笑)
 「朝日新聞編集委員・大野博人の教育勅語論

このエントリーをはてなブックマークに追加


4月27日から10連休がスタートした。連休前から好意的・比定的の両意見が言われてきた。そんな26日の午後、都内のみずほ銀行のATMで現金が不足し、引き出しできない事態が起った。

早速、10連休否定派が「ほら見たことか」的なことを言い出した。まあ、それはそれでいいのだが、一部に「政府が悪い」と言っている人がいるのには笑ってしまった。

そんな人の日ごろの言動をみると、「なぁ~るほど」と思わせる考えの持ち主で妙に納得。簡単に言えば「左翼」に分類されるだろう人々。

みずほ銀行の件で言えば、みずほの責任以外の何物でもない。みずほから見れば「想定外」に引き出しがあったのだろうが、そんなのは言い訳でしかない。でも、その界隈の人たちからすれば「勝手に10連休にした政府が悪い」となるようだ。

とある方のツイート。「これ『現金切れを予見出来なかった銀行の不手際』として、銀行が非難されちゃう事態なんかな。勝手に10連休作った政府じゃなくて、現場が非難されるとなると怖いな」

なかなか理解できない論理だ。何でも国・政府が悪いと行っていれば満足する人たち。この方のことを言うわけではないが、こういう人たちからすれば、自分の身に起る不幸もすべて国・政府が悪いんだろう。そう言っていれば気が済む程度の人生なのかな。

10連休により不便や不利益を被る人がいることは否定しないが、それ以上にその恩恵に浴する人の方が多い。経済面でも同様だ。しかしメディア、特に左派系メディアはネガティブな面を強調して報道する。自分たちは少数派(弱者)に寄り添う(見方)「ふり」が好きだからだ。

少数派=弱者かは意見の分かれるところだろうが、こういう左派系メディアが、実は一般的に「強者」である事実は否定でないだろう。様々な特権を享受しているくせに、そのことは隠して「権力監視」だとか言っている。自分たちも「権力」のせくにと思ってしまう。

話が脱線したついでに、もうひとつ。オレは「団塊の世代」と言われる年齢層で、しかも左翼活動をしている年寄りが嫌いだ。この世代は国からの恩恵を誰よりも受けているくせに、反政府を気取って自己満足にふけっている。沖縄で暴れているジジイ連中がその代表だが、こういう連中が世の中で一番嫌いだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


10連休初日の4月27日に藤岡ゴルフクラブに行ってきた。

藤岡GC (1)
前日の雨が明け方まで降っていたが、なんとか曇り空の中スタート。次第に晴れてきたが、気温は15℃くらいまでしか上がらず。しかも冷たい北風が吹く肌寒い1日となってしまった。数日前は26℃と夏日になり暑いくらいだったのに。今年はなぜかゴルフの日に限って寒い。

冬物のウインドブレーカを引っ張り出して着込んでいった。数ホールで気合いを入れようとポロシャツになったんだけど、やっぱり肌寒かった。

Aさん
Yさん
いつものAさん、Yさんと楽しくラウンド。

オレのゴルフはと言うと、前半はパーもあるけどダボも多いというゴルフ。途中4ホール連続ダボなんて感じで、いつものスコア。ところが後半になると一転、ダボなしでパー4つ。後半はドライバーとアプローチが良かった印象。

残念なのはバーディーチャンスを決められなかったことかな。今年はまだバーディーがないので、今後のお楽しみということで。

藤岡GC (2)
コース内の藤棚では、藤が咲き始めていた。

藤岡GC (3)
東コース7番の池。冬から雨が少ないせいか、池の底(手前側)が見える状態。池に打ち込まれた多くのボールがアマチュアゴルファーの悲哀を表わしている

山椒味噌
今年もAさんから自家製の山椒味噌をいただいた。これが美味しくて。いつもありがとうございます。

このエントリーをはてなブックマークに追加


池袋暴走事故 (1)
池袋暴走事故 (2)
池袋で高齢男性の乗用車が暴走し、女性と3歳のお子さんが亡くなった事故は痛ましいの一言だ。24日にご遺族が会見され、苦しい心の内を正直に語られた。どんなに悔しいことか、かける言葉もない。お二人のご冥福をお祈りするとともに、ケガをされた方々へお見舞いを申し上げます。

事故を起こした飯塚幸三容疑者とその家族は、ご遺族の言葉をどう聞いたのだろうか? 本人は入院中で詳細不明だが、本人や家族が反省や謝罪の言葉を言っているとも聞かない。逆に事故直後に「アクセルが戻らなくなった」との本人の言い訳だけは報道されている。

逮捕されていないからか、各メディアも容疑者のことを当初「さん」と報道していた。さすがに視聴者・読者などの反発が耳に入ったのか、最近は「元院長」と肩書きで報道するところが多くなった(工業技術院の元院長)。

逮捕されていなくても明確な容疑ががかっていれば「容疑者」と呼べるので、オレは「容疑者」と書くけど、さすがに公的なメディアはいろいろ「忖度」や「しがらみ」、「逃げの意識」が働くのだろう。

朝日新聞もそうで、当初は「さん」で現在は「元院長」。誰に忖度してるんだ? 忖度する自分たちに恥ずかしくないのか? 容疑などなくても「無いこと無いこと」を書き殴り、「疑惑だ疑惑だ」と騒ぐときは元気がいいのに(苦笑)。

まあ名誉毀損と言われることが最大の恐れだろうが、あまりにも無様だ。指名手配された容疑者を「さん」づけで報道するのか? 「容疑者」と報道するだろう。逮捕は関係ないだろう。弱腰にもほどがある。まあ、指名手配犯も本名を報じない朝日新聞だからさもありなんかな。話が脱線してしまったが。

ところで治療がすすんだら逮捕されると思っていたら、警視庁は逮捕せず今後も任意で捜査を進める方針だという。どういうこと? だからネットで「上級国民はいいなぁ」などと揶揄されるのだ。警視庁の思惑はよく分からないが、飯塚容疑者への怒りがそのまま警視庁に向かうぞ。と言うか、もう向かっている。捜査協力への拒否とか、様々な弊害が出る可能性もあるんじゃないか。

こんな状況に世間は騒ぎ、ネットは荒れている。この騒動は飯塚容疑者が逮捕され、手錠をかけられ護送される姿が晒されるか、本人と家族(特に息子)が出てきて土下座するとかしないと収まらないだろうな。(これらを望んでいるわけではないので誤解なきよう)

なぜ息子を出すかと言うと、飯塚容疑者が事故直後に救護活動も何もしなかったくせに、息子に電話をかけた事実があるのと、その際にいろいろ託したとの話があるので(事実かは不明)。

このエントリーをはてなブックマークに追加


新聞社は新聞と称する商品を販売している民間企業に過ぎない。だからそれぞれの商品に特徴がある。保守的でも左翼的でも、その企業の特徴なので、まあいいだろう。しかし、その商品(記事)がウソや捏造を基に書かれていたら、話が違ってくる。企業論理に反するばかりでなく、購入者(読者)への詐欺行為であると言っても過言ではない。

間違い(過失)とウソ・捏造は、当然違う。間違いなら改めて、防止すればいいことだ。でも、ウソ・捏造は確信犯だ。欺いてやろうという意思の基、行われる行為だ。それを考えると、朝日新聞ほど「詐欺行為」を働いてきた新聞社はない。

伊藤律インタビュー捏造
任天堂社長インタビュー捏造
田中康夫・元長野県知事のメモ捏造
珊瑚に傷をつけた自作自演
吉田清治の詐話を裏取り取材もせず垂れ流した
金学順に話も聞かず「挺身隊として連行された」とウソ
歴史教科書の「進出」ウソ記事
NHK番組改編捏造
加計学園問題捏造
などなど(順不同)。

伊藤律インタビュー捏造は昭和25年(1950年)のことだ。あれから70年経っても未だに捏造している。もはや病気である。こんな新聞社が存続していること自体が信じられない。

さらには、自社に不都合な事実はまったく報道しない「報道しない自由」を謳歌しているくせに、「国民の知る権利の代理人」などと言う厚かましさ。呆れるしかない・・・。

朝日新聞は自社の商品をきちんと説明すべきだ。
「朝日新聞社が発行する新聞は、ウソ・捏造を基にした記事が多く含まれていますので、すべてが真実とは限りません。記者と称する社員の左翼思想も色濃く反映されています。また朝日新聞社に都合の悪い事実は、絶対に記事化しません。しかし反日・貶日・辱日の方針は徹底しています。商品内容をよくご理解の上、購入してください」

こういう説明書きなくして、まっとうな新聞を装って販売することは、詐欺行為だと自覚せよ!

このエントリーをはてなブックマークに追加


KY事件 (2)
平成元年(1989年)4月20日、朝日新聞夕刊1面に「サンゴ汚したKYってだれだ」という自作自演の捏造記事が載った。

そう4月20日は「朝日新聞KYの日」なのだ。朝日新聞の数々の捏造のうちのひとつだが、朝日新聞の体質をよく表わしている。

記事中で「80年代日本人の記念碑になるに違いない。百年単位で育ってきたものを、瞬時に傷つけて恥じない、精神の貧しさの、すさんだ心の・・・」と日本人を蔑む。

捏造が疑われた際、朝日新聞はろくな調査もせず全否定。否定しきれなくなると、元々あったKYをなぞっただけと言い訳。そして、どうにも逃げ切れなくなり、無傷のサンゴに傷をつけたと謝罪。

まさに、朝日新聞の「恥じない、精神の貧しさ、すさんだ心」を見せられた思いだ。

朝日新聞はこの「サンゴ事件」にも何ら反省することなく、その後も現在に至るまで捏造を繰り返している。自らの「恥じない、精神の貧しさ、すさんだ心」を体現している恥ずかしい新聞だ。

朝日新聞の「サンゴ事件」を忘れてはならない。朝日新聞が廃刊になるまで、決して忘れてはならない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ