Tigerdreamのまったりとスペシャル系

真面目なことから いい加減なことまで、適当に綴っているブログ

訪問ありがとうございます。クリックしてもらえるとうれしいです♫ ⇒ 
Tigerdreamの上州まったり紀行」もよろしく!


社民党のオフィシャルサイトなど普段は見ることはないのだが、ネットで
ちょっと気になる記事を見たので確認してみた。

福島瑞穂 (3)
社民党のオフシャルサイトのトピックスに取り上げられていた
「労働運動と市民運動の連帯を目指す1日実行委員会」主催の
「労働法制の改悪と共謀罪の創設に反対する連帯集会」という集会。
テロ等準備罪を批判する集会らしい。
写真は壇上でアジ演説をする福島瑞穂。

スローガンは「労働運動と市民運動は『共謀』しよう!」だってさ。
登場人物は葛野尋之、福島瑞穂、海渡双葉など。

気になったのは海渡双葉。演説する瑞穂の向かって右に座っている女性。
もしやと思ったら、福島瑞穂と海渡雄一のご令嬢だそうだ。
そうそうたる左翼陣営の中に、すっかりなじんでおられる。さすが。

海渡双葉
海渡雄一と福島瑞穂という現代の化石カップルのご令嬢。
すでに「人権派弁護士界のホープ」と言われているらしい(苦笑)。

テロ等準備罪の反対運動には、かなり積極的に関わっているようだ。
両親と同じ道を歩み出してしまったのね。

次の選挙に社民党から出るかな。
と言っても、もうすぐ社民党はなくなるけどね(笑)。


東京都議選は、都民ファーストの会が圧勝し、自民党が惨敗という結果
で終わった。

その裏で、ほとんど埋没して話題にもならないが、民進党も5議席と過去
最低の惨敗だった。
野田幹事長は記者会見で
「都民が明確に『安倍政権にノー』という意思を示した」
と政府・自民党への論調を述べたのはいいが、自分のことろは?

メディアは民進党の告示前議席を7議席と書いていたので、5議席は
そんなに負けていないように見えるが、実際は18議席あった。
告示前に泥船から逃げ出した現職が多かったということ。

それを考えれば、「安倍政権がぁ~」などと言っている暇はないと思う
のだが・・・。

典型的なのは有田芳生。投開票日翌日のツイッターで
「蒸し暑く、しかし清々しい朝です」
「『歴史的惨敗』『歴史的大敗』の安倍自民党は(後略)」
だってさ。

自民党が惨敗したのがうれしくて浮かれるのはいいけど、民進党の結果を
みれば、とても「清々しい朝」なんて呑気なことを言ってられない状況だ。

早速、参院議員の藤末健三が離党届を提出した。
都民ファーストの会が国政政党化すれば、離党者は続出するだろう。
自壊はもう始まっているぞ。

蓮舫は蓮舫で
「地方選なので、直接的に責任をどうこうとは考えていない」
と責任回避。まあ、確かに地方選の結果で党首が辞めていたら、切りが
ないけど。

でも、野田の言葉を借りれば
「都民が明確に『蓮舫民進党にノー』という意思を示した」
となるのも事実だけど。

大きなお世話だが、民進党の今後を考えれば蓮舫は代えた方がいいと
思うけどな。パフォーマーを党首にしている政党が、国民の多数の支持を
得られるわけがない。

最後に、この方の発言も。社民党副党首・福島瑞穂。
「(安倍首相の)退陣を求め、『憲法9条改悪』を阻止する政治を作って
いきたい」
と勇ましいことを言っているが、社民党の議席は告示前と変わらず「0」。


都民ファーストの会を勝たせた都民の民意は?
やっぱり豊田真由子がやらかしたか(苦笑)
今村前復興相は国会議員を辞めた方がいいね
舛添くん 辞めなさい
維新の党・松野は反省という言葉を知らないようだ
相変わらずの不明朗な政治資金の使い方 その2
相変わらずの不明朗な政治資金の使い方
朝日新聞が小渕優子の第三者委員会を批判する愚かさ
松野明美が熊本県議に当選!
小渕優子事務所の悪質さ
山本一太 vs 中曽根康隆
小渕優子のせいじゃないが、福田派も中曽根派も小渕が嫌い
小渕優子は「進むも地獄 退くも地獄」だ
小渕優子が首相候補???
蓮舫vs松島法相のうちわ論争は蓮舫の勝ちだが・・・
憲法問題の最高責任者は内閣法制局長官か??
小泉純一郎も現実が見えてきたようだね(笑)
スポットライト症候群・小泉純一郎の妄言
雑感 参議院選 その4
雑感 参議院選 その3
雑感 参議院選 その2
雑感 参議院選
あまりにもくだらない質問主意書
公明党 甘え過ぎだ!!
議会の品位って何だ??
自分が当選したいために国民新党を解党?
やっぱり議員定数削減なんてやる気がないのね
土建屋国家のクソ政治屋!
とんだ茶番だ!
さっそく分裂か? 日本未来の党
自民党 勝ち過ぎだろぉ~
橋下徹人気には驚いた!
立川明日香はトイレを流さない(笑)!
橋下新党に幻滅
何をのんきなこと言ってるんだか・・・
甘い甘い谷垣禎一・自民党総裁
立川明日香って誰?? その3
「鳩山由紀夫よ 恥を知れ!」 by 野中広務
立川明日香って誰?? その2
立川明日香って誰??
国会議員が自ら身を削るなんてできる訳がない
比例代表連用制なんてアホもいいとこ
早く国会議員定数を減らしてくれ
歴代首相(平成)の評価点
相変わらずの政治混迷
いろんな政治活動があるもんだ その3
いろんな政治活動があるもんだ その2
いろんな政治活動があるもんだ
ここまで腰ぬけだと笑っちまう!
国会議員歳費の日割り化 その2
国会議員歳費の日割り化


東京都議会選で都民ファーストの会が勝利し、公明党などの共闘勢力を
含めると過半数を獲得した。

都議選結果
東京都民の「民意」なので、それもいいだろう。
(オレは朝日新聞のように気に入らない民意を否定したりしない)
でも、小池都知事は今後何をやりたいのだろう? 知事就任後の1年間、
小池都知事のやりたいことはまったく見えてこない。

決まっていたことに「ケチ」を付けただけ。築地市場の豊洲移転も東京
五輪の会場問題でも。色んな「裏」が見えたじゃないか? との指摘も
あるが、「裏」が見えてもそれを踏まえて自ら決めないと。

結局は、そのすべてが都議選へのステップだったと考えるしかない。
都議選で多数を得て、やりたいことをやる。そう考えていたかもしれない
けど、この1年間の成果はまったくない。
こんな状況で、都民はなぜ小池都知事を支持したのかよく分からない・・・。

まあ、そんなこんなだけど、都議会で多数を得た知事は、「東京大改革」
と称す「何か」を始めるのだろうか?

同様な事例として、大阪府の橋下徹知事(当時)の例がある。
府知事就任後、大阪維新の会を立ち上げ多数を得た。橋下には「大阪府
構想」という大きな公約があった。そのためには、後に大阪市長に転出
するという執念も見せた。

では、小池都知事は何を公約にしていた?
情報公開、都議会改革、議員特権改革(口利き、公用車など)、入札
制度改革など。市場問題は、豊洲と築地の両立。

上記は、それぞれ重要なことではあるが、いまいち普通の内容。
豊洲と築地の両立なんてナンセンスに尽きるけど・・・。

結局、都民ファーストの会を足場に国政に出戻り、首相でも狙っている
のかな? と勘ぐってしまう。
そうだとすると、東京都民は体よく踏み台にされたということだけど・・・。

さて大敗した自民党だが、小池人気と都民感情を甘く見すぎていたと
いうこと。1年前の都知事選敗戦を分析・検討もせず、何の対策も打た
ないまま都議選に突入した感は否めない。

「判断・決定できない知事」を唯一の批判にしていたとしか見えなかった。
この指摘は正しいんだけど、自民党も何をしていくのかが分からない。
国政でただただ反対だけしている民進党と、同じレベルに見られたんだ
ろう。

最後の最後で、豊洲移転で良い質問をしていたが、とき既に遅し。
東京五輪がなければどうでもいいんだけど、五輪が小池の人気取りに
好き勝手に「荒らされて」「利用される」のは、ちょっとねぇ・・・。

ところで、民進党が5議席も取ったのには驚いた。告示前7議席とある
けど実際は18議席。告示前に民進党という泥船から逃げ出した現職が
多数いたということ。5議席取ったことで蓮舫降ろしはなくなったといわ
れるが、後々のことを考えたら今のうちに降ろしておいた方がいいと
思うけどなぁ。


東京都議選には様々な方が立候補しているようだ(苦笑)。

中核派候補 (1)
中核派候補 (2)
中核派から支持を受けていることを隠さない候補者。
と言うか、中核派のメンバー?

「安倍を監獄へ」
「安倍・小池 たおせ」
「『共謀罪』反対」
と、勇ましい幟を掲げている。

「安倍・小池 たおせ」「『共謀罪』反対」はまだしも、「安倍を監獄へ」は
凄すぎ。

まっ、どんな意見・考えを持っていようが自由だし、それを発信する自由も
日本にはある。
本人は自覚していないかもしれないが、それらを最大限に謳歌している
のが、実は彼らなのだ。

しかしよく考えてみれば、彼らの考えは非常に危険な要素をはらんでいる。
(いまさら言うまでもないけど)

なぜか?
彼らは安倍首相の政策が気にくわない。
気にくわないことをやっている(言っている)ヤツは監獄行きだ! と言う。

つまり、自分たちが天下を取ったら(100%取れないけど)、気にくわない
ことをやる(言う)者、自分たちの言い分を批判する者は、監獄へ入れて
しまうぞ! と言っている訳だ。

こんなことを平気で主張している候補者。というか中核派。
中国や北朝鮮、古くは旧東欧圏の国々のような国にしたいらしい。
中核派にしてみれば、テロ等準備罪は死活問題なのだろうが、衣の下から
鎧が見えるぞ。

ここまででなくても、東京新聞・佐藤圭などは「独裁」「ヒトラー」などの
言葉を普通に使って安倍首相を批判している。
このように自由に発言している連中が、「表現の自由が脅かされている」
とか「官邸の圧力で報道の自由が」とか言う。

佐藤圭も同じだ。
「自由が脅かされている」というヤツに限って、「自由に守られている」
ことを自覚していない。

「自由」を謳歌している連中が何を言ってるんだ。アホらし・・・。


以前、蓮舫のことを「国会内で何ひとつ成果を残せず」と書いたが、
ひとつだけ「成果」を見つけた。
(「蓮舫は居心地の良い国会外集会で現実逃避」参照)

その「成果」とは、二重国籍に関する知識を国民に与えてくれたこと。
嫌みでも皮肉でもない。国会議員の二重国籍の危うさを、しみじみ
考えることができた。

例えば、「特定の意図」持った他国の人間が、日本国内で知名度を
得る。意図を隠し政界へ進出する。知名度があるので、当選へのハー
ドルも下がる。

で、当選しちゃえばこっちのもの。
国会内でも、実はないが目立つ行動をしていれば、それなりの地位に
上がれる。何となく風が吹けば、首相就任も夢ではない。
(現実はこんなに甘くないが・・・)

ここで初めて、「特定の意図」を発揮する。
「特定の意図」次第では・・・。

こういうことが現実の起こりうることを、国民は蓮舫の二重国籍問題
から学んだ。一部メディアは、蓮舫批判を脳天気に「レイシズムだ」
などと言う。
日頃は「権力監視」とか言いながら、お仲間にはやけに優しい(笑)。
国会議員も立派な権力者だけど。

日本国民は、総じて人を疑うのが嫌いだ。
「そんなことをする人はいないだろう」「人間、そこまで悪くなれないよ」
などなど。

しかし、とある国の民をみれば、こんなのは「甘ちゃん」以外の何者
でもない。「騙される方が悪い」を地で行く某国民。
そんな国民が「悪意ある」政府の意向を受けて、日本に帰化したら?

やっぱり、国会議員は国籍法の条文のみならず、趣旨まで厳守させる
必要があると思う。アメリカのように忠誠の誓いまでさせるかどうかは
別にして、何か考えた方がいいのではと思ってしまう。

最後に、蓮舫の二重国籍問題を受け、オレが考えた心配事であり、
蓮舫個人がどうのといっている訳ではないので、誤解なきようお願い
する。


6月23日に東京都議会議員選が告示された。
蓮舫も一応党首として街頭演説を行った。

「自分たちに都合の悪いことには口を閉ざしている」
と自民党を批判したが、もう何を言ってもブーメランとして自分に突き
刺さる。

また、その後の記者懇でも
「(民進党は)しっかりと情報公開、説明責任を尽くす」
「説明責任も果たさないで、情報は無くして、公開していかない後ろ向き
な姿勢に不満を覚えている都民は多いと思う」
と宣うが、やはりブーメランでしかない。

民進党は蓮舫を表に出さない方がいいんじゃないか?
こっちが心配してしまう。
選挙目当てで蓮舫を選んだが、その蓮舫が率先して民進党の支持率を下げる。
今になって「こんなはずでは・・・」と思ったところで、自分たちの浅はか
さを責めるしかないだろう。

蓮舫は都議選での目標議席を有言していないが、「1議席」とは言えない
からしょうがないか。

蓮舫街宣
都議選初日なのに、聴衆はまばら。蓮舫民進党への期待度が分かる
というものだ。(写真は第一声の街宣場所ではないけど)

最後に、自民党・豊田真由子に対し
「国会議員としての資質があるとは到底思えない」
と言っている。

これはまったくその通りなんだけど、こんな正論に対しても「じゃあ、
お前は?」というブーメランが返ってきてしまうところが、蓮舫の悲しさ。
都議選の結果で、蓮舫降ろしが始まるとの声もあるが、どうでもいい。
もう民進党は終わってるから。


自民党・豊田真由子の品のない下劣な金切り声がTVを賑わしている。
書くのもはばかれるようなものだ。

「豊田真由子」の名を聞いて、「やっぱりなぁ~」と思った。

こいつは平成26年(2014年)春の園遊会で、夫婦で招待されていた
のに母親を連れてきて、強引に突破・入場した事件を起こしているのだ。

招待されていない者が入れないのは当然だ。
天皇・皇后陛下主催の園遊会である。皇族方もみな出席する。
身元不明の者が入って良い訳がない。万が一にもテロリストが入ったら
どうするのか?

それを国会議員が強行突破したのだ。こんな蛮行をしていたヤツだ。
しかも、入場を止める宮内庁職員に対して、「なぜ入れない!」
「入れなさい!」と大声で恫喝。

あげくに、宮内庁職員の持っていた「配偶者」のネームプレートを
奪い取り、母親に付けて入場してしまっている。
その際、母親を「私の配偶者だ!」とも叫んでいる。

当時、こいつのツイッターに散々「謝罪して、国会議員を辞職せよ!」と
書き込んだが(同様の投稿多数あり)、何の反応もなかった。

東大を出て、キャリア官僚から国会議員となり、大きな勘違いをした
ただのバカなヒステリー女。
今回の秘書への暴言・暴行を聞き、「こいつならやるだろう」と普通に
思った。

当時から、永田町界隈では「ピンクモンスター」と呼ばれていたよう
なので、自民党の責任も免れないだろう。こんなヤツを公認した責任は
大きいと思うよ。それに議員になった後の基本教育も不足だ。
(杉村太蔵で懲りたんじゃないのか?)

豊田は自民党へ離党届を提出し入院したという。入院=雲隠れだが、
今度こそ議員辞職しろと言いたい。

ついでに書いておくと、国会議員だからといって無条件に園遊会に招待
するのはやめた方がいい。山本太郎のように陛下を政治利用しようと
したヤツもいるし(2013年秋の園遊会)。


今年の初バーディーは藤岡GC
軽井沢72Gへ行ってきた
2017年の初ゴルフは白水GC
風が強く肌寒かったけど楽しいゴルフだった (藤岡GC)
富岡倶楽部に行ってきた
久しぶりの年4回目のゴルフ (藤岡GC)
今年3回目のゴルフはまた白水GC
天気が良いとゴルフも楽しい (白水GC)
2016年の初ゴルフ (白水GC)
今年3回目のゴルフは半年ぶり (藤岡GC)
2015年2回目のゴルフは雨・・・ (藤岡GC)
2015年の初ゴルフは楽しかったけど・・・ (関越ハイランドGC)
涼しかった真夏のゴルフ (白水GC)
またバーディーが取れた♪ (藤岡GC)
2014年の初ゴルフ (藤岡GC)
2013年3回目のゴルフ (白水GC)
2013年2回目のゴルフ (関越GC中山)
2013年の初ゴルフ (緑野CC)
2012年 3回目のゴルフ (梅の郷GC)
2012年 2回目のゴルフ (関越GC中山)
2012年の初ゴルフ (白水GC)
ゴルフに行ってきた (関越GC中山)
2011年の初ゴルフ (富岡GC)
暑いなかでのゴルフって・・・ (関越GC中山)


6月24日に藤岡ゴルフクラブへ行ってきた。
今年、既に3回目。

梅雨に入っており雨が心配だったが、時折日も差す好天気。
ちょっと蒸し暑かったけど、雨でなければ問題なし。

Kさん
Aさん
Yさん
メンバーはいつもの先輩3人。
いつも楽しくラウンドさせてもらっている。感謝!

今年3回目にして、やっと初バーディー。
残り200ヤードをグリーンに乗せ、さらに下りのフックラインをねじ込む
という、何とも実力(?)を感じさせるバーディたっだ。

ただ、全体的にはかみ合わないゴルフで、スコアはいつもの通り。
まあ、実力以上のスコアは出ないので、こんなもの。

藤岡GC
とあるホールのフェアウエイがカラスに占拠されていた。
ミミズでも漁っていたのだろうが、凄い数だった。
(写真はみんな逃げちゃったあとなので、あんまり映っていないが)


山城博治
刑事被告人・山城博治が国連人権理事会(国連欧州本部:ジュネーブ)で
「平和的な抗議運動を行っている山城博治です」
「日本政府は(反対派)市民を弾圧し、暴力的に排除するために大規模な
警察力を沖縄に派遣しました」
「日本政府が人権侵害を止め、沖縄の人々の民意を尊重することを求める」
とかスピーチをした。

アホらしい。
好き勝手に違法で異常な行動をしている連中が、「オレらは被害者だ!」
とか言う事実。しかも国連まで行って。
自らを人権侵害を受けている「被害者」に仕立て、日本政府へ勧告でも
出させようとする企みだ。

山城の後ろには、自称・市民団体や人権派弁護士連中がサポートを
しているのは言うまでもない。

本当の「人権侵害」を訴えにきている各国団体からは、冷ややかな
視線を浴びたようだ。産経新聞が伝えている。

チベットの人権問題に取り組むNGO幹部は
「彼は苦しんでいる他の誰かのためにスピーチしたのではなく、自分の
個人的なケースを述べたにすぎない。全く理解できない」
深刻な人権侵害を訴えるためジュネーブに来た人々には、山城の発言は
奇異に映ったことだろう。

人権委後のイベントでも、山城は
「私たちへの不当な処遇は政府の圧政にあらがう県民への見せしめ、
恫喝であったことは言うまでもない」
とも発言している。何が「不当な処遇」なのか、一般人にはまったく理解
できない。

しかし、山城らが防衛省沖縄防衛局の職員に暴力を振るう場面の動画に
関する質問が出ると、
「私は日本一のテロリストのように喧伝されている」
と、訳の分からない答え。

普通の人間なら、誰も山城など相手にしない。違法行為を行う暴力的な
人間が信用される訳がない。でも、こういうヤツを物心両面からサポート
しているのが福島瑞穂(社民党)。
(「沖縄極左・山城博治の資金源は社民党!」参照)

福島瑞穂がテロ等準備罪に反対している理由が、よく分かる。



朝日新聞のご都合主義、ダブルスタンダードは今に始まったことでは
ないが、「新聞」を名乗るからにはいい加減にしろ! ってこと。

6月16日の社説「権力の病弊 『加計』解明これからだ」でも、好き
勝って言っているが、過去の言動は都合良くお忘れのようだ。

社説内で
「政権は文書の存在を語る者の口を封じるような行いさえした。義家
文科副大臣は国会で、内部告発者を処分する可能性をちらつかせる
答弁をした」
「考え違いもはなはだしい。調査の手を抜き、都合の悪いことを隠そうと
してきた自分たちこそ、処分に値する」
と嘯いている。

あぁ~、またかって感じ。
朝日新聞は自ら情報公開に異議を唱えていたことをお忘れか?
そう、旧民主党・菅直人政権時の尖閣ビデオの流出事件。

中国漁船が海保船に体当たりしたビデオを菅直政権が隠蔽した事件。
海保職員によりビデオが流出した際、朝日新聞は
「仮に非公開の方針に批判的な捜査機関の何者かが流出させたのだ
としたら、政府や国会の意思に反することであり、許されない」
と書いていた。

「政府の意思に反することであり、許されない」
は、当時の朝日新聞の見解である。
なぜ現在は違うことを言うのか? きちっと説明しなければならないのは
言うまでもない。それなくして、何を偉そうなことを言っているのか。

これは朝日新聞に限らない。思い当たる節のある新聞や政党、議員が
多数いるはずだ。

高市総務相の「停波可能性答弁」の時もそうだ。まったく同じ趣旨の
答弁をした菅内閣の平岡総務副大臣には批判の言葉すらなかった
朝日新聞とお仲間たち。
同じく、旧民主党・輿石元幹事長も同様の恫喝を記者たちにしていた
件もそう。

朝日新聞が見解を変えたって構わないが、そこには「説明」が必要
だろう。そういうのを抜きにして、ご都合主義丸出しの対応をするから
朝日新聞やお仲間は信用されない。

関連
 「民主主義の危機?? 笑っちまうアホども
 「自称・ジャーナリスト連中の戯言
 「朝日新聞よ、なぜ輿石を批判しなかったんだ?

 *「朝日新聞 ご都合主義」で検索してもらうと、たくさんの記事が
  出てくるので、時間のある方はどうぞ。


「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案が参院本会議で
採決・可決された。

以前も書いたが、民進党の前身・旧民主党は平成18年(2006年)、
当時提案されていた「共謀罪」に対し、対案を出していた。
(「民進党の無責任さを表す例」参照)

対案の内容は
・対象となる犯罪を609から319に絞り込む
・対象を「団体」から「組織的犯罪集団」に改める
・犯罪実行のための「予備行為」を処罰の要件とする
などである。

可決された「テロ等準備罪」にきわめて近いものである。
今回、強硬なまでに反対した民進党。これは過去の自分を否定した
だけのことである。

民進党の反対の骨子は、「一般人が取り締まられる」だけ。
最後の最後まで、バカな反対論を延々と繰り広げた民進党。

象徴的なのが小川敏夫。6月13日の参院法務委員会で、
「私がヤクザに誘われて、一緒にその気になって犯罪をしたら、テロ等
準備罪で処罰されるんだろ? 一般人がヤクザと一緒に犯罪を犯しても
処罰対象じゃないのか!一般人も処罰対象だろ!」

もうバカすぎて話にならない。
ヤクザと一緒になっての時点で、もう一般人ではないし共謀だろう。
さらに犯罪を犯せば、共謀以前にただの犯罪。
どういう頭の構成をしているのか知らないが、こんなのが国会議員。
呆れて呆れて・・・。

もう、反対のための反対。しかも、自分が何を言っているのかすら理解
していないんじゃないか?

こういうバカな論理を出すことが、10年前の自分たちの否定でもある
ことも理解していない。じゃあ、旧民主党は10年前「一般人が処罰
される法案」を堂々と国会に出していたというのか?

結局、蓮舫みたいな政策の分からないパフォーマーを代表に選ぶ程度
の政党だ。政策の分からない代表が、政策で党内をまとめられる訳が
ない。そのため、一番簡単な「何でも反対!」に行き着くのは自明の理。

蓮舫が代表になってから、民進党が国民に知らしめたことは、
「民進党には政権担当能力がありません。反対しかできない政党です」
ということ。

一生懸命無様な姿をさらし続けた民進党は、解党して出直すべきだ。
いや、出直さなくてもいい。このまま消えてくれた方が国民のためだ。


6月11日に行われた「テロ等準備罪」に反対する集会で、野党議員が
その非常識さをさらけ出していた。

福島瑞穂、小池晃、森裕子などなど。
しかし「こんなヤツが首相をしてたのか・・・」と、今さらながらに思った
のは菅直人。

菅直人の演説の一部。
「私なんかはこの40年間、殆ど野党でしたからいつも如何にして政権を
倒すか、共謀ばっかりやってきました! 共謀をやることがまずいんですか?
ダイナマイトでも投げると言うんであれば、これは色々あるかもしれない
けれど、頭のなかでいろんなことを考えることは、まさに思想信条の自由
そのものじゃないですか!」

こいつ、テロ等準備罪の中身を知っているのか?
知ってて言っているなら悪質なバカだし、知らないで批判しているなら、
扇動家のバカ。結局、とっちにしろバカということになる(笑)

犯罪要件は菅も言っている
「ダイナマイトでも投げると言うんであれば」
であって、
「頭のなかでいろんなことを考えること」
ではない。反対派の常套句である「思想・信条の自由を侵す」は明かな
印象操作である。

こんなヤツが約1年間首相をしていたかと思うと、日本の国際的信用、
国益がいかに毀損されてきたか、想像するのも怖いくらいだ。

尖閣諸島で中国漁船が海保船に「体当たり」した事件の対応は、無様の
一言だった。さらには、そのビデオを隠匿したの誰だ?
諫早湾干拓事業における堤防の開閉問題も、こじらせたのはこいつだし。

そして何よりも、東日本大震災、及び福島第一原発事故の初動の酷さは
記憶に新しい。

オレが最悪だと思ったのは、尖閣事件後に中国・胡錦濤主席(当時)と
会談した際、伏し目がちに下を向き手元のメモを読むだけ姿。
内容もダメだったが、それ以上に日本の首相としてのプライドも矜持も
感じられなかった。

こんな菅が首相をやっていた旧民主党政権。
あぁ~、考えるだけでもおぞましい。あの約3年間で、いかに日本が低迷
したか、閉塞したか、澱んだか。考えたくもない!

関連
 「菅直人はしょせんこのレベル


対案も出さず「反対反対、何でも反対っ!」。

国会での熟議を続けていけば、民進党を見直す国民が出てくるかも
しれないが、現実は印象操作に揚げ足取り、失言狙いの質問ばかり。
こんな民進党が、多数の国民から支持を集められる訳がない。

蓮舫に政策の素養がないことを知っていて代表に選んだ民進党。
この時点で、まともな議論をして支持を得て行こうという気概は捨てて
いたのだろうが。

一部議員は、パフォーマンスしかできない蓮舫の向こうを張って、蓮舫
以上にパフォーマンスに勤しむ。「日本死ね」が当たったと勘違いした
連中が中心だ。

そんな連中は、華々しく話題をぶち上げるが、そのすべてがブーメラン
となって自らに突き刺さる。そして自爆して果てるの繰り返し。

政策通の議員からは白い目で見られ、ますます行き場を失う蓮舫。
そんな蓮舫の心の拠り所は、国会外で騒いでいる連中。
国会内でどんな無様な対応をして普通の国民から嘲笑を浴びようが、
国会外で騒いでいる連中は、そんな蓮舫を暖かく迎えてくれる。
何を喋っても盛り上がる。
蓮舫からすれば、こんな居心地の良い場所はないだろう。

6月13日、参議院法務委員会で他党の質問中に、民進党は法相の
問責決議案を提出したことを理由に、質疑を中断させるという暴挙に
出た。この結果、質疑途中で委員会は散会。

こんな非常識な国会対応があるか! というほどの異常さ。
民進党は「審議が足りない」と言っているにもかかわらずの対応。
自らその審議を打ち切らせておいて何を言ってるのか! となる。

当然、民進党への批判は高まり、代表の蓮舫は何を言うのかと思った
ら、一目散に国会外の集会へ。

数少ない「お仲間」を前に、蓮舫は熱弁を振るう。
「皆さんが不安に思っていることを、口を開けば増幅させるだけの答弁
しかできない金田氏には、即刻問責を問いたい」
と、テロ等準備罪の廃案を訴えた。

国会内で何ひとつ成果を残せず、嘲笑・冷笑・失笑を浴びまくっている
蓮舫。そんな蓮舫でも国会外では「良い気分」になれる。その居心地の
良さに蓮舫はどっぷり浸かっている。

だいぶ古いが、「ダメだ、こりゃ!」(© いかりや長介)

↑このページのトップヘ